夕方になると決まって起きる頭痛の解消方法

夕方

 

夕方になると決まって起きるツラい頭痛に悩まされていませんか。日本人には頭痛持ちが多いと言われています。中でも7割が夕方に起こりやすい緊張型頭痛だと言われています。寝込むほどではないからとりあえず頭痛薬を常用しているという方は少ないようです。それでも頭痛ってツラいものだし、なるべく薬に頼りたくないですよね。

こちらでは、夕方に起こりやすい緊張型頭痛の起こるメカニズムと、その解消方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


夕方に起こる頭痛

緊張型頭痛とは

夕方の公園

緊張型頭痛は、後頭部、こめかみ、額を中心に頭重感や締め付けられるような痛みがジワジワと始まり、ダラダラと続きます。また、肩こり、眼精疲労、めまい、倦怠感などの症状が表れます。痛みは、午後から夕方にかけてひどくなるケースが多いですが、寝込むほどではありません。

緊張型頭痛を引き起こすメカニズム

緊張型頭痛の発生には、身体的・精神的なストレスが複雑に関係していると考えられています。

身体的なストレスによる緊張型頭痛
緊張型頭痛の原因は、頭部や腕を支える頚部の筋肉がこわばってしまうこと。肩こり悪化とも関連しています。首の筋肉がこわばる原因としては、以下のようなものがあげられます。

  • デスクワークなど、同じ姿勢が毎日続く仕事環境
  • 運動不足傾向で、肩甲骨を動かすような体操も特に行っていない場合
  • 目を酷使するようなパソコン作業
  • クセになっている睡眠中の歯軋りやくいしばり
  • 手先の細かい作業など、手・指に集中した仕事

上記のような原因で、頭部や腕を支える筋肉が疲労したり、頚椎の関節の動きが悪くなったりといった機能低下が起き、結果的に緊張型頭痛を起こす首・肩周辺の問題が慢性化してしまいます。特に、首筋の筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることができずに頭痛を引き起こしやすい傾向があるようです。

精神的なストレスによる緊張型頭痛
身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。 精神的に緊張した状態が長期間続くと、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。

このような、精神的ストレスを原因とする緊張型頭痛には、生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われています。

緊張型頭痛と片頭痛が併発した場合

緊張型頭痛は、片頭痛ほどの痛みはないものの、頭が締め付けられているような頭の重い状態が起こります。片頭痛がストレスから解放されてホッとしたときに起こりやすいのに対して、緊張型頭痛はストレスにより頭や首を囲む筋肉が過剰に緊張して起こる傾向があるようです。 多くは肩や首筋のこりや眼精疲労を伴います。一般に、片頭痛だけの方は頭痛の無いときには頭がすっきりしているのですが、 緊張型頭痛を併発すると、いつも頭が重い状態が続く場合があります。

原因が生じる理由など

緊張型頭痛の解消方法

緊張型頭痛では、体を活発に機能させる交感神経系の働きが優位になりがちなので、この働きを鎮めるような動作をコマメに取り入れると、首・肩周辺の筋緊張の緩和が期待できます。ポイントは、いかに肩こり状態を持続させないか、悪化させないか、ということです。多くのケースでは、自覚の有無に関わらず肩こりの慢性化がみられます。

心を緩める

心の緊張により首・肩周辺の筋肉が硬くなってしまうと、緊張型頭痛を起こしやすくなります。そこで、頭の中に楽しい思い出を巡らせてみましょう。精神的な緊張が続いたり、嫌な出来事があったとき、これらを頭の中から完全に追い出すことは難しいと感じる方も多いかと思います。ですが、少しずつでも、最高に楽しかった思い出や満足のいく理想的な状態などを思い浮かべてみてください。数分でも体の無駄な力が抜ける状態をつくっていきます。

ストレッチ

全身のストレッチや首・肩周辺を動かす体操を行ってみましょう。心をほぐしたところで、次に筋肉の負担を軽減させて、首・肩周辺の筋肉のコリを改善させていきます。日常生活では、どうしても前傾姿勢になる機会も多く、頭部や腕を支える筋肉に無理を強いることが続きがちです。

そこで、持続される頚部への負担をやわらげるストレッチや体操を、気が付いた時に少しでも良いので取り入れることをオススメします。筋肉へ刺激を入れることで、一時的にでも、筋肉の持続的な負担を軽減させることが目的です。

血流を良くする

首から肩にかけての筋肉を温めて血流回復とリラックスを図りましょう。濡らしてしぼったタオルを電子レンジで加熱し、首に乗せても熱すぎない程度に冷まし、ポカポカ状態のタオルを首・肩にかけます。そして、タオルをドライヤーで温めながら、10分ほどポカポカ心地よい温度を保ちます。一箇所だけが熱くなりすぎないようにご注意ください。

自己判断で、間違った対処を続けていると、なかなか頭痛には効果が表れません。頭痛が長引く場合には、一度受診をされて頭痛のタイプを知っておくと良いかと思います。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,050

まとめ:夕方におこる頭痛を解消しよう

夕方に起きる頭痛は緊張型頭痛だと考えられます。緊張型頭痛の発生には、身体的・精神的なストレスが複雑に関係しています。解消方法をおさらいしておきましょう。

緊張型頭痛の解消方法

  • 心をゆるめる
  • ストレッチ
  • 血流を良くする

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment