熱中症による頭痛の原因と対処方法

太陽

夏の暑い日、なんだか頭が痛くて調子が悪い…それは熱中症の症状かもしれません。頭痛は熱中症の症状の中でも中等度の病院受診が必要な症状です。

しかし、この程度で病院に行っていいのだろうか、これは本当に熱中症だろうかと考えてしまい、処置が遅れ熱中症が重症化してしまう方が多くいます。頭痛というサインを見逃さず、適切な処置ができるよう熱中症による頭痛の症状、原因、対処法をお伝えします。

少しでも熱中症による頭痛かな、と思ったら症状を確認し、適切な処置を行いましょう。

スポンサーリンク

熱中症による頭痛の原因

頭痛

熱中症になるとなぜ頭痛がおきるのでしょうか?

それは熱中症による脱水症状が原因です。脱水状態になると、脳の血管も水分不足になってしまい萎縮して脳圧が低下してしまいます。脳圧が低下すると、体の内側と外側の圧力に差が生じます。それが頭痛という症状として表れるのです。

頭痛の原因となる熱中症の症状

頭痛が起きてもそれが熱中症によるものなのか、判断するのは難しいですよね。

熱中症の症状をご紹介しますので、当てはまるものがないか確認し、頭痛の原因が熱中症であるか判断しましょう。熱中症の症状は程度によって軽度、中等度、重度と3つに分かれています。
軽度

  • 大量に汗をかく
  • 呼吸数、脈拍の増加
  • 顔が赤くなる
  • 軽いめまいやたちくらみ
  • こむら返り
  • 筋肉痛や筋肉の硬直
  • 軽い頭痛
  • 軽いめまいやたちくらみ
  • こむら返り

中等度

  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 顔面蒼白
  • 倦怠感、虚脱感

重度

  • 意識障害
  • 痙攣
  • 汗をかかなくなる
  • 自力で水分を取れない
  • 応答が鈍くなる
  • 脈拍が弱くなる

上記のような症状がみられれば、頭痛の原因は熱中症である可能性が高いです。

頭痛は中等度に含まれます。中等度の症状がある場合は、応急処置を行い必ず誰かが見守りましょう。症状が改善しなければ病院へ移しましょう。重度の場合すぐに救急車を呼び病院へ移しょう。

熱中症による頭痛の対処法

熱中症による頭痛を治すには、根本的な原因である熱中症及び脱水症状を解消する必要があります。熱中症と脱水症状には次のような対処法があります。

涼しい場所へ移動する

屋外の場合大きな木の下など、日が当たらず風通しのよい場所へ移動します。屋内の場合クーラーの効いた涼しい部屋へ移動します。その際、扇風機やうちわなどを使い、なるべく風通しを良くしましょう。

衣服をゆるめる

体が楽になるように、衣服のボタンやベルトをゆるめます。靴や靴下も熱がこもるので、脱がします。可能であれば、上に着ているズボンやシャツも脱がした方が良いです。その際、直射日光が当たらないように気をつけましょう。

体を楽な姿勢にする

足を高くし、なるべく楽な姿勢にします。嘔吐している場合は、嘔吐物で窒息する危険があるので仰向けにはしないようにしましょう。

体を冷やす

首、脇の下、鼠径部を氷やぬらしたタオルで冷やします。

水分補給をする

熱中症による頭痛の原因は脱水症状ですから、水分補給はとても大事です。
水分補給には次のような飲み物が適しています。

  • スポーツドリンク
  • 経口補水液
  • カフェインを含まない麦茶など

スポーツドリンクは必要なミネラルなど電解質を含まれているのでおすすめです。」ジュースや炭酸飲料は避けましょう。塩は体内に水分を留めておく働きがあるので、一緒に摂取すると良いでしょう。

頭痛の原因である熱中症の脱水症状の予防法

これまでに熱中症による頭痛の対処方法をご紹介しましたが、できれば熱中症による頭痛は起こしたくありませんよね。

今度は頭痛の原因である熱中症と脱水症状の予防法をご紹介します。

普段から水分の多いものを飲食する

普段から野菜や果物など、水分の多いものを積極的に摂取しましょう。コーヒーなどカフェインを含むもの、アルコールなどは利尿作用があり、脱水を起こしやすいので気をつけましょう。

水分はこまめにとる

  • 少量ずつ数回にわけて飲む
  • 運動を始める30分前に、250ml~500mlを何回かにわけて飲んでおく
  • 運動中は20分~30分ごとに一口~200ml程度飲む
  • 運動後は減った体重分を何回かにわけて飲む
  • 喉が渇く前に水分をとるよう心がける

普段から水分摂取を意識し、熱中症によるつらい頭痛が起きないよう予防しましょう。

大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター 500ml×24本
大塚製薬 (2013-04-08)
売り上げランキング: 312

まとめ

ここまで熱中症による頭痛の原因、対処法、予防法をご紹介しました。もう一度まとめて確認してみましょう。

熱中症による頭痛の原因

  • 熱中症による脱水症状が原因

熱中症による頭痛の対処方法

  • 涼しい場所へ移動する
  • 衣服をゆるめる
  • 体を楽な姿勢にする
  • 体を冷やす
  • 水分補給をする

熱中症による頭痛の予防法

  • 普段から水分の多いものを飲食する
  • 水分をこまめにとる

上記の方法を参考に、熱中症による頭痛を正しく判断し、対処してください。
また症状が治まらない場合などは、すぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment