辛い頭痛と歯痛を改善するための適切な対処法4つのポイント

歯磨き女子

頭痛と歯痛が同時に起きると非常に辛いですね。頭痛の原因や歯痛の原因を知ることは頭痛と歯痛が同時に起きた時になるべく早く改善するためにとても大切です。

なぜなら、頭痛と歯痛は非常に大きな関係があり、頭痛が原因で歯痛が起きているのか、歯痛が原因で頭痛が起きているのかによっては対処方法が異なるからです。

原因を理解し適切な対処をしなければ頭痛や歯痛は改善されません。本記事では頭痛や歯痛の原因を学び、原因にあった対処方法をご紹介していきます。頭痛や歯痛は本当に辛い症状になりやすく、長引くと心身共に疲れやストレスがたまり別の体調不良を起こす原因にもなりますので、しっかりとした対処を行い出来るだけ早く頭痛や歯痛を改善しましょう。

スポンサーリンク

歯痛によって引き起こされる頭痛

頭痛女子

歯痛の中でも虫歯が原因のも、歯が化膿して起こるもの、親知らず、顎関節症などから起こるものなど様々な原因で歯痛は引き起こされます。初め痛みは軽いのですが放置していると痛みが増しつらい症状が出始めます。

歯痛が起こるのは歯や口周りの神経に痛みが出るためであり、口周りには顔周りの神経や頭の神経が通っているので歯の神経の痛みが頭痛となって伝わることが多いのです。

歯痛が原因で起こる頭痛は痛み止めがあまり効きません。まずは歯痛を改善することが大切です。歯痛の原因を治療し歯痛を改善することにより頭痛は収まります。

頭痛によって引き起こされる歯痛

頭痛によって歯痛が引き起こされる場合があります。頭痛と歯痛の関係を見ていく前に頭痛の種類について学びましょう。頭痛が引き起こされる原因別にいくつかの種類に分けることができます。どの種類の頭痛が歯痛を引き起こすか知ることは頭痛による歯痛を見分け改善することに役立ちます。

  • 症候性頭痛
  • 片頭痛
  • 群発頭痛
  • 緊張型頭痛

症候性頭痛

原因がハッキリとわかっている頭痛です。頭痛全体の1%弱ですが放置しておくと命の危険を招く恐れがあるので注意が必要です。脳腫瘍やクモ膜下出血などが原因で起こる頭痛です。歯痛あまり起こりません。

脳出血や脳梗塞による頭痛は頭が重い感じがしたり、頭の奥が痺れるような痛みを感じたりします。激しい痛みではありません。クモ膜下出血は強烈な激しい痛みがあります。激痛の後ガンガンする痛みが続き意識障害が出ます。脳腫瘍の場合は頭痛が伴わない場合もあります。

片頭痛

片頭痛は機能性頭痛に入り、主に女性に多い頭痛です。ズキズキと脈打つような痛みが頭の片側に現れます。ときには吐き気を伴い嘔吐することもあります。体を動かすと痛みがひどくなることがあります。歯痛はあまり起こりません。

群発頭痛

群発頭痛は機能性頭痛で男性によく見られる頭痛です。片側の目の奥が激しく痛むもので一定の期間毎日ほぼ決まった時間に起こることが多いです。通常の鎮痛剤は効き目がほとんどありません。歯痛が高い確率で引き起こされます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は機能性頭痛で原因は不安や緊張などの精神的なストレスと姿勢の悪さからくる身体的ストレスです。片頭痛と一緒に起こる場合もあります。歯痛はあまり起こりません。

辛い頭痛と歯痛を改善するための適切な対処法4つのポイント

ここまで頭痛と歯痛の原因と関わりについて学んできました。歯からくる痛みなのか、頭からくる痛みなのかによって対処がかわってきます。適切な対処をするためのポイントをご紹介していきます。

①歯が原因か頭が原因かを診断してもらう

頭痛が原因の歯痛であれば頭痛が収まれば自然と歯痛も収まります。しかし歯痛が原因の場合の多くは治療を必要としており、安静にしているだけでは治りません。神経から来ている痛みなので何らかの原因で痛みが一時的に収まることがあっても必ず再発します。

まずは歯の痛みを抑えるためにも歯科医院に行ってみましょう。歯科医院で虫歯やほかの原因が見つかれば歯の治療と共に頭痛も比較的早く改善します。

もし、歯になんの異常も見つからない場合は頭痛が原因の歯痛かもしれません。頭痛の専門医に見てもらいどのような原因の頭痛か調べてもらいましょう。ここで大切なことは歯が痛いのだから歯が原因のはずと思い込まないことです。どちらが原因でも起こりうることであると知っておけば原因を見つけやすくなります。

②頭痛や歯痛の患部を冷やす

頭痛や歯痛では患部を濡れタオルなどで冷やすと痛みを和らげることができる場合があります。すぐに専門医へ行けないときや、専門医へ行く途中など手軽に試せる方法です。

③痛み止めを上手に使う

すぐに専門医を受診できない場合は市販の痛み止めを上手に使いましょう。薬剤師に症状を相談し適切な痛み止めを選んでもらうこともできます。歯痛には痛み止めが効きにくい場合もありますが試してみましょう。

④歯痛を和らげるツボを押す

歯痛を和らげる方法の一つとして歯痛を和らげてくれるツボを覚え、押すことによって刺激を与え歯痛を和らげることが出来ます。

比較的わかりやすいツボに「巨りょう」と「地倉」があります。「巨りょう」は鼻の左右にあり頬骨の最も高いところの直下です。指の腹で少し強めに押して刺激します。「地倉」は鼻から広角に向かって広がる線が広角と交わるところにあります。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 6,033

まとめ:辛い頭痛と歯痛を改善するための適切な対処法4つのポイント

ここまで、頭痛と腰痛の関係と適切な対処のポイントについて学んできました。最後にもう一度、辛い頭痛と歯痛を早く改善するために出来る対処のポイントを確認していきましょう。

  1. ①歯が原因か頭が原因かを診断してもらう
  2. ②頭痛や歯痛の患部を冷やす
  3. ③痛み止めを上手に使う
  4. ④歯痛を和らげるツボを押す

本記事で学んだことを活かし、辛い頭痛と歯痛が同時に現れたら適切な対処を行いましょう。痛みは大変ですが、落ち着いて対処をすることによって痛みを出来るだけ早く緩和することができます。また特に歯痛が原因で起こる頭痛は歯の状態を定期的に確認することによっても防ぐことができますので予防の方にも取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment