頭痛を引き起こしてしまう主な疲れ4タイプの効果的な対処方法

疲れている男

疲れが貯まると頭痛に悩まされてしまうという方は非常に多いのですが、分かっていてもなかなか良い対処が出来ず慢性化してしまっている方も少なくありません。

疲れと頭痛には大きな関係があり、疲れが貯まるとなぜ頭痛が起きるのかを知ることによって頭痛を改善することができます。本記事では「疲労のタイプ」と頭痛の関係を学んでいきます。そして、タイプ別により良い対処法をご紹介していきます。

慢性化してしまうと諦めてしまう方も多いのですが、自分の疲労がどのタイプか知り、適切な対処をすることによって改善できますので、じっくり諦めずに取り組んで行きましょう。

スポンサーリンク

頭痛を引き起こしてしまう疲れのタイプ

疲れてる男

頭痛は様々な原因で起こります。様々な原因で起こるのでその対処方法も色々あります。頭痛の原因となりやすい「疲れのタイプ」を知ることで適切な対処を知ることが出来ます。
日常生活の中で起こりやすい疲労の主なタイプをご紹介します。

  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 精神疲労
  • 肉体疲労

眼精疲労

近年パソコンなどを長時間使用しなければならない仕事も多く目の疲れから頭痛を患っている方が多いです。目の調整力の衰えも目の疲れを増します。老眼などで見えにくいものを無理に見ようとして目を疲れさせてしまうのです。また度の合わないメガネや合わないコンタクトレンズを使用することも目の疲れの原因となります。

目の疲れが頭痛の原因となるのは目の周りの筋肉がコリ、そのことにより血流が悪くなってしまうからです。目の神経や顔の神経は脳神経に含まれており、目の疲れによる血流の悪さからくる痛みは頭痛として認識されることがあります。

睡眠不足

睡眠と疲労回復には非常に密接な関係があります。ただ寝れば疲労回復するという訳ではありません。睡眠が不足したり、質の悪いものになると筋肉をじっくり休めることが出来ず緊張型頭痛が引き起こされる可能性があります。

また、睡眠不足は自律神経の働きも乱してしまい、体の生体リズムが悪くなり頭痛となることがあります。精神的ストレスや肉体的なストレスで睡眠が質の悪いものになったり、不足してしまうことが原因で疲れがさらに増してしまい頭痛の症状となるのです。

精神疲労

精神的疲労は様々な体のトラブルを引き起こします。また知らず知らずのうちに慢性的に疲労を溜め込みやすいのも特徴です。精神疲労が蓄積されて頭痛などの症状を引き起こすこともあります。

精神的な疲労は特に気分が落ち込んだり、意欲がなくなったりするためなかなか解消することがむつかしい状況になりやすいので、日頃から気をつける必要があります。

肉体疲労

肉体疲労といえばなにか激しい運動をしたことが原因と思われるかもしれませんが、逆に激しい運動をしていなくても、姿勢が変わらないような仕事を長時間続けたり、病気が長引いて寝込んでいたりするときでも体が非常に疲れた状態になってしまうことがあります。

肉体疲労は肩こりや頭痛の大きな原因となります。肉体疲労の中には長時間日光に当たってしまった時などに起こす人もいます。様々な原因で肉体疲労は起こりますので個人個人が肉体疲労の原因を見つけ解消していくことが必要になります。

頭痛を引き起こしてしまう主な疲れ4タイプの効果的な対処方法

頭痛を引き起こす主な「疲れのタイプ」を学んできました。実際にタイプ別にどのような対処が効果的かご紹介していきます。中には頭痛の原因となる「疲れのタイプ」が複数当てはまる方もいらっしゃると思います。そのような場合は自分がまず取り除きたい「疲れのタイプ」選んで実践してみましょう。

①眼精疲労には一時間に一回目を閉じる

眼精疲労はパソコンなどの画面を長時間見続けることによって生じます。一時間に一回は目を少しの間閉じてみましょう。目の周りのコリの解消になります。出来れば蒸しタオルをのせて温めたり、目を回す運動も効果があります。

またメガネやコンタクトレンズをご使用の方は度が合っているかなど目の疲れにつながる要素がないか確認しましょう。

②睡眠不足には規則的な生活

睡眠不足が起こるのは不規則な生活が原因の場合が多いです。規則的に食事をとり、適度な運動をし、寝る時間が遅くなりすぎないようにしましょう。食事を3食きちんと食べることは頭痛の予防にとっても大切です。空腹時に頭痛が起きやすくなっているからです。

良質の睡眠を得るためには寝る前の軽いストレッチや体を温めてから寝る、リラックス効果があるアロマや音楽を聴くなど方法が色々ありますのでぜひ試してみましょう。

③精神疲労には無理をせず睡眠をとる

精神疲労は脳を酷使したり心配事があり悩む時に、脳内で生じた物質が神経系を傷つけることによって起こることが分かってきています。脳を酷使する例としては、事務処理に追われる、受験が迫っている、失敗してクヨクヨ思いつめるなど様々です。

この脳を酷使するストレスが止むと疲労が回復します。ストレスの原因がすぐに解決出来ない場合でも良質の睡眠が取れるようにゆったりとお風呂に入って体を温め、軽いステレッチを行い、リラックス出来る音楽を聴いたりアロマを焚き早めに就寝しましょう。

④肉体疲労は食事で改善

肉体疲労も溜まりすぎるとなかなか改善できなくなりますのでこまめに疲労を取り除いてくれる栄養を摂るようにします。

身体はタンパク質で出来ています。タンパク質を作るのに欠かせない栄養素はアミノ酸ですが、コメが主食の場合は豆製品を一緒に食べると理想的です。疲労回復には良質のアミノ酸を摂りましょう。

また身体の調子が悪い時はビタミンやミネラルが不足している場合があります。疲労回復にはビタミンを摂りましょう。疲労回復にはクエン酸も有効です。クエン酸を含む食材としては果物や酢など酸っぱい食品が多いです。

魚介類にはタウリンという物質が多いです。タウリンは体のむくみや肝臓機能調整に役立っています。アリシンというニンニクなどに含まれる成分は風邪予防、疲労回復、殺菌効果など様々な効果があります。アリシンはビタミンと一緒に摂るとさらに疲労回復の効果が高まります。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 546

まとめ:「疲れのタイプ」を知りタイプ別に効果的な対処を取る

ここまで、頭痛の原因となる「疲れのタイプ」学びそれぞれのタイプへの対処方法をご紹介してきました。疲労回復でき頭痛が改善されると健康的な生活を取り戻すことができます。最後にもう一度、「疲れのタイプ」別に出来る対処方法を確認していきましょう。

  1. 眼精疲労には一時間に一回目を閉じる
  2. 睡眠不足には規則的な生活
  3. 精神疲労には無理をせず睡眠をとる
  4. 肉体疲労は食事で改善

本記事で学んだことを活かし、なるべく疲れを貯めない生活を手に入れましょう。疲れは蓄積すると解消するのが難しくなってきます。早めの対処が疲れを予防してくれます。焦らずゆっくりと一つ一つ取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment