妊娠中の頭痛どうしたらいい?!頭痛薬に頼らずに解消する方法

頭痛の女性

 

妊娠中って怖くて薬が飲めないですよね。しかし妊娠中はホルモンの関係などで頭痛が起こりやすくなります。もし何か赤ちゃんに合ったりしたらと思って、我慢している方も多いでしょう。

こちらでは、妊娠中に頭痛が起こりやすくなる仕組みと、薬なしで頭痛を解消する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


妊娠中の頭痛

妊娠初期の頭痛

薬を持つ女性

妊娠初期に発症する頭痛は、偏頭痛が多くなります。これは、ホルモンの変化によるもので、頭痛持ちではなかったのに頭痛がでる人もいるし、逆に偏頭痛持ちだったのに、妊娠したら治ったという場合もあります。偏頭痛が起きるメカニズムは、脳血管が何らかの理由で拡がり、拡がった血管によって神経が圧迫や引っ張られて痛みとなるのです。

妊娠中期の頭痛

妊娠中期に発症する頭痛は、緊張性頭痛という、肩こりや腰痛が原因のものが多くなります。妊娠経過で大きくなった乳房の重さで、肩が張る、おなかをかばうために、体のバランスを崩して腰痛になり、それが背中や肩まで達して、頭痛を引き起こすというわけです。

また、ホルモンの変化によって偏頭痛が起こっている場合も。偏頭痛のメカニズムは、脳血管が何らかの理由で拡がり、拡がった血管によって神経が圧迫されたり引っ張られることで痛みが起こるもの。また、妊娠期には鉄欠乏性貧血が起こりやすくなりますが、貧血のせいで頭痛の症状がでる場合もあります。

妊娠後期の頭痛

妊娠後期は中期の原因に合わせて出産への不安、ストレスからくる頭痛が多いようです。

妊娠中に頭痛薬を服用する際の注意点

妊婦さんは安易に痛み止め・解熱剤を使うことは避けましょう。比較的安全性が高いとされている鎮痛・解熱成分は、アセトアミノフェン、イブプロフェンです。余計な成分の入っていない医療用医薬品を服用する方がよいでしょう。妊婦さんは、必ず産婦人科の先生の指示に従ってください。

薬の服用で特に注意が必要なのは、妊娠4〜12週と言われています。この時期は体の中枢神経をはじめとして、心臓や手足などの主要な器官の形成時期にあたるからです。薬が胎児に影響を及ぼす可能性があるので、服用は避けた方がよいでしょう。また、出産予定日の12週以内の妊婦さんは、アセチルサリチル酸(アスピリン)を含む医薬品を服用してはいけません。出血してしまうおそれ、妊娠期間が延びるおそれ、子宮収縮の抑制のおそれなどがあるからです。

また、下記の成分は授乳中に移行しますので、できるだけ避けましょう。

  • アスピリン
  • イソプロピルアンチピリン
  • 安息香酸ナトリウムカフェイン
  • カフェイン
  • 無水カフェイン
  • イブプロフェン

飲んでしまったという場合には

「妊娠しているのを知らずに飲んでしまった!」 「妊娠しているのにうっかり飲んでしまった!」 という場合には、とても心配になりますよね。このような場合は、気付いた時点で服用を中止してください。 そして、産婦人科で診察を受け、服用した薬について主治医に相談しましょう。一般的に、市販薬が胎児に及ぼす影響はほとんどないと言われていますが、服用したことで自分を責めたり、極端に不安になってしまうことは母体にとって決して良いことではありません。

薬なしで対処する方法

濡れタオルなどで冷やす

偏頭痛の場合は、ズキズキする部位を濡れタオルなどで冷やすと拡がった血管が収縮し、頭痛が緩和すると言われています。

水分をとる

偏頭痛の場合、水分不足により脳内の血流が悪くなることがきっかけで起こることがあるようです。妊娠中は特に血液量が増え、羊水などのために必要な水分量が増えますので普通の人以上にしっかり水分補給をする必要があると思います。水分摂取は頭痛が酷くなってから慌てて始めても遅い場合が多いので、日頃から意識して水分をとることが大切だと思います。

少量のカフェインをとる

実は鎮痛剤の中にも鎮痛作用のある成分としてカフェインが含まれているそうです。また、普段からコーヒーを飲んでいる人は、少量のコーヒーを飲むと症状が緩和することも。これは、カフェインの血管収縮作用で、拡がりかけた脳血管を収縮させるからです。ただし、カフェインの取り過ぎは逆に頭痛を悪化させ妊娠の継続に影響があるとされます。1日コーヒー1~2杯程度なら妊婦さんでも問題ないそうです。

目を温める

目を温めると頭痛が楽になるようです。暖かい蒸しタオルを目の上に乗せて横になり休むと良いでしょう。また、蒸気でホットアイマスクという商品があります。リラックスできる香りが数種類出ていておすすめです。

静かな暗い部屋で休む

静かな暗い部屋で目を閉じて横になってみましょう。頭痛がする時はうるさいとよけい頭がガンガンしてきますし、とにかく眠れなくても目を閉じて横になるだけでも少し楽になってきます。

どうしても我慢できない時には産科の先生に相談すると妊娠中でも飲める薬を処方して貰えると思います。無理せずに自分に合った対処法を見つけてください。

まとめ:妊娠中の頭痛を解消しよう

妊娠中は大事な時期です。頭痛薬が胎児に影響を及ぼす可能性があるので、自己判断での市販薬の服用は避けた方がよいでしょう。

薬なしで対処する方法

  • 濡れタオルなどで冷やす
  • 水分をとる
  • 少量のカフェインをとる
  • 目を温める
  • 静かな暗い部屋で休む

どうしても我慢できない時には産科の先生に相談すると、妊娠中でも飲める薬を処方して貰えるはずです。必ず産婦人科の先生の指示に従ってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment