妊娠後期の頭痛の原因と対策

妊婦

 

これまで頭痛なんかなかったのに、という方でもなるくらい、妊娠中の頭痛はよくある症状です。逆に頭痛持ちのだったのに妊娠をきっかけに治ったという話も聞きます。妊娠中の頭痛は女性ホルモンやストレスが原因で起こると考えられます。ただ危険な病気の可能性もあり、こちらは早急に治療が必要です。

こちらでは、妊娠後期の頭痛の原因と対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の頭痛

初期・中期・後期を通しての頭痛

うつむく女性

妊娠中の頭痛は、つわりと同じくらいよくある症状です。原因はホルモンバランスの乱れとか、ストレスだとか言われています。今まで頭痛持ちでなかった人も、妊娠をきっかけに急に痛みだすようですね。中には、天気に左右されるという人もいるようです。

片頭痛
こめかみあたりが脈打つようにズキンズキンと痛むのが特徴。脳の血管が拡張して血流が増加し、神経を刺激することで起こります。頭の左右のどちらかが痛くなりますが、両側が痛くなる人もいます。女性ホルモンのエストロゲンの影響や遺伝的傾向があり、寝込んだり、吐き気やおう吐を伴うなど生活に支障をきたす人も多いです。

緊張型頭痛
肩こり、首のこり、目の疲れ、歯の噛み合わせなどからくる頭痛で、頭がギューギューと、締め付けられるような痛みになります。原因となっているものを解消すると、頭痛もおさまるようです。肩こり、首のこりからくるものは、血流が悪くなっているので、日頃から、無理のない運動をして、血流をよくしておくといいようです。高すぎる枕も頭痛の原因になるので注意してください。

妊娠後期の頭痛

妊娠後期の時期、すなわち臨月の時期は、妊婦さんの身体にも大きな変化が見られます。一般的には『頭痛がする』『吐き気がする』『食欲が異常に増す』などの様々な症状が起こります。これは当然、出産の準備を身体がしているため、正常な反応なのです。

鉄分不足による片頭痛

この臨月の時期は、胎児が酸素不足にならないように母体からどんどん鉄分が送られます。そのため、妊婦さんは『鉄分不足』に陥ってしまうのです。鉄分不足になると出てくる症状の一つに頭痛があります。これは片頭痛と考えられます。

鉄分が不足していると、血液中のヘモグロビンの生産量が少ない状態になります。すると、十分な酸素が身体に行き渡らないために貧血(=脳の酸欠状態)に陥ってしまうのです。この鉄分不足の状態、他にも『疲れやすさ』『めまい』『立ちくらみ』『動機・息切れ』などを引き起こす危ない状態です。

対策方法
痛くなってしまったら、痛む場所を冷やし部屋を暗くして横になりましょう。お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物を飲むと効果があると言われていますが、妊娠中なので、摂ったとしても、少量に抑えたいですね。

  • 睡眠不足を避ける
  • ストレスを溜めない
  • チョコレート・チーズ・ハム・ソーセージを摂らない
  • ほうれん草やレバーなどで鉄分を摂取する

水分不足による緊張性頭痛

臨月手前までは日頃から吐き気が多くなり、あまり物を食べられない状態が続くかもしれません。きちんと水分は取っていますか。吐き気がするからといって、水分を十分に取らないと血液がドロドロになります。その結果血流が悪くなり、頭痛を引き起こすことがあります。こちらは緊張性頭痛です。

対策方法
たとえ吐き気で食べられなかったとしても、水分だけはしっかり取らないといけません。温めたりして、基本的に血流をよくしてあげることが大切です。また、医師と相談の上、腕を伸ばすストレッチ・マタニティーヨガ・マタニティースイミングなど軽い運動を取り入ても良いでしょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)による頭痛

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の主な症状にははむくみ、たんぱく尿、高血圧があります。そのほか手指がこわばる、しびれる、1週間で500g以上の体重増加といった症状が出ることがあります。さらに重症になると、全身のむくみ、頭痛、目の前の閃光感などがみられることもあります。妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にかかると、子宮や胎盤を流れる血液の量が減少し、胎盤のはたらきが悪くなるため、胎児の発育に影響を及ぼし、早産、未熟児などの原因となることがあります。また、時によっては肺水腫、常位胎盤早期剥離、脳出血などの母体の生命にも関わる症状を引き起こすこともあります。

原因ははっきりしたことはわかっていませんが、妊娠という負担に対して、妊婦のからだがうまく適応できないために発症すると考えられています。したがって、負担の大きい多胎妊娠のとき、高血圧や腎臓病、糖尿病などの合併症のある人がかかりやすいとされています。

治療法と対策方法
安静と食事療法が原則となります。なるべく横になるようにし、食事療法では減塩、高たんぱく、低カロリーの献立を心がけるとともに、脂肪は植物性を中心とし、糖分も減らします。軽症では、このような治療で治ることが多いのですが、家庭で安静にすることがむずかしい場合や、重症の場合では、入院が必要となります。

まとめ:妊娠後期の頭痛の原因と対策方法

妊娠後期は、妊婦さんの身体にも大きな変化が見られます。頭痛がするのは出産の準備を身体がしている為とも言えます。妊娠後期の頭痛についておさらいしておきましょう。

  • 鉄分不足による片頭痛
  • 水分不足による緊張性頭痛
  • 妊娠高血圧症候群による頭痛

この記事を参考に、頭痛を解消してくださいね。もし酷いようなら、医師に相談して妊娠中でも安全な薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment