辛い頭痛は専門医へ!頭痛外来へ行く前に記録しておくべき5つの項目

医者の男

 日本人の多くが抱えているといわれる頭痛。風邪をひいたときや、ちょっと疲れがたまったときなど、さまざまな場合に頭痛は私達を襲います。また、仕事や家事、学校など毎日の忙しさのため、頭痛薬を服用してその痛みを紛らせている方も少なくないと思います。確かに頭痛薬は、一時的に私たちの辛い頭痛を緩和してくれます。しかし、頭痛薬は慢性的な痛みを完全に治すものではありません。ずっと頭痛薬を飲み続けていても、辛い頭痛を繰り返すだけです。

上記のようなことから、普段から頭痛に悩まされている方は一度専門の医療機関へ相談するのが賢明といえるでしょう。そして最近では、頭痛患者さんのため専門医が診てくれる病院が増えているんです。本記事では、頭痛の専門医とはどのような医師なのか、そして頭痛の外来へ行く前にご自身で記録しておくべき5つの項目についてご案内します。

スポンサーリンク

頭痛の専門医とは?

頭痛の医者

従来、頭痛についての診察は、脳神経外科や神経内科が行うのが一般的でした。しかし、年々増加する頭痛の患者さんに伴い、頭痛の専門医がいる頭痛外来を設置する病院が増えています。そして、診察を行なうのが頭痛専門医です。

頭痛専門医とは、日本頭痛学会が定めた規定により認定を受けた専門医のことです。頭痛に関する幅広い知識を生かし、日々頭痛を患っている患者さんの診察、及び頭痛に関する研究を行っています。頭痛専門医になるには、頭痛学会へ3年以上所属していることや、神経学会など頭痛に関連した学会の認定医であること、更に専門的な研修を受けていることなどが条件とされています。十分な経験や知識を持っている頭痛の専門医ですので、診断してもらうことにより頭痛改善が大きく期待できるといえるでしょう。日頃から頭痛を患っている方は、頭痛専門医に相談されることをおススメします。

しっかりと診断をしてもらうためには

頭痛の専門医は、全国の病院や診療所にて診療を行っています。インターネットなどで、ご自宅周辺の専門医を探してみると良いですよ。また、普段通われている病院と提携している場合もあります。一度、いつも診療をしてもらっている医師に相談してみると良いでしょう。

そして頭痛専門医に診てもらう場合、日頃からどのような症状がご自身にあわれているかを詳細に伝える必要があります。一口に頭痛がするといっても、頭痛の原因は人によってさまざまです。
どのような痛みがどんなときに起こったのか、しっかりと伝えることが、より正確な診断の判断材料にもなります。そのため、日々しっかりと頭痛について記録しておくことがとても大切なのです。
次に、頭痛の専門医に診断をしてもらう前に記録しておくと良いをされる、5つの項目をご紹介します。

頭痛の専門医に診てもらう前に記録しておくと良い5つの項目

頭痛の外来へ行く前に、ご自身で記録しておくと良い5つの項目は次の通りです。

  • 朝昼晩に分けた頭痛の度合い
  • 頭痛の前触れがあったかどうか
  • 女性の場合は月経の有無
  • どのような生活をしたか
  • 服用した薬

では次に、上記の5つの項目について詳しくご案内します。

朝昼晩に分けた頭痛の度合い

頭痛の症状は、いつ起きたのか細かく記しておくことが大切です。頭痛が定期的に起きているかどうかは、原因の判断に繋がるといえるでしょう。また、その際の症状の度合いも、3段階から4段階に分けて一緒に記載しておくと更に良いです。「ズキズキとする痛み」や「頭を締め付けられるような痛み」などなるべく具体的に記しておきましょう。

頭痛の前触れがあったかどうか

頭痛の中には、強い光が見えたり視界の一部が見えなくなるなどの前触れを伴うものもあります。前ぶれは特徴的な前触れではない限り、覚えていない場合が多いです。しかし、「吐き気」や「嘔吐」など普段とは異なる症状があらわれたときは、記載しておいてくださいね。「肩こり」や「生あくび」、「空腹感」なども前触れに含まれます。

女性の場合は月経の有無

月経の際、ホルモンのバランスにより頭痛を引き起こすというのは、多くの女性が経験されているといわれています。そのため、女性の月経や閉経は頭痛に大きく関連している場合もあります。ご自身が女性の場合、月経が始まった日や終わった日などを記載してください。もし閉経しているという方は、診察の際にその旨を医師に伝えましょう。

どのような生活をしたか

もしかすると、一日の中で頭痛を誘発している行為を行っている可能性もあります。そのため、頭痛が起きた一日のことをざっくりと記載しましょう。「会社へ行きずっと外回りをして疲れた」、「一日家で横になっていた」、「ジムで運動をした」などで構いません。その際の身体の状態も一緒に記載しておくとより良いでしょう。

服用した薬

もし頭痛が起きた際に薬を服用したのであれば、どのような薬を服用したのかを記載しましょう。市販のものや、医師により処方されたものなど、どのようなものでも結構です。薬の名前と服用した量を詳しく記してください。また、薬を服用した後、痛みが治まったなど、どのような状態になったかも合わせて記入しておくと良いです。

まとめ:日頃の記録が頭痛改善への第一歩

本記事では、頭痛の専門医とはどのような医師なのか、そして頭痛の外来へ行く前にご自身で記録しておくべき5つの項目についてご紹介してきました。もう一度、その5つの項目についておさらいしましょう。

  • 朝昼晩に分けた頭痛の度合い
  • 頭痛の前触れがあったかどうか
  • 女性の場合は月経の有無
  • どのような生活をしたか
  • 服用した薬

実際に頭痛外来を訪れた際、必ずご自身の症状を伝える必要があります。毎日の症状やその日の行動などを細かく覚えている方は少ないかと思われます。上記5つの内容は、その場合にとても便利といえます。そして記録しておくことにより、医師も客観的に的確な診断をすることができ、頭痛に有効な薬を処方するのにもとても役に立ちます。もし現在、頭痛に悩まれている方は、本記事でご紹介した内容を記録し、頭痛専門医のいる外来窓口を訪ねてみてください。あなたの頭痛が一日でも早く治るよう本記事がお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment