失明のおそれもある緑内障!頭痛を感じる場合やその原因について

新聞を読むビジネスマン

緑内障の場合、症状として頭痛が生じることがあります。緑内障のうち、急性緑内障の場合には、頭の側面などにひどい痛みを伴う頭痛が生じることがあります。一方で、慢性の緑内障の場合には、頭痛は他の症状と相まって緑内障のサインとして現れることがあります。緑内障のサインとしての頭痛を見逃さないことがとても大切です。

本稿では、緑内障と頭痛の関係についてのポイントをまとめています。

スポンサーリンク

失明のおそれもあるおそろしい緑内障

頭痛の男

緑内障は、眼圧の上昇により視神経を圧迫することで生じる目の病気です。眼圧とは端的に言うと目の硬さのことであり、眼圧が高くなって目の硬さが強くなると視神経を圧迫してしまい、視神経に負担がかかってしまいます。この状況が緑内障です。

緑内障は視神経を圧迫することから、最終的には失明をしてしまうこともあるおそろしい目の病気ということができます。

緑内障には、急に眼圧が上昇し最悪の場合にはたった一晩で失明してしまう急性緑内障と長い年月をかけて視神経を圧迫する慢性緑内障とがあります。(一部、遺伝的・先天的な理由から緑内障となられるケースもごくまれにはあります)

緑内障は、急性の場合には即座に手術等で対策をし、慢性の場合にも定期的に検査を受けることなどが重要となりますが、緑内障の兆候として頭痛が生じることがあります。

緑内障で頭痛が生じる理由

緑内障は、高くなった眼圧が視神経を圧迫するものですので、神経の痛みを伴います。そして視神経の痛みは頭部全体に伝導します。このため、緑内障であると頭痛が生じることとなります。

緑内障の場合の頭痛の痛みの特徴としては、急性緑内障の場合には、側頭部が著しく痛みます。この場合の頭痛の痛みは、くも膜下出血における頭痛の痛みとも類似しています。つまり、「まるで殴られたような」ひどい頭痛が襲ってきます。先ほども述べましたように
急性緑内障は一夜にして失明の危険もあるおそろしい症状です。

しかし、急性緑内障はあまり症状を感じることが少ないので、くも膜下出血などの他の病気ではないかと疑われてしまい、急性緑内障に対する適切な治療が遅れてしまうこともあります。急激な側頭部の頭痛を感じられた場合には、緊急事態であることは推察することができたとしても、急性緑内障であることにはなかなか気づかないこともありえます。

急激な頭痛があった場合、急性緑内障のサインとして、その可能性を考えることが重要です。

一方で慢性の緑内障の場合には、頭痛は肩こりなどとともにあまり重くない症状として現れます。慢性の緑内障の場合には、頭痛のみから、緑内障の可能性を考えることは難しいということができます。慢性の緑内障の場合には、頭痛や肩こり以外に特徴的な症状として、「外灯などの周りに丸い虹が見える」という症状が現れることがあります。

頭痛や肩こりとあわせて、このような外灯の周りに丸い虹が見えるような場合には緑内障の可能性を考えて、眼科医の診断を受けることが大切です。(なお、緑内障の検査を受けられる際には、自動車での来院は避けることが大切です。点眼薬を入れた場合に、目がぼやけてしまい、帰路で事故に遭ってしまう可能性があり得るためです。)

このように頭痛は急性緑内障の場合には重大なサインとして、慢性の緑内障の場合には他の症状と合わせてのサインとしてしっかりと把握されることが重要です。

偏頭痛と緑内障

必ずしも医学的に確定的な実証があるわけではありませんが、偏頭痛と緑内障のあいだには一定の関係があるという考え方があります。偏頭痛は、頭の側部が痛むタイプの頭痛であり、いわゆる「頭痛持ち」と言われる頭痛ですが、偏頭痛であると緑内障を悪化させる可能性があるというのです。その根拠は、偏頭痛の場合、視神経乳頭とよばれる部分に血流の異常が起きて血液が十分に回らず、その結果として緑内障が悪化するというのです。

偏頭痛の方が必ずしも緑内障になったり、緑内障を悪化させたりするわけではないものの、「緑内障になってから偏頭痛がよりひどくなった」という方もおられるとのことです。偏頭痛の方は緑内障の可能性・悪化には特にご注意されることが重要です。

緑内障で失明しないために―40歳以上の17人にひとりに迫る危機
北沢 克明 柿沢 映子
二見書房
売り上げランキング: 75,499

まとめ:緑内障と頭痛

以上、本文で述べました緑内障と頭痛の関係についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 緑内障は眼圧の上昇により視神経を圧迫することで視力などに重大な障害を及ぼす病気です。そして緑内障のサインとして頭痛が生じることがあります。
  • 急性緑内障の場合、頭痛は頭の側面が「まるで殴られたような」ひどい痛みで現れます。急性緑内障の場合には早急に手術等の対策が必要です。一方で慢性緑内障の場合には頭痛はひとつの症状として把握し、他の症状、特に「外灯の周りに虹の輪が見える」などの症状と合わせて緑内障の可能性を考えることが大切です。
  • 偏頭痛をお持ちの方は緑内障が悪化するのではないかという考え方があります。偏頭痛の方は緑内障の発症・悪化の可能性についてより配慮されることが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment