授乳枕をママにおすすめしたい理由と選び方のポイント

広告ロゴ
赤ちゃん抱っこ

赤ちゃんを迎える準備をするとき、必要なものが膨大にあってビックリします。どれが本当に必要なのか、どうやって使うのか分からないようなものもたくさんあります。なくてもいいけどあった方がいい、くらいに思われている授乳枕ですが、絶対にオススメしたいアイテムなんです。

こちらでは、授乳枕をママにおすすめしたい理由と選び方のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

授乳枕って必要?

授乳の仕方

寝る赤

授乳の仕方には、抱き飲み・立飲み・脇飲み(ラグビーポジション)の3通りがあります。いずれも一方の手でオッパイを支え上げ、もう一方の手で赤ちゃんの首元を支えて飲ませます。抱き飲み、脇飲みには枕などが

抱き飲み
まず、赤ちゃんを支える土台になるものとして、枕や座布団を2つ折りにしたものなどを、お母さんの膝の上に準備します。土台に赤ちゃんを寝かせ、やりやすい側の手で、赤ちゃんの背中から首もとをすくい上げるように支えます。この時かなり背中をかがめなければならない場合や、首もとを支えている手首が浮いてしまう場合は、支えている手首の下にバスタオルなどを丸めてはさみ、楽な高さに調節します。次に、反対側の手で赤ちゃんの口にまっすぐ含ませます。

立ち飲み
お母さんの膝に、赤ちゃんをまたがせるように座らせ、手で赤ちゃんの背中から首もとを支えます。次に反対側の手で赤ちゃんの口にまっすぐ含ませます。

脇飲み
お母さんの膝のすぐ横に、膝と同じ高さになるように、枕や座布団などを置いて土台を作ります。土台と膝を渡すように、もう1つの土台を置きます。この土台に赤ちゃんを寝かせ、赤ちゃんの背中から首もとをすくい上げるように支えます。次に、反対側の手で赤ちゃんの口にまっすぐ含ませます。

授乳枕とは

授乳枕は、新生児期の授乳にとても役立つアイテムです。産まれたばかりの赤ちゃんは、柔らかくてまだ首もすわっていないので、授乳するためには赤ちゃんの頭をしっかりと支え続けなければなりません。さらに赤ちゃんが産まれたばかりの頃はなかなか母乳が出ないので、初めてのママなら1回30分ぐらいかかってしまいます。初めてだと緊張して余計に負担がかかり、長時間続く授乳のために腱鞘炎になってしまうこともあります。良い授乳クッションは、しっかりとした厚みで赤ちゃんを支えるため、ママの負担を和らげます。

授乳クッションのメリット

良い授乳クッションを使うことは、ママと赤ちゃん両方にメリットがあります。正しい姿勢での授乳は、ママの体の負担が少なくて、疲れにくく、腱鞘炎や肩こり・腰痛の予防にも役立ちます。 良い授乳姿勢では、安定した体勢での授乳ができるので乳腺炎になる確率が少なくなります。これは乳房左右のバランスが取りやすいことによります。

また、安定した授乳の位置が確保され、赤ちゃんも落ち着いておっぱいを飲むことができるので、満足感が得られます。 これは赤ちゃんの情緒の安定にもつながります。

授乳枕の選び方

選ぶポイント

赤ちゃんの体重で潰れないことが大事です。柔らかいクッションや座布団のように薄いものでは意味がありません。また、新品の時だけボリュームがあるだけでなく、授乳期間中潰れてしまわないことも大切な要素です。

  • しっかりと厚みがあり、赤ちゃんの体重を支えられること
  • 授乳期間中にへたれないこと
  • 自分に合った厚みであること
  • 赤ちゃんに安心・安全に使えるものであること
  • 自宅で洗える

おすすめの授乳枕

ボボ BOBO ママ&ベビークッション
BOBO (2007-11-25)
売り上げランキング: 1,315

体重をかけてもなかなかへたらずボリュームもあるので安定した授乳が行なえます。もちろん授乳だけでなく、ベビーのおすわりのサポート、デスクワークや読書の腕置きなど幅広くお使いいただけます。表面には6重ガーゼに色糸を織り込んだクロス柄、裏面には鮮やかな天竺ボーダーでインテリアを損ねません。カバー:洗濯機洗い可、ヌードクッション:手洗い可。

日本製 のっけて授乳クッション くま
白井産業
売り上げランキング: 450

カバーは洗濯機で洗えます。中身はぬるま湯で押し洗いし、形を整えて干して下さい。硬さ、弾力がほどよく、大きさも価格のバランスも良いと大人気。いぬのタイプもあります。

マーナ G+ らくらくクッション ワッフル イエロー S034Y
マーナ
売り上げランキング: 58,404

「桶谷式乳房管理法 研鑽会」の推奨品。ぴったりとしたホールド感。ベビーの体を預けられる安心の硬さ。ワッフル地のカバーも手触りが良く、すべりにくく、汚れにくく、心地よく使えます。カバーは簡単に外して洗えるので、いつでも清潔にお使いいただけます。 取替えカバーも3色あり、備えると便利です。

日本製 のっけて授乳クッション ギンガムグリーン
白井産業
売り上げランキング: 148

まとめ:授乳枕がおすすめの理由と選び方のポイント

授乳枕は、新生児期の授乳にとても役立つアイテムです。良い授乳クッションを使うことは、ママと赤ちゃん両方にメリットがあります。おさらいしておきましょう。

授乳枕のメリット

  • 疲れにくい
  • 腱鞘炎の予防
  • 肩こり・腰痛の予防
  • 乳腺炎の予防
  • 赤ちゃんの情緒の安定

選ぶポイント

  • しっかりと厚みがあり、赤ちゃんの体重を支えられること
  • 授乳期間中にへたれないこと
  • 自分に合った厚みであること
  • 赤ちゃんに安心・安全に使えるものであること
  • 自宅で洗える

使うと使わないとじゃ大違い!この記事を参考に、ぜひ合った授乳枕で赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。