くも膜下出血の可能性も!寝違えで起こる頭痛の原因と対策

首をおさえる男性

 

寝違えて首が回らないとツラいですよね。しょっちゅう寝違えるという方、原因を知っておく必要があります。枕が合っていないことやストレートネックが原因かもしれません。また、寝違えの首の痛みはくも膜下出血で起きる首筋の痛みとよく似ています。寝違えでひどい頭痛があったり目の奥が痛むときにはすぐに病院に行く必要があります。

こちらでは、寝違えで起こる頭痛の原因と対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

寝違えと頭痛

寝違えとは

首をおさえる女性

寝違えとは、首や背中に持続的な負担が加わって筋肉が炎症を起こしている状態になります。普段の生活で、寝ている時に不自然な姿勢で寝てしまうことがあります。そういった場合、大抵は寝返りを打って体勢を変えたりするのですが、そのまま眠り続けてしまうパターンもあります。それが筋肉に持続的に負荷をかけることになり炎症を起こさせてしまうのです。そのまま朝を迎えるので起きた時に、朝起きたら首が痛くなってきました、という状態になります。

寝違えの原因

この炎症は寝ている時の不自然な姿勢が原因になります。普通ならば寝返りを無意識に打つことでこの不自然な姿勢を回避しているのですが、寝返りが出来ない時に首に負担を受けます。可能性として最も多いのが酔っぱらったときです。酔った状態だと完全に熟睡してしまうので寝返りを打つことがありません。また枕が体に合っていないことも考えられます。枕は頭の位置を頚部の筋肉が一番リラックスできる状態にするための物ですが、高さが合わないと逆に不自然な緊張を頚部に与えてしまうこともあります。最近増えているストレートネックも原因として考えられています。

ストレートネック

ストレートネックとは頸部への負担が継続的にかかる事によって頭痛や定期的なめまい症条、肩こり症など様々な症状を発症する慢性系の首の障害です。正常な人の首の前湾角度は、30~40度ですが、ストレートネックの人の首はは30度以下です。慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の生理的なカーブが失われ、ストレートネックになります。長時間のパソコン作業はもっとも代表的な原因です。「スマホ症候群」とも言われ、携帯電話の長時間の操作も原因になります。その他にも、意外と多いのが過度の姿勢矯正をしている人です。(バレエや社交ダンスなど)繰り返す寝違えに悩む人はこれが原因である可能性があります。自分でできる簡単な鑑別方法は、『上を向き難い』ことです。

寝違えと頭痛

症状としては頚部の痛みの他に頭痛や吐き気が現れることもあります。なぜそのような事が起るかと言うと、首に持続的な負荷がかかることにより筋肉の炎症だけではなく、首の骨のズレも起ることがあるからです。首の骨がズレることで神経が圧迫されてしまったり、筋肉が緊張してしまうことで血管を圧迫し、頭に血がうまく通えなくなったりしてしまうことが起こります。

重度の場合でも安静にしていれば大抵は一週間くらいで回復してくることが多いですが、なかなか痛みが改善しなかったり、症状の悪化が見られる場合には病院を受診してください。内臓の問題により寝違えの症状が起きることもあるので内臓の疾患がないかどうかをチェックしてみることをお勧めします。

寝違えとよく似た病気「くも膜下出血」

くも膜下出血とは脳の周りにある血管が切れる脳血管障害のひとつです。くも膜下出血の代表的な症状はひどい頭痛です。頭痛だけなら寝違えとそれほど共通点はありませんが、実はくも膜下出血が起きたときには首筋の後ろ側が痛むという症状が出やすいです。くも膜下出血の死亡率は40%、残りの60%のうち半分は日常生活に支障をきたす後遺症を引き起こします。寝違えでも目の奥の痛みや頭痛が共存している場合は病院へ行ってください。

寝違えと頭痛の対処方法

アイシング

基本的な処置としては、患部の炎症を抑えるためのアイシングや氷嚢を当てると良いでしょう。間違っても痛みの出初めに温めたりしてはいけません。違和感があるぐらいであればマッサージやホットタオルなども効果がある場合もありますが、痛みが出てしまっている段階では、すでに炎症を起こし始めていますので、血行を促すマッサージやホットタオルは炎症をより悪化させて逆効果です。

ツボ押し

合谷は、「親指」と「人差し指」の「間」にあるツボです。親指と人差し指を大きく開いてつまむと「ピリピリした痛み」を感じるところ、ここが「合谷」です。とくに寝違えによる頭痛がひどい場合は、この合谷のツボは威力を発揮します。

ストレートネック対策のストレッチ

もしストレートネックが原因だとわかったら、解消する為に軽いストレッチを取り入れてみましょう。首や腰に痛みがある方は無理をしないように。

胸を開いて肩甲骨をリセット
肩甲骨の間の筋肉を緊張させるように胸を反らしていく。息を吐きながら、同時に首も後ろに反らす。5回が目安。

腕を上げて猫背をリセット
椅子に座ったまま、両手をあげて息を吐きながら腕も後ろに反らす。椅子の後タオルなどをはさむと効果的。5回が目安。

腰・背中のリセット
就寝前に腰と背中をリセットしましょう。床に腕を曲げて腹ばいになり息を吐きながら、お腹を伸ばしていく。初めは肘が軽く曲がる程度で、徐々に肘が伸びるまで行う。5回が目安。

体の痛みの9割は首で治せる!  角川SSC新書 (角川SSC新書)
三井 弘
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 52,251

まとめ:寝違えで頭痛が起こった場合の対処方法

寝違えは首や背中に持続的な負担が加わって筋肉が炎症を起こしている状態です。さらに首の骨がズレることで神経や血管を圧迫し、頭痛が起こります。対処方法をおさらいしておきましょう。

  • アイシング
  • ツボ押し
  • ストレートネック対策のストレッチ

寝違えの首の痛みはくも膜下出血で起きる首筋の痛みとよく似ています。寝違えでひどい頭痛があったり目の奥が痛むときにはすぐに病院で検査を受けてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment