親知らずによって頭痛が引き起こされる理由と対処方法

歯磨き女性

親知らずを処置せずに放置していると、頭痛を引き起こす場合があります。

なぜなら、親知らずによって歯並びのバランスが崩れ、噛み合わせが悪くなることで頭痛の原因を作ってしまう可能性があるからです。

そのため、現在親知らずがあり、かつ慢性的に頭痛の症状が生じている場合には、親知らずが頭痛の原因となっている可能性を検討することが大切になります。

そこで、本記事では親知らずによって頭痛が引き起こされる理由と対処方法についてご紹介していきます。親知らずと頭痛を両方持っている方は、是非本記事と一緒に、なぜ親知らずによって頭痛が引き起こされるのか、どのように対処すれば良いのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

親知らずによって頭痛が生じる理由

親父らずを放置しておくと、主に「噛み合わせが悪化することで頭痛を引き起こす」ことがあります。

親知らずが生じると、次の様な理由で噛み合わせが悪化する可能性があります。

  • 親知らずの生える方向や位置に問題があり、他の健康な歯の歯並びのバランスを崩す
  • 親知らずが虫歯となり、痛みのない側の歯でばかり噛むようになる

親知らずを処置せずに放置しておくと、上記のような理由から噛み合わせを悪化させる場合があります。そして、歯の噛み合わせが悪くなると、次のような理由で頭痛を引き起こす場合があります。

  • 顎の周辺の筋肉に過度の緊張が与えられ、血行の悪化や炎症を引き起こす
  • 噛み合わせの悪さから体のバランスが崩れ、肩こりや首のハリを引き起こす
  • 噛み合わせの悪さから頸椎に歪みが生じる

これらの理由により、親知らずを放置せず、噛み合わせが悪化してしまうと、頭痛を引き起こしてしまう場合があります。親知らずが生えてきた時期と頭痛が出てきた時期が一致している場合や、肩こりや首のハリなどが見受けられる場合には、親知らずが頭痛の原因であるかもしれないことを考慮して、適切な対処をしていきましょう。

親知らずによる頭痛の対処方法

歯ブラシ

親知らずによる頭痛が生じている場合には、「親知らずを適切に処置すること」によって、頭痛を解消することができると考えられます。

しかし、親知らずを処置する場合には、その他の歯のバランスが崩れないか、抜歯するべき親知らずなのかを専門的な医師に診てもらうことが大切になります。そのため、親知らずの処置を行う場合には、「口腔外科」や「歯科」にかかり、親知らずの状態を診てもらい、抜歯するかどうかの判断をしてもらうようにしましょう。

また、頭痛の原因が親知らずによる体のバランスの歪みであったり、肩こりである場合には、親知らずを処置するだけでなく、姿勢の矯正や肩こりの解消なども同時に実践していくことが大切になります。

そのため、親知らずを抜歯しても頭痛が解消されないという場合には、頭痛外来や脳神経外科にかかり、頭痛の原因を特定してもらい、親知らずによって引き起こされ、もしくはその他の要因によって引き起こされた頭痛の原因を解消するようにしていきましょう。

歯と歯ぐきを守る新常識 歯みがきだけで虫歯や歯周病が防げない本当の理由 (サイエンス・アイ新書)
河田 克之
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 117,856

まとめ:親知らずを放置していると頭痛が生じる場合がある

ここまでで、親知らずによって頭痛が引き起こされる理由と対処方法についてご紹介してきました。

親知らずを放置していると、噛み合わせが悪化してしまい、体のバランスの歪みや肩こりなどの頭痛の原因を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、親知らずが生えてきた時期と頭痛が生じた時期が重なる場合には、親知らずの処置をすることが大切になります。

親知らずの処置にあたっては、口腔外科や歯科にかかり、親知らずやその他の歯の状態を考慮にいれ、適切な処置をしていくことが大切になります。

親知らずと頭痛を同時に抱えて悩んでいるという方は、是非本記事を参考にして頂き、辛い2つの症状を完全に解消できるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment