日光による頭痛の4つの原因と対処方法

昼

春先から日差しが強くなってきます。日光による紫外線の量は5月をピークに迎え、8月には再上昇します。そんな外に出る機会が増えてくる季節に頭痛が酷くなることはありませんか。

日光が原因の頭痛はひとつではありません。

たかが日光だと思い、大したことはないと思って適切な対処をしなければ、症状が悪化し、つらい思いをしなければいけなくなるかもしれません。そこで、日光による頭痛の原因と対処法を4つご紹介していきます。

スポンサーリンク

日光がもたらすもの

日光

日光に含まれる紫外線は、皮膚に存在するエルゴステロールをビタミンDに変化させる機能を持っており、骨を丈夫にする作用があります。また、日の光が体内時計の調整を行い、自律神経を整える、熱により新陳代謝や体温機能調節を活発にさせるといった効果があり、日光は私たちの生活に欠かせないものです。

しかし、現代では日光が様々な疾患の原因にもなると言われてきました。特に最近は、太陽の紫外線を長時間浴びることが皮膚や免疫系などの疾患につながるとも言われており、UVケアの重要性が見直されています。

その中でも「日光がおこす頭痛」というものは一体何なのでしょうか。

日光がおこす頭痛①日光アレルギー

日光にあたると、皮膚にかゆみの伴った湿疹が出る人は日光アレルギーに注意が必要です。春夏といった紫外線の多い時期や太陽光の下にいるときに、皮膚のかゆみの他にも頭痛、吐き気、腹痛、下痢といった体調不良がおこる場合、日光にアレルギー反応をおこしている可能性が高くなります。

症状が出たときには、皮膚科やアレルギー科を受診しましょう。そして、日傘や帽子、サングラスといったものを使いできるだけ日光を避けます。家では遮光性の高いカーテンを使うのもいいでしょう。アレルギーを治すには体質改善も有効とされています。睡眠時間や食生活といった部分を見直すことも大切でしょう。

日光がおこす頭痛②偏頭痛

偏頭痛は慢性的な頭痛で、日光の刺激により症状が出ることがあります。脳の血管が急に拡張し脈拍のようなリズムでズキズキと痛みます。視野が欠ける、吐き気やめまい、耳鳴りなどが出ることもあります。光や音の刺激に敏感になるのも特徴です。

光や音などの刺激の少ない環境で休む必要があります。頭を冷やして横になりましょう。適度な糖分摂取や規則的な生活習慣で症状が出にくくなることもあります。偏頭痛の因子となりやすいチーズ、チョコレート、赤ワインを避け、症状が酷いようなら病院で予防薬や治療薬を処方してもらいましょう。

日光がおこす頭痛③日射病

日射症は熱中症の一部で、頭や首が直射日光でさらされているときに発症しやすい疾患です。直射日光による血管拡張が循環血液の異常をもたらし、頭痛、めまい、吐き気などの症状が出ます。発汗は多くても皮膚の温度は高くなく、血圧が低い状態です。

日光の当たらない涼しいところで安静にします。身体を冷やすほかに水分と電解質を補給する必要があるため、塩分と水分を摂取します。スポーツドリンクや経口保水液などで代用しても構いません。

症状が重くなると、熱射病へ移行して痙攣や意識障害をおこす危険性もあります。なかなか症状が改善しないときや症状が酷いようなら早急に病院へ連れて行きましょう。

日光がおこす頭痛④眼精疲労

パソコンに長時間向かっているときにおこりやすい疾患ですが、日光による明るさが眼精疲労の原因になることもあります。特に雪による反射の多い場所にいる人や、目の色素が薄く刺激に弱い人がなりやすいようです。目のかすみや充血といった目の症状の他にも頭痛、めまい、吐き気、胃痛、便秘といった症状が出ることもあります。

光を直接目に入れないようにサングラスをしたり、作業をするときは直射日光が当たらないよう、ブラインドやカーテンを使って目に入る光を調節しましょう。コンタクトやメガネが合っているかのチェックや、目薬、マッサージなどをして目の疲れをとりましょう。ドライアイ、緑内障などの疾患がある場合は治療する必要があります。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,560

まとめ:日光と適切な関係で頭痛をなくそう

ここまでで日光がおこす頭痛の症状と対処法をご紹介してきました。日光が原因でおこる頭痛は下記の4つです。

  • 日光アレルギー
  • 偏頭痛
  • 日射病
  • 眼精疲労

これらはそれぞれ対処方法が異なります。原因に合わせた処置をしていきましょう。

頭痛は誰でも一度は経験したことがあるほど身近な疾患です。それゆえに頭痛の因子となるものは私たちの周りの些細なことであったりします。全く日光を浴びない生活もできませんが、直接日光にあたらないように心がけたり、反応しにくくなる身体を作ることで頭痛などの不快な症状を緩和することができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment