市販の頭痛薬は効くの?その特徴と種類についてのポイント

薬局

市販の頭痛薬は病院で処方される頭痛薬とはやや異なって調合されています。市販の頭痛薬は入手することが手軽な代わりに利用上不都合が生じないように特徴的な調合となっている点が特徴です。また、頭痛はそのタイプによって市販の頭痛薬が効きやすいもの、そうではないものとがありますので、頭痛のタイプに応じて市販の頭痛薬を選ぶことがポイントです。

本稿では、市販されている頭痛薬の特徴や頭痛ごとの効能の違いについてまとめています。

スポンサーリンク

市販の頭痛薬と医療用医薬品の違い

頭痛おじさん

市販の頭痛薬は薬局で容易に購入することができますので、軽い頭痛の場合などには大変便利です。
市販で容易に購入することができる頭痛薬に対して病院で医師の判断のもとで処方される頭痛薬もあります。この医師の判断のもとで処方される薬のことを医療用医薬品といいます。市販の頭痛薬と医療用医薬品である頭痛薬との間にはどのような違いがあるのでしょうか。

市販の頭痛薬は誰でも容易に購入することが可能ですので、用量を誤ってしまわないように成分が少なく調合されています。頭痛薬に限って言えば、市販の頭痛薬と医療用医薬品との間で成分の違いはありません。

しかし、個人的に購入することができる市販の頭痛薬の場合、万が一服用しすぎてしまっても体に害が生じないように成分を少なくして作られています。そのため、市販の頭痛薬は医療用医薬品と比べて効果が弱いものが多くなっています。ただ、最近では医療用医薬品をほとんどそのまま市販薬に転用しているスイッチOTCというタイプの頭痛薬もあります。

スイッチとは転用を意味し、OTCは市販薬を意味します。つまり、市販薬に転用した医療用医薬品のことで効能は非常に高いものとなります。

このように、市販の頭痛薬と医療用医薬品はスイッチOTCを除けば、基本的に成分の分量・濃度が異なるということができます。

このため、軽度の頭痛の場合には市販の頭痛薬で十分な効果を期待することができますが、重い頭痛症状をお持ちの方の場合には医療用医薬品の処方を受ける方が高い効果を期待できるということとなります。

偏頭痛に効果がある市販の頭痛薬

次に、具体的な頭痛症状として、偏頭痛に効果がある市販の頭痛薬としてはどのようなものがあるのでしょうか。

偏頭痛に効き目があるとされる市販の頭痛薬としては、代表的なものとしてイブプロフェンの成分が含まれている頭痛薬をあげることができます。イブプロフェンは炎症を抑える作用がありますので、偏頭痛で血管が拡張して痛みが生じる偏頭痛に対しても効果がある頭痛薬とされます。

ただ、偏頭痛は、お持ちの方はご存知のことと思いますが、お薬がご自身の体調似合うかどうかはケースバイケースな面があります。特に市販の頭痛薬の場合、成分の適合性や量などによりあまり効果が得られない場合もあります。

偏頭痛の場合には市販の頭痛薬よりも病院で処方してもらう頭痛薬の方がより高い効果を期待することができると言えます。

緊張型頭痛に効果がある市販の頭痛薬

緊張型頭痛は、肩や頭頸部の筋肉が凝ってしまうことによって生じるタイプの頭痛です。緊張型頭痛の場合には、比較的市販の頭痛薬でも効果があるものがあります。

先ほど挙げたイブプロフェンを含む頭痛薬は、市販のものでも緊張型頭痛に対して効果的です。また、アスピリン(アセチルサリチル酸)も効果があります。

一方で緊張型頭痛に対しては、医療用医薬品として抗うつ剤や筋弛緩剤などが効果的な場合もあります。緊張型頭痛に対する頭痛薬は市販のものでも効果が高いものが多い反面、眠くなるなどの副作用がありえますので、服用時には使用上の注意をよく読まれた上で服用されることがとても大切です。

風邪による頭痛と市販の頭痛薬

風邪により頭痛がある場合にも、市販の頭痛薬は効果があります。この場合には、頭痛を「ピンポイント」で治療するというよりも、総合感冒薬の中で頭痛を抑える鎮痛効果がある成分を取るという形になります。

市販の風邪薬の中には、風邪による頭痛に大変良く聞くものも多数あります。風邪の際のお薬は頭痛を含めた様々な諸症状に対してご自身に合うものを決めておかれることが良いと言えるでしょう。

頭痛は「たった1分のストレッチ」で治る! (講談社の実用BOOK)
岩間 良充
講談社
売り上げランキング: 156,656

まとめ:市販の頭痛薬についてのまとめ

以上、本文で述べました市販の頭痛薬についての特徴をまとめますと以下のようになります。

  • 市販の頭痛薬は病院で処方される頭痛薬(医療用医薬品)に比べて一般には薬の成分が抑えられて作られています。ただ、スイッチOTCと呼ばれる医療用医薬品と同じ成分で作られている頭痛薬も最近はあらわれています
  • 偏頭痛の場合には、市販の頭痛薬ではイブプロフェンなどが効果があるとされます。ただ、偏頭痛の場合にはどちらかといえば医療用医薬品の方がご自身に合ったものを処方してもらいやすい傾向があると言えます
  • 緊張型頭痛の場合には、イブプロフェンのほか、アスピリン(アセチルサリチル酸)などが効果的です。緊張型頭痛に効果がある頭痛薬は眠気などの副作用があることもありますので、使用上の注意をよく把握されることが大切です 

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment