原因は身体のメカニズムにあった。産後の頭痛の原因と3つの改善方法

休日電話女子

大変なお産を乗り切って出産され、そして産後の育児を頑張っているお母さんを襲う頭痛。赤ちゃんのお世話で大変な時期に、頭痛まで来られたらとても大変ですよね。しかも、頭痛によってお母さんが疲れてしまったり不安になってしまったりすると、その不安は赤ちゃんにも伝わるといわれています。

出産後の頭痛というのは、珍しいものではないといわれており、またそのメカニズムは、一般的な頭痛とは少し異なります。本記事では、産後に起きる頭痛の理由と、3つの改善方法についてご案内します。現在、赤ちゃんを産まれ育児を頑張っていらっしゃるお母さん達は、本記事をぜひ参考にしてください。そして、その辛い頭痛を我慢せず、改善することで、赤ちゃんと笑顔いっぱいの毎日を取り戻してくださいね。

スポンサーリンク

お産のときのあることが原因だった

頭痛に悩む女性

女性が赤ちゃんを産む際、身体にはさまざまな変化が起こります。その中でもとても重要な役割を果たしているのが骨盤です。

女性は妊娠すると、リラキシンというホルモンが分泌されます。そして、そのホルモンにより、骨盤内の靭帯関節の一部である山腸関節(せんちょうかんせつ)の周辺が緩んできます。この働きは、赤ちゃんが生まれてくるための準備といわれています。
しかし、このときに骨盤が緩むだけでなく「ゆがむ」ことがあります。

通常、骨盤は身体の上半身と下半身を繋げています。骨盤がゆがんでしまうと、その上にある腰の部分の腰椎(ようつい)、肋骨と連結している胸の胸椎(きょうつい)、首の部分の頸椎(けいつい)もゆがみます。そして、それらが繋がっている神経や血管を圧迫し流れが悪くなることで、頭痛を引き起こしているといわれています。

骨盤のゆがみにより全身の脊椎がゆがみ、頭部を圧迫していることが頭痛の原因だったのです。また、上記の理由のほかにも、疲れやストレスも頭痛を引き起こす原因として考えられています。

疲れやストレスによるもの

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話はとても大変です。お母さんは、なかなか休む時間がなく睡眠時間もたっぷりとはとることができないでしょう。この疲れやストレスより、頭痛が起きているとも考えられています。また、授乳や赤ちゃんを長時間抱っこしたりする姿勢が、肩こりとなり血液の循環を悪くし、頭痛をうながす原因となっているともいわれているのです。

上記のように産後の頭痛は、お母さんの身体のメカニズムと精神的な疲れにより引き起こされているといえるでしょう。では、その辛い頭痛を改善するためにはどうしたら良いのでしょう。次にその改善方法についてご紹介します。

産後の頭痛を改善する3つの方法

赤ちゃんを産んだお母さんを悩ます頭痛を改善するには、次の3つの方法をおすすめします。

  • 適度な運動
  • 整体やカイロプラティックを利用する
  • 専門的な病院に行く

それでは、上記のそれぞれの内容についてみていきましょう。

適度な運動

産後の疲れやストレスが原因の場合は、身体を軽く動かすことで血液の循環が良くなり、改善する場合があります。身体を動かすといっても、ストレッチ程度のもので大丈夫です。首をゆっくりと回したり、腕をグルグルと大きく回しましょう。産後は、無理をしてはいけませんので、あくまでも適度な運動を心がけてくださいね。

整体やカイロプラティックを利用する

整体やカイロプラティックへ行き「ゆがんだ骨盤」そのものを治すのが、最も効果的な方法といって良いでしょう。ゆがんだ骨盤を元に戻すのは、赤ちゃんを産んでから1か月から6か月が理想といわれています。これ以上経過すると、骨盤が固まってしまい元に戻すのが難しいとされています。また、ゆがんだ骨盤をそのままにしておくと、子宮が元の位置に戻らないため、頭痛だけでなく不妊症や生理痛なども引き起こす場合があります。骨盤を元に戻すのは、とても重要なことだといえるでしょう。

専門的な病院に行く

骨盤やストレス、疲れ以外の何らかの問題がある可能性もあります。頭痛がひどいときは、我慢せずに頭痛の専門医に相談しましょう。授乳中のときに薬を摂取すると、赤ちゃんに影響がある場合もあるので、薬を処方されるときは、授乳していることをしっかりと伝えてくださいね。

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 36

まとめ:赤ちゃんだけでなくお母さんの身体も大切です

本記事では、産後に起きる頭痛の理由と、3つの改善処方法についてご案内してきました。産後の頭痛に悩まされているお母さんは、次の3つの方法をぜひ試してみてくださいね。

  • 適度な運動
  • 整体やカイロプラティックを利用する
  • 専門的な病院に行く

10か月ほどの妊娠生活を終え、赤ちゃんを産むという大仕事を終えたお母さんを待っているのは、育児です。育児は、お母さん一人で頑張ってしまうとどうしても疲れてしまうと思います。できるだけ周りの方に手助けをしてもらい、ストレスや疲れをためないようにしましょう。また、時間をつくるのは大変かと存じますが、整体やカイロプラティックに足を運び、しっかりとゆがんだ骨盤を治してください。お母さんを悩ませている頭痛の軽減に、本記事が少しでもお役にたれてば嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment