頭痛と耳鳴りの同時発生は重大な病気のサインかも?

耳掃除するカップル

頭痛に長い間悩まされておられる方は、それだけでもつらい症状ですよね。でもそれにプラスして、耳鳴りまでするようになったなら、不快感はさらに増大します。
今まで頭痛や耳鳴りを経験したことのなかった方が、いきなり同時にこれらの症状を発症したなら、しんどいだけでなく、非常に不安に感じることでしょう。

頭痛と耳鳴りを同時に発症したのであれば、それは何かの重大な病気の兆候かもしれません。それで、現在頭痛や耳鳴りの症状を持っておられる方もそうでない方も、この症状に関してある程度の知識を持っていることが必要でしょう。

そこでこの記事では、頭痛と耳鳴りの症状を同時に発症した場合に、どのような病気を疑うべきなのか、可能な限り紹介させていただきたいと思います。是非ご自分の健康状態を診断するための参考になさってください。

スポンサーリンク

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気

頭痛の女性

頭痛や耳鳴りを伴う病気はたくさんあります。しかし、頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合はある程度可能性のある病気をご自分でも絞ることができることでしょう。この記事では、そのような頭痛と耳鳴りを同時に発症する病気についてご紹介してみたいと思います。

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気その1:高血圧

高血圧の症状をお持ちの方は、頭痛と耳鳴りを同時に発症すると言われています。高血圧は脳内の血管が急激に広がってしまいそれによって頭痛が発生すると考えられています。

また耳鳴りは耳に周囲の血管が高血圧によって固くなってしまうために、血流が流れにくくなりその音が耳鳴りとして聞こえると考えられているようです。

高血圧に対する対処法はもちろん病院で診察してもらうことですが、普段の生活習慣を改善しなければならないことが少なくありません。塩分を避け、適度に運動して、高血圧を予防し治していきましょう。

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気その2:顎関節症

この病気はあごの関節の負担やストレスによって引き起こされると言われています。

頭痛と耳鳴りがして、あごを動かすと音がして、あごから耳にかけて痛みが走るようであればこの病気を疑いましょう。

この場合の病院は歯科に行くのが一般的です。あごの運動をしたり、薬で炎症を抑えたりします。頭痛と耳鳴りがして、プラスあごが痛い場合はすぐに歯科医に診察してもらいましょう。

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気その3:三叉神経痛

頭痛と耳鳴りの症状があり、額や目、頬、あご、歯茎に痛みを感じるのであれば、それは三叉神経痛の可能性があります。

三叉神経痛は頭痛といってもおもに顔の痛みがひどくなると言われています。ひどい症状の方ですと、顔の痛みで歯が磨けなくなり、会話もままならず、自殺を考える方もおられるようです。これは最も深刻な場合のようですが、神経痛はストレスが原因の場合が少なくありません。症状に心当たりがおありでしたらすぐに病院へ行きましょう。

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気その4:耳性帯状疱疹

頭痛や耳鳴りの症状が出たならそれは耳性体状疱疹かもしれません。

耳性体状疱疹とは、以前に水痘やみずぼうそうにかかった際に、神経系に住み着いたウイルスが再び活性化することで起きると言われています。頭痛や耳鳴りに加えて、顔面神経麻痺、耳に水疱ができるなどの症状を伴います。特に顔面神経麻痺は後遺症を引き起こすことがあるので、気になる症状があるなら早めに耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気その5:硬膜動静脈流

頭痛と耳鳴りが同時に起きる症状は、硬膜動静脈流かもしれません。

この病気は動脈と静脈が何かの原因でつながってしまう病気です。そのため動脈から静脈に強い圧力がかかるため、出血してしまったり、脳圧が上がってしまったりします。頭痛と耳鳴りに伴って目の充血や痙攣、場合によっては脳出血の症状を起こすことがあります。疑わしい場合は早めに病院へ行きましょう。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 914

まとめ:頭痛と耳鳴りが同時に起きたら重大な病気のサインかもしれません

頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の疑わしい病気についていくつかご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

こうして考えてみると、頭痛と耳鳴りの症状が同時に起こった場合は、重大な疾患の可能性が高いことがわかるのではないでしょうか?もちろんここに挙げた病気が頭痛と耳鳴りを同時に発症した場合の答えとなるわけではないことでしょう。しかし、疑うべき理由は大いにあります。このような症状が表われたのなら、なるべく早く、病院で診察するようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment