頭も耳も痛い!すぐに何とかしたい頭痛と耳痛との関係と対処方法

頭痛おじさん

 

耳が痛いって頭が痛い以上に不快な症状ですよね。それがダブルでくると本当にきつい。けれどそれが意外とあるようです。さていったいどこに原因があるのか。痛みが起こる前に知っておきたいですよね。

こちらでは、頭痛と耳痛との関係と対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク


頭も耳も痛い原因

頭痛の女性

頭と耳が痛い場合いくつかの原因が考えられます。風邪を引いたり耳掃除をしたり、何か心あたりの要因があると目星が付くと思います。どれが当てはまるかチェックしてみてください。

風邪を引いた後なら

急性中耳炎
急性中耳炎とはインフルエンザ菌やぶどう球菌、連鎖球菌などの病原菌が耳と鼻をつなぐ耳管に侵入し、 耳の痛みや頭痛、高熱、耳鳴り、難聴などの症状を引き起こす病気です。通常は耳管の機能としてインフルエンザ菌などの病原菌からの感染を防止する働きをしているのですが、 風邪などをひいて抵抗力が弱まると病原菌に感染しやすくなり急性中耳炎などを引き起こしてしまいます。急性中耳炎になると耳が詰まったような感じがして中耳にうみが溜まりだします。うみが溜まると、耳が痛い、耳が聞こえにくい、発熱、頭痛、全身に倦怠感などの症状が起こるようになります。

急性中耳炎の症状が悪化すると中耳に溜まったうみの影響で鼓膜が破れて耳だれが生じるようになります。 うみが排出されると痛みが和らぐため、治ったと勘違いしてしまいがちですが、 しっかりと治療を行わなければ慢性中耳炎になり難聴などの後遺症が残ることになるので注意して下さい。

咽頭炎
ウイルスや細菌などによってのどの粘膜に炎症を起こす急性咽頭炎は、のどの粘膜が赤く腫れ、のどのつかえ感の他にのどの痛みや頭痛や発熱をともない、痛みが耳の奥に広がることがあります。

急性咽頭炎を繰り返すと、慢性咽頭炎に進行することがあります。強い痛みや発熱はなくなりますが、のどに異物感が続き、物を飲み込むときに痛みを感じることもあります。

耳かきが原因

急性限局性外耳道炎
これは耳の外耳道に出来る「おでき」ですが猛烈な痛みを伴います。外耳道炎でも限局して起こります。耳垢腺や皮脂腺の細菌感染で起こると言われています。症状は激しい耳痛、耳介を引っ張ると痛みが増します。顎の開閉で痛みが強くなったり、周囲に熱をもったり、頭痛まで起こることがあります。リンパ節がはれたり、難聴気味になることもあります。

顔がはれたら

おたふくかぜ
おたふくかぜは顔の腫れが特徴的です。おたふくかぜはウイルスの感染によって、唾液腺の一つで耳の付け根にある耳下腺が炎症を起こす疾患です。耳の痛みから始まり、高熱、食欲不振、頭痛、嘔吐などがあらわれます。まれに難聴や脳炎などを併発することがあるので注意が必要です。大部分は15歳以下の小児がかかり、春から夏に流行する傾向があります。伝染力が強く、流行しやすいです。

神経に沿った痛みなら

三叉神経痛
顔のこめかみから目、あご、頬と三本に枝分かれした三叉神経が支配する領域に起こる痛みを三叉神経痛といいます。多くは、脳に流れる血管がこめかみで神経に触れたり、神経を圧迫することによって起こります。目、あご、頬を中心に、突然、ぴりぴりとした痛みがあらわれ、痛みは、耳の奥から頭に及ぶこともあります。こめかみから眼の周りなどまでが三叉神経痛とされています。

後頭神経痛
耳の後ろから後頭部にかけての神経痛が、後頭神経痛です。この神経の痛みは、非常に強い場合が多く、神経の通り道を押さえると、痛さのあまり顔をしかめる、というのが典型的です。後頭神経痛の場合には、肩こりや耳鳴り、急に頭を動かしたときのめまいなどを伴います。

片頭痛との違いは、耳の後ろからズーンと痛みがくる。首から上や耳のあたりを押さえると、すごく痛いというのがあげられます。

対策方法

早く病院へ

中耳炎、外耳炎
耳が痛い時はやはり中まで診てもらえる耳鼻咽喉科を受診しましょう。放置しておくと難聴になる場合もあります。

おたふくかぜ
お子さんのおたふくかぜなら小児科へ。伝染病なので電話をしてからの方が良いでしょう。

神経痛
一般に神経痛は体調不良を示す注意信号といえます。疲れがたまっていたり、風邪で体調がすぐれないといった肉体的ストレスや、精神的なストレス、貧血などが原因となることがあります。後頭神経痛の痛みの原因となるストレスを取り除くことがなによりの治療ですが、難しい場合には、頭痛外来を受診しましょう。消炎鎮痛剤とビタミン剤が、一時的に効果があります。鍼治療も効果があるようです。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,289

まとめ:頭も耳も痛い時は病院へ

頭も耳も痛い場合の、考えられる疾患をおさらいしておきましょう。

  • 急性中耳炎
  • 咽頭炎
  • 急性限局性外耳道炎
  • おたふくかぜ
  • 三叉神経痛
  • 後頭神経痛

耳の疾患は放置しておくと難聴など後遺症の残ることがあります。また、脳梗塞の前兆である椎骨脳底動脈血流不全症という病気で後頭部が痛いことがあるので、気になる場合には医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。