このツボで熟眠。しっかりと眠ることが出来る体のツボ

うずくまる女性

体にある様々なツボを刺激することで熟眠効果が期待できます。体にあるツボは、健康に対して良い影響を与えるものとして東洋医学で認識されており、場所を把握して刺激することで熟眠という健康に良い影響をもたらします。本稿では熟眠効果が期待できるツボについてご紹介しています。

スポンサーリンク

熟眠のためのツボ

眠る女性

ゆっくりと熟眠できた日の翌日はとてもすっきりした気分になることができます。熟眠は、健康的な生活を送るためにぜひとも身につけたい生活習慣の一つです。熟眠することができない場合には、体の副交感神経の働きが十分ではない状態であることが考えられます。副交感神経は体のリラックスをつかさどるものであり、ストレスなどで副交感神経の働きが乱れてしまうとしっかりと熟睡することが難しくなってしまいます。

熟睡するためには睡眠薬を利用したり、体の生体リズムを整える(メラトニンなどのホルモンの分泌を整える)などの方法も効果的ですが、同時に東洋医学の発想に基づいたツボ治療をすることもとても効果がある方法です。

熟眠に効果があるツボ

体の中で熟眠に効果があるツボとしては以下のようなツボを上げることができます。

失眠穴(しつみんけつ)のツボ

失眠穴のツボは足の裏にある、熟睡するために効果があるツボです。具体的には、かかとの中央部分にあります。足は第二の心臓と言われるほど健康に影響を与える様々なツボがある場所ですが、この失眠穴のツボは、熟睡効果があり、ひいては健康に良い影響を与えます。

失眠穴のツボの刺激方法としては、押したりたたくなどして刺激するとよいでしょう。またいわゆる足ツボマッサージや足ツボ刺激の健康器具を購入して踏まれるだけでも効果があります。

失眠穴のツボは熟眠効果を得るために是非刺激していただきたいツボです。

安眠(あんみん)のツボ

次に熟眠のために効果があるツボは「安眠」のツボです。名前からすでに熟眠を連想させるツボということができるでしょう。安眠のツボは、正確には耳にある乳様突起という部分から指一本分下の場所にあります。

ただ、安眠のツボを正確に把握することはなかなか難しいので、耳全体を押すという形で刺激されることがおすすめできます。熟眠することができていない方は安眠のツボの周辺にコリを感じ、刺激することで痛みを感じることもあります。

安眠のツボは耳にあるため、失眠穴のツボよりも刺激がしやすい位置にありますので、熟眠できないことに備えて普段から刺激されることはもちろん、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒のような方にも刺激がおすすめできるツボということができます。

神門(しんもん)のツボ

熟眠効果を期待することができるツボとして、神門というツボも挙げられます。神門のツボは手にあるツボです。神門のツボは漢字から連想されるように神様の門として精神作用に大きく影響するツボと考えられています。そのため、熟眠効果だけではなく、精神的なイライラやストレス、不安感などの良くない精神状態に作用して、健康を回復するツボとして把握されています。

神門のツボの具体的な場所としては、手首の横ジワ上の小指側寄りのへこんでいる場所です。(やや言葉ではご説明しにくい場所にありますので、画像などをご検索されて場所を確認されることをおすすめします)

神門のツボは、親指で指圧をするだけで十分に熟睡効果があります。正確に場所を把握することがやや難しいものの、場所さえつかんでしまえば刺激の仕方が非常に簡便でありながら、高い熟眠効果が期待できるツボとなっています。

なお、神門という名前のツボは、耳にもあります。しかし、こちらのツボは熟眠効果ではなくダイエットの効果があるツボとなっています。同じ名前ですが、場所と効能が全く違っていますので、混同されないようにご注意ください。

この他にも熟眠効果が期待できるツボは体にたくさんあります。他には、例えば、合谷のツボ、百会のツボなどが熟眠効果、不眠解消効果があるツボとしては知られています。どのようなツボであっても継続的に刺激をしていくことで高い熟眠効果を期待することができます。

また、ツボ刺激と併用してストレッチや軽い運動をされることなども熟眠効果を高める上では効果的です。健康的な生活をすることが熟眠を得るためにはとても効果があるということができるでしょう。

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 4,248

まとめ:熟眠効果が期待できるツボのまとめ

以上、本文で述べました熟眠効果を期待することができる体のツボをまとめてますと以下のようになります。

  • 失眠穴(しつみんけつ)のツボ-足のかかとの中央にあるツボです。押したり叩いたりすることで熟眠効果が期待できるツボです。
  • 安眠(あんみん)のツボ-耳にあるツボです。具体的な場所を把握するというよりも耳全体を刺激することで熟眠効果が期待できるツボです。耳という場所から刺激がしやすいというメリットがあります
  • 神門(しんもん)のツボ-手にあるツボです。熟眠効果だけではなく、精神的なリラックス効果なども期待できるので刺激がおすすめできます。刺激方法としては親指で押すというだけで効果が現れます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment