風邪以外で頭痛と微熱が続く3つの症状と対処方法

熱の女性

頭痛と微熱の症状が長期間続いている場合には、どのような疾患が原因で頭痛と微熱が引き起こされているのかを理解することが大切です。

なぜなら、頭痛と微熱は風邪以外にも様々な疾患によって引き起こされることがあり、その原因によって対処方法が異なるからです。

そのため、頭痛と微熱が長期間続いていて、風邪薬等を服用しても改善がみられない場合、風邪以外の疾患の可能性を考慮して対処方法を考えることが大切になります。

そこで、本記事では風邪以外で頭痛と微熱が続く3つの症状と対処方法についてご紹介していきます。

また、頭痛と微熱を引き起こす可能性のある各症状の特徴について紹介していきますが、かかりつけの病院にかかり、専門的な知見からあなた頭痛と微熱の症状を診察してもらうことも大切です。

スポンサーリンク

頭痛と微熱が引き起こされた場合の解消方法

頭痛と微熱が同時に生じている場合には、まずその症状を引き起こしている原因となる疾患を特定することが大切です。

症状の特徴から原因となる疾患を推測し、病院の診察を受けることで、あなたの頭痛と微熱の原因を把握し、正しい対処方法を実践することができるようになります。

頭痛と微熱を同時に生じている場合、多くの場合は「風邪」が原因であることが多いですが、風邪以外にも、次のような疾患が原因で頭痛と微熱が同時に生じる場合があります。

  • 慢性疲労症候群
  • 蓄膿症
  • 髄膜炎

風邪の治療方法を実践しても頭痛と微熱の症状が改善されない場合には、上記の疾患等を疑い、主治医に相談するなどして根本的な原因を特定するようにしましょう。

それでは、次の項から上記で挙げた疾患の症状の特徴と対処方法について詳しく見ていきましょう。

頭痛と微熱を引き起こす疾患1.慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは、「普通の日常生活の中で強い疲労感を感じる病気」のことです。現在に至っても、症状が引き起こされるメカニズムや対処方法が明らかにされていない病気です。

慢性疲労症候群を患う人は、疲労が溜まりやすい忙しい毎日を送っている人が多く、一度症状を患うと頭痛や微熱をはじめ、風邪のような症状と共に強い疲労感に襲われます。

また、慢性疲労症候群は特に女性に多く見られ、仕事盛りの年齢の方達が深夜まで仕事を続けたり、身体を休ませる時間のない生活スタイルを続けることで、症状を患う傾向があります。

そのため、仕事などで毎日を非常に忙しく過ごされている方は、身体に休息を与える時間を作り、慢性疲労症候群を予防・対処することが大切になります。

頭痛と微熱を引き起こす疾患2.蓄膿症

猫の腹

蓄膿症は副鼻腔炎とも言われ、「鼻腔にウイルス等が感染することで炎症が生じ、副鼻腔に膿が留まることで生じる症状」のことです。

普段は鼻の内部にある粘膜によって、ウイルス等の感染を防止していますが、風邪やインフルエンザ等によって鼻腔の粘膜が傷ついたり弱くなることで感染し、蓄膿症を引き起こしやすくなります。

蓄膿症を患うと、頭痛や微熱をはじめ、鼻づまりや目の奥の痛みなどを引き起こすことがあります。

頭痛や微熱と共に、鼻炎や鼻づまりなどの症状が見られる場合には、「耳鼻科」にかかり、適切な処置をしてもらうようにしましょう。また、蓄膿症による頭痛の対処方法については、こちらの記事で詳しく紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

頭痛と微熱を引き起こす疾患3.髄膜炎

髄膜炎とは、「脳の髄膜に炎症が生じる病気」のことです。髄膜は、頭蓋骨と脳の間にある膜のことで、髄膜が細菌やウイルスに感染されることで炎症を起こし、髄膜炎を引き起こします。

髄膜炎の症状には、急な頭痛と高い発熱、吐き気があり、症状を放っておくと意識障害や痙攣などの症状が生じる場合があります。また、処置が遅れてしまうと麻痺などの後遺症が残ってしまう場合があるため、症状が疑われる場合には、すぐに病院にかかることが大切になります。

そのため、急に激しい頭痛と高い熱が生じた場合には、「脳神経外科」などがある大きな病院にかかり、しっかりとした検査を受けるようにしましょう。

熱さまシート大人用(冷却シート) 12枚
小林製薬 (2003-02-10)
売り上げランキング: 37,141

まとめ:頭痛と微熱の原因を検査して特定しよう

ここまでで、風邪以外で頭痛と微熱が続く3つの症状と対処方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、頭痛と熱を引き起こす3つの症状について確認していきましょう。

  • 慢性疲労症候群
  • 蓄膿症
  • 髄膜炎

風邪の処置方法で頭痛と微熱が改善されない場合には、上記の疾患などを中心に、あなたの症状を引きおこしている根本的な原因を特定することが大切です。

症状の根本的な原因を特定するためには、大学病院などの施設が充実している病院で検査することや、あなた自身も各疾患の症状の特徴を理解して原因を推測することなどを実践していくことが大切です。

あなたの頭痛と微熱の根本的な原因を理解することで、効果的な対処方法を実践していくことができるでしょう。頭痛と微熱の症状に悩まされている方は、是非本記事を参考にして頂き、頭痛や微熱のない元気な毎日を取り戻していって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment