頭痛と食事との関係

おかゆ

食事の時に摂取する食べ物によって、頭痛が起きやすいものや頭痛を和らげるものがあります。頭痛を悪化させないようにしたり、頭痛を予防したりするために、普段の食生活を見直して頭痛が起こらないようにしたいものです。

そこで頭痛と食事との関係について紹介します。

スポンサーリンク

頭痛を起こしやすい食事

医者

血行をよくする食べ物は、身体を温めて身体にいいとされています。しかし、頭痛持ちの人にとっては、頭の血管が拡張されて、頭痛を引き起こしてしまいます。
頭痛が起こりそうな時や、頭痛が始まっている時には、悪化させないようにするために次に挙げるような食べ物を食事に入れるのは控えましょう。

①ポリフェノールが多く含まれている食べ物

ポリフェノールは体内の酸化を抑えたり、血管を拡張したりする働きがあります。そのため、頭痛が起きやすくなります。
例えば、赤ワインやチョコレート、オリーブオイルなどがあります。

②チラミンが入っている食べ物

チラミンは、血管を収縮させる働きがあって、頭痛が起きやすくなります。
例えば、チーズや玉ねぎ、ピーナッツバター、イチジクなどがあります。

③アスパラギン酸が入っている食べ物

アスパラギン酸は、脂肪の燃焼をサポートします。血管拡張作用もありますので、頭痛が起きやすくなります。
これは、ダイエット食品によく入っています。

頭痛を和らげる食べ物

頭痛を引き起こしやすい食べ物があれば、頭痛を和らげてくれる食べ物もあります。頭痛が起きている時には、積極的に摂取したいですね。

①水分が多く、ミネラルやマグネシウムが多く含まれている食べ物

アルコールを多く摂取することによる利尿作用があり、脱水症状が起こって頭痛になっている場合があります。必要な電解質が失われるために頭痛が起こるのです。
そのような時には、トマトやきゅうり、スイカなどの、水分が多くてミネラル分やマグネシウムが多く入っているような食べ物を食べて、水分を摂取しながら頭痛を和らげましょう。

②ビタミンB2が多く含まれている食べ物

ビタミンB2は血圧を下げる働きや、脳への酸素や栄養をスムーズに供給して新陳代謝を活発にする働きがあります。そのため、片頭痛に効果があります。
例えば、ヨーグルトや牛乳、豚肉、ほうれん草、レバー、うなぎなどがあります。

③オメガ3Sを含む食べ物

鮭やイワシに含まれるオメガ3Sは、炎症が原因で起きている頭痛に効果があります。

④マグネシウムが多く含まれている食べ物

マグネシウムは、血管を調節して緩める働きがあります。そのため、片頭痛に効果があります。
例えば、アーモンドや豆腐、納豆、ひじき、黒豆、ゴマなどがあります。

⑤コーヒー

コーヒーに含まれているカフェインは、血管が拡張して起こる頭痛に対して、逆に血管を収縮させて頭痛を抑えるのに効果的です。そのため、二日酔いなどのよる頭痛に効き目があります。
個人差はありますが、緑茶や紅茶、ウーロン茶などのカフェインが入っているお茶が効くという人もいます。

ただし、頭痛に効くからといってコーヒーを飲みすぎると、カフェインの利尿作用で脱水症状を起こし、かえって頭痛を引き起こしてしまう場合がありますので、適量を飲むようにしましょう。

⑥全粒粉のパン

炭水化物を抜くダイエットが流行っていますが、このダイエット方法を実行している人の中には、脳のエネルギーとなるグリコーゲンが不足して脱水症状を起こし、結果的に頭痛になっている人も多くいます。
この場合には、グリコーゲンを含んでいる全粒粉のパンなどを食べることで改善することができます。ダイエットをする際にも、栄養バランスに気を付けながら行うことが大切です。

⑦スパイシーな食品

サルサソースのようなスパイシーな食品が効く頭痛の種類があります。
それは、副鼻腔炎が原因となって発症している頭痛の場合です。スパイシーな食事は炎症を抑える効果がありますので、頭痛を軽減させて鼻の通りをよくする可能性があります。

明治ブルガリアヨーグルトレシピBOOK
アスコム
売り上げランキング: 121,120

まとめ:食事の内容に気を配って、頭痛を予防し、悪化させないようにしよう

食事の内容、食材によって、頭痛を悪化させるものと、和らげるものがあります。頭痛になりやすい人は特に、食事の内容に気を配ることが、頭痛予防や悪化防止につながります。

頭痛の大きな要因として、血管の拡張が挙げられます。そのため、血管拡張を引き起こすような食べ物はよくないと考えられます。例えば、赤ワインやチーズ、ダイエット食品などが挙げられます。

逆に、頭痛を和らげる食べ物は、血管を収縮させたり、頭痛の元に働きかけたりする働きがあるものがいいと考えられます。例えば、コーヒーやヨーグルト、スイカ、ゴマなどが挙げられます。

食事で頭痛の症状が改善されるのが一番体にいいのですが、効果が現れるまでに時間がかかります。また、食品アレルギーがあると、その食べ物は摂取できなくなります。頭痛がひどい時には、無理をしないで受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment