妊娠の兆候で現れる頭痛の原因と対処法

広告ロゴ
親子像

妊娠したかもしれないと思われる時期には、身体がさまざまなサインを出します。その中でも特に辛い症状に頭痛があります。しかし、頭痛が起こると妊娠ではなく、風邪や疲れではないかと判断しがちです。では、なぜ頭痛が妊娠の兆候の一つとして現れるのでしょうか。それぞれの原因別に対処法も紹介しますので、妊娠の可能性のある方は参考にしてください。

スポンサーリンク

身体が冷たくなることで起こる頭痛

女性

妊娠すると体温が高くなります。すると、急に体温が上がることで、外気温との差が生まれた分気温が低いと感じてしまい、身体が冷たくなるということが起こります。身体が冷たくなると、血流が悪くなって上手く全身に血が回らなくなりますので、頭痛が起こるということがあります。

この場合の対処法としては、身体を冷やさないような食べ物や飲み物を摂取するということが挙げられます。身体の中から温めて、できるだけ冷えが起こらないようにすることが大切です。冷たい飲み物ばかりを飲むのではなく、温かい飲み物を飲むように心がけましょう。身体を温める食べ物の例としては、ニンジンやにら、ねぎ、かぼちゃ、にんにく、しょうが、トウガラシ、もも、りんご、梅、牛肉、鶏肉、羊肉、イワシ、さんま、鮭、エビなどが挙げられます。

また、手袋や靴下を身につけるなどして、手足が冷えないように工夫しましょう。体温が上がっていると一時的には暑いと感じるかもしれませんが、時間がたつにつれて外気温との差を感じ取って寒く感じるようになります。

入浴後の湯冷めにも注意しましょう。湯船に浸かってしっかり温まった後は、身体が冷えないように身体や髪をしっかり乾かし、薄着になりすぎないようにするといいです。湯冷めをしないようにすることも頭痛対策になります。

貧血による頭痛

妊娠の兆候としてよく見られる症状に、貧血があります。貧血から頭痛が起こるということもあります。貧血になると、体内の血液が少なくなってめまいや吐き気、頭痛などが起こります。貧血がひどい場合には、知らないうちに倒れていたということもあります。妊娠していると身体へのダメージが胎児に影響する可能性がありますので、貧血で倒れると母体だけでなく、赤ちゃんにもダメージがありますので、避けたいものです。

貧血への対処法については、鉄分が多い食べ物を摂取するということが挙げられます。鉄分が多い食べ物の例として、肉類では豚や鳥、牛などのレバーや赤身の肉、魚介類ではカキやシジミ、アサリなどの貝類やイワシ、煮干し、青魚が挙げられます。野菜では、ひじきや青のり、パセリ、ほうれん草、海藻類、大豆などがあります。ただし、野菜や海藻の鉄分は吸収率が低いので、より吸収率を上げるには、食後にかんきつ類の果物を食べるといいです。

また、適度な運動も大切です。妊娠をすると激しい運動は避けたいですが、まったく動かないのもよくありません。動けそうな時には軽くウォーキングをするなどして適度に身体を動かすようにしましょう。

十分に休息や睡眠をとるようにしましょう。妊娠すると胎児の成長や出産に備えて、体内の血液量が増加し、胎児へ栄養や酸素が与えられます。体内の栄養分は自分の身体だけでなく、赤ちゃんにも回っていきますので、過度に動いてしまうと栄養不足に陥ってしまいます。自分の身体とよく相談しながら、十分に休息や睡眠をとって過ごすようにしましょう。

つわり

妊娠の兆候として分かりやすいものに、つわりがありますが、これにもさまざまな症状があります。気持ち悪くなって吐き気をもよおすというイメージが強いですが、つわりにはめまいや頭痛という症状もあります。つわりは、ホルモンバランスの変化や体質が大きく影響して起こりますので、症状が治まるまでには時間がかかります。

つわりでの頭痛についての対処法は、頭痛が起きた時に患部を冷やすということが挙げられます。保冷材にタオルを巻いたものや、冷却シートを利用して頭痛を和らげましょう。

また、栄養不足になっていると頭痛が悪化するということもありますので、食べられそうなものを見つけて食べるようにしましょう。サプリメントを利用することもいいでしょう。頭痛が治まるまで時間がかかりますので、休みをはさみながらゆったり生活することを心がけましょう。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris 竹内 正人
永岡書店
売り上げランキング: 845

まとめ:対処できるものは工夫して、無理せず生活しよう

妊娠の兆候で現れる頭痛にも、原因がさまざまあります。しかし、妊娠の兆候によって頭痛が起こっているということは、元気に赤ちゃんが育っているとも言えます。頭痛が起こると辛いものですが、対処法も試して無理せず生活するようにしましょう。あまりにも頭痛がひどいときには、医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。