兄弟

赤ちゃんを育てるお母さんにとって、授乳の時の姿勢はとても重要です。赤ちゃんを適切に支えながら、赤ちゃんにとって飲みやすい授乳姿勢をとるためにも、授乳枕が大変便利なアイテムとして数多く出回っています。

しかし、適切に選べていなかったり質の良し悪しによって赤ちゃんにもお母さんにも負担がきてしまったり、快適に授乳出来なくて悩むお母さんも多いようです。では、どのような授乳枕が赤ちゃんにもお母さんにも快適なのでしょうか?ここからは、授乳枕の選び方やポイントについてみていきましょう。

スポンサーリンク

大切なのは赤ちゃんの体重で潰れないこと

手

授乳枕で最も大切なポイントは、赤ちゃんの体重で枕が潰れてしまわないこと。これにあります。肌触りがいくら良くても、柔らかすぎたりして赤ちゃんの体重を支えきれない枕だと、赤ちゃんの体重で枕が潰れてしまい授乳しやすい位置より赤ちゃんが下にきてしまうため、肩や腰に必要以上に負担がかかります。

また、ソファーによくある柔らかいクッションやペタンとした座布団のように薄いものでは意味がないのです。これでは支えることすらままなりません。

適切なクッション性のある授乳枕であれば、赤ちゃんの体重で枕が潰れてしまわないので、いつまでもクッションの形状が変わることなく、安定した快適な授乳姿勢をキープすることが出来ます。このような授乳枕であれば、赤ちゃんもお母さんも安心して快適な授乳タイムを過ごすことが出来ます。

授乳枕選びのポイントとなるところは大きく5点あります。

  • しっかりとした厚さがあり、赤ちゃんの体重を支えられること。
  • 使うのは授乳期間だけですが、授乳枕がへたって潰れないこと。
  • 自分に合っているサイズであること。
  • 赤ちゃんに使うアイテムのため、清潔に使えること。
  • 赤ちゃんにとって安心、安全に使うことが出来ること。

一般的な多くの授乳枕の場合、新品の時はふわふわと弾力があるのに卒乳時には厚みが大きく変わってしまいペタンと潰れてしまうことが多いようです。ただ可愛いだけなどのファッション性を重視したものは、一番重要な厚みがないものや中綿の量が十分でないものが多い傾向があります。

これは多くのお母さんの口コミでも、「枕がすぐへたってしまった」「赤ちゃんが沈みこんでしまう」などの意見が多く、枕の厚みが十分にないために赤ちゃんが乗った時の重みで、だんだん中のクッションが押し潰されてしまったことにより生じるトラブルです。しかし、座高が低い方や小柄な方には逆に厚みがない枕の方がいい、ということもあります。適切な位置で授乳が出来ていれば、厚みはそこまで必要ではないのです。

以上の点を考慮して、赤ちゃんとお母さん自身に合った最適な授乳枕を選ぶことが大切です。

授乳枕を使うことのメリット

そもそも、授乳枕を使うことのメリットとは一体何でしょうか?一番にはやはり、お母さん側のメリットです。授乳枕を使って正しい姿勢で授乳することは、身体への負担も少なく、肩こりや腰痛の予防にもなります。また、授乳育児のお母さんに多い乳腺炎の予防にもなります。これは、良い授乳姿勢になることで左右のおっぱいのバランスがとりやすくなるため、赤ちゃんへ安定した位置での授乳が出来るようになるためです。

もちろん、赤ちゃん側にもメリットがあります。赤ちゃんは安定した位置でお母さんのおっぱいを飲むことが出来るため、安心感と満足感を得ることが出来ます。それによって、「眠りながらおっぱいを飲む」という赤ちゃんにとって大切なひとときを安定した状態で支えていることにより、赤ちゃんの情緒のバランスも良くなります。

このように、授乳枕を使うことによって母子ともに心身の状態が良くなることで、ストレスをあまり抱えずに育児に取り組むことが出来るようになるのです。母乳での育児は、なかなか母乳が出なかったり、赤ちゃんがうまくおっぱいを吸ってくれなかったりと様々なトラブルを抱えがちです。少しでもお母さんが母乳育児に専念し、ストレスや不安が少ない状態でいられるようにうまく授乳枕を活用出来れば、それはとても素晴らしいことです。

日本製 のっけて授乳クッション ギンガムグリーン
白井産業
売り上げランキング: 66

授乳枕の使い方

赤ちゃんとお母さんにとって良い役割を果たしてくれる授乳枕ですが、さてどのように使えばこの効果を得られるのでしょうか。正しい使い方をみていきましょう。

  1. まず、赤ちゃんの体重を腕で支えず授乳枕に赤ちゃんの体重をかけるようにします。授乳枕を深く抱えて自分の体の周りに赤ちゃんの体重を支える為、安定した土台を作るようにします。
  2. 姿勢を正す為に胸を張り、背筋を伸ばして腰かけます。畳ならあぐらをかき、ソファなら浅く腰かけます。
  3. 生後3、4カ月くらいまでの首の座っていない赤ちゃんの場合は、クッションの上で頭を手で支えて、クッションの上を転がすような感じで頭を乳首に寄せ授乳します。

これで赤ちゃんも楽に、お母さんもリラックスして授乳が出来ると思います。授乳枕を使わず、腕の力だけで赤ちゃんをおっぱいに近づけるのは、本当に疲れるものです。毎回の授乳自体はそんなに長い時間ではなくても、毎回のことですからだんだんと腕がだるくなってきますし、疲労も蓄積されてきます。それがストレスになったりもします。

また、ソファなどに深く腰かけた状態での授乳は、お母さんの体と赤ちゃんの口元の位置が遠くなり、お母さんの腕や下腹に阻まれることにより赤ちゃんに大きな負担をかけることになってしまいます。これは背骨が曲がることによっておっぱいが体の奥に引っ込んでしまうことが原因。これでは赤ちゃんもお母さんもお互いにストレスですよね。

姿勢を正すということは、猫背の状態だと肩こりや腰痛になりやすくなるからです。猫背で背中が丸まった状態で座っているとそれだけで肩がこる姿勢ですから、赤ちゃんの体重を支えながらその重さに耐えることは、お母さんの体に大変な負担となります。このような負担をなるべく減らし、赤ちゃんにもお母さんにも快適な授乳タイムをつくるために適切な授乳枕で正しい姿勢で授乳をすることが大切ですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment