飲み過ぎによる頭痛の原因物質を効率よく分解する為の5つのポイント

頭痛の女性

楽しいあまりついつい飲み過ぎてしまい辛い頭痛に悩まされた経験をお持ちの方は少なくありません。飲み過ぎて起こる頭痛はきちんとした対処を事前に取る事で防ぐ事が出来ます。

なぜなら、飲み過ぎで頭痛を引き起こしてしまうのには原因があり、その原因を学び避ける事や事前に備える事で飲み過ぎによる頭痛を起こさずに済むからです。

本記事では飲み過ぎによる頭痛がなぜ起きるのかを学び、起きてしまった時の対処を見ていきます。正しい対処法をもとに飲み過ぎによる頭痛を事前に防ぐ方法をご紹介していきます。本記事を参考にしていただき飲み過ぎによる頭痛が起きないように取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

アルコールの飲み過ぎで起きる頭痛のメカニズム

頭痛の男

アルコールの飲み過ぎで頭痛が起きるメカニズムは、血中に毒性のあるアセトアルデヒドが残ってしまうことにより脳内の血管付近の神経が刺激されることにより起こります。

アセトアルデヒドは肝臓でアルコールを分解したときに出来る成分で毒性があります。通常アセトアルデヒドはさらに毒性の無い水、酢酸、二酸化炭素に分解されるのですが、水分が足りず分解しきれない場合や一度に大量のアルコールを取った場合は分解が追い付かず血中にアセトアルデヒドが残ります。

アルコールの飲み過ぎで起こる頭痛を改善したり防ぐためには毒性のあるアセトアルデヒドをいかに効率よく分解するかにかかっています。

飲み過ぎによる頭痛の原因物質を効率よく分解する為の5つのポイント

ここまでアルコールの飲み過ぎが引き起こす頭痛のメカニズムを学んできました。アルコールの飲み過ぎによる頭痛を早期に解消したり、予防する為にはアルコールが分解されて出来る毒性を持つアセトアルデヒドを効率よく分解する事が大切になってきます。

また飲み過ぎにならないように気を付けることはとても大切なことですが付き合い上やむをえず飲み過ぎてしまう事もありますので、飲み過ぎによる頭痛を予防したり、早期に改善するために出来る事をご紹介していきます。

  • 大量の水分をとる
  • 分解できていないアルコールを体外に出す
  • 肝機能を強化するビタミンB1をとる
  • 体内の酵素の働きを促進する良質のたんぱく質をとる
  • アセトアルデヒドの分解を助ける食べ物をとる

①大量の水分をとる

アルコール摂取で非常に大切になってくるのは水分を十分にとることです。アルコールを摂取すると分解する為に沢山の水分が必要になります。また利尿作用により体内の水分が減る傾向にありますから益々水分補給は大切になります。

水分補給はアルコール摂取前でも、摂取中でも、後でも非常に効果がありますので常に多めに水分補給をするようにしましょう。

②分解できていないアルコールを体外に出す

飲み過ぎた際分解できていないアルコールを吐いて体外に出してしまうのはアセトアルデヒドを血中にためずにすむので非常に効果があります。

特に急激に大量のアルコールを摂取してしまった場合はアルコールに強い体質、弱い体質に関係なく急性アルコール中毒になってしまう危険性があります。アルコールは脳を麻痺させてしまう物質ですので、大量に摂取した際は出来るだけ早く体外に出してしまいましょう。

③肝機能を強化するビタミンB1をとる

ビタミンB1には肝機能を強化する作用があります。ビタミンB1を多く含む食材は色々あります。特に豚肉に多く含まれています。豆類では大豆や枝豆に多く含まれています。アルコールを飲む前にこれらの食材をとっておくのも効果があります。

ビタミンB1はアリシンというニンニクや玉ねぎに含まれている成分と一緒に摂取すると効率が良いので工夫してみましょう。またビタミンB1やアリシンを手軽にとれるサプリメントもあります。上手に利用してもよいでしょう。

④体内の酵素の働きを促進する良質のたんぱく質をとる

飲酒前に良質のたんぱく質をとっておくのは体内の酵素の働きを助けてくれるので効果があります。良質のたんぱく質は牛乳、豆腐、豆乳、納豆などに含まれています。空腹時にアルコールをとると胃や肝臓に大きな負担になり正常な働きが難しくなりますので、空腹時にアルコールをとらないためにも事前に良質のたんぱく質を含んだ食事をしておくようにお勧めします。

⑤アセトアルデヒドの分解を助ける食べ物をとる

食べ物の中には毒性のあるアセトアルデヒドの分解を助けてくれるものや、利尿作用で体内の血中アルコール濃度を下げてくれるものなどあります。

昔から言われている酔い覚ましには柿を食べるとが効果があると言われるのも、柿に含まれているカタラーゼという酵素がアセトアルデヒドの分解を助けるからです。

大根おろしもアルコールをとった後に食べると良いとされている食べ物ですがこれは大根の皮に多く含まれているビタミンCが肝臓の働きを助けるからです。ビタミンCを多く含む果物やジュースも同じように効果が期待できます。

イカ、タコなど魚介類にはタウリンという成分が多いのですがタウリンも肝臓の働きを助けてくれます。また肝臓の解毒を助けてくれます。

アルコールを摂取する時にはこのような食材を事前にとったり、アルコールと一緒にとる事によってアセトアルデヒドの分解を促進する事が出来ます。

ウコンの力ウコンエキスドリンク 100ml×6本
ハウスウェルネスフーズ (2013-10-07)
売り上げランキング: 3,197

まとめ:飲み過ぎ時の頭痛の原因アセトアルデヒドを効率よく分解する

ここまで、アルコールの飲み過ぎによって引き起こされる頭痛についてメカニズムと対処法、予防法を合わせてみてきました。様々な工夫により飲み過ぎ時の辛い症状を改善する事が出来ます。最後にもう一度、毒性のあるアセトアルデヒドを効率よく分解する為のポイントを確認しておきましょう。

  1. 大量の水分をとる
  2. 分解できていないアルコールを体外に出す
  3. 肝機能を強化するビタミンB1をとる
  4. 体内の酵素の働きを促進する良質のたんぱく質をとる
  5. アセトアルデヒドの分解を助ける食べ物をとる

本記事で学んだことを活かし、飲み過ぎた後の頭痛をなるべく早期に解消できるように工夫してみてください。日頃から飲み過ぎによる頭痛の予防について知っていれば、辛い症状になる前に回避する事が出来るようになります。本記事を参考にしていただき楽しいお酒になるように工夫してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment