一日で失明する危険もあります!眉間が痛む頭痛の原因と対策

頭痛の女性

 
眉間の奥の方が痛む症状を眉間頭痛と呼びます。目の近くであっても目が原因とは限らないようです。眉間頭痛の原因としては片頭痛や副鼻腔炎、眼精疲労、危険なものでは緑内障といったものが挙げられます。閉塞隅角緑内障にかかると一日で失明してしまうこともあるようです。たかが頭痛と侮ってはいけません。

こちらでは、眉間が痛む頭痛の原因と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

眉間が痛む頭痛

眉間頭痛とは

頭痛の女性

眉間の奥の方が痛む症状を眉間頭痛と呼びます。眉間頭痛の原因としては
片頭痛や副鼻腔炎、眼精疲労、危険なものでは緑内障といったものが挙げられます。それぞれ特徴があるので、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

片頭痛

女性に多く、こめかみあたりが脈打つようにズキンズキンと痛むのが特徴。脳の血管が拡張して血流が増加し、神経を刺激することで起こります。寝込んだり、吐き気やおう吐を伴うなど生活に支障をきたす人も多いです。

原因
ストレス、人ごみ、寝不足や眠りすぎなどがきっかけで、頭の血管の周りにある「三叉神経」が刺激され、脳血管を拡張する痛み物質が出ることによって頭痛が引き起こされると考えられます。女性ホルモンの影響や遺伝的傾向があります。

症状

  • こめかみを中心に、脈打つようにズキンズキンと痛む
  • いったん痛みが起こると数時間~3日ほど続く
  • 吐き気やおう吐を伴ったり、音や光、においに敏感になる
  • 頭を振ったり体を動かすと痛みがひどくなる
  • 生あくびが出る、キラキラするものが見えるなどの前ぶれ症状がある

副鼻腔炎からくる頭痛

鼻の穴の周囲にある空洞、副鼻腔に細菌などが入ると炎症を起こし、鼻汁や鼻づまりなどの不快な症状をくり返すことを副鼻腔炎と言います。軽度なら症状が自然に治まることも。しかしこじらせると副鼻腔の炎症による蓄膿、気圧の変化によって顔面痛、頭痛が生じます。炎症を起こしている部位により、目の奥、眉間、こめかみ、頬部(上奥歯付近)、また頭のてっぺんや後頭部に痛みを感じる人もいます。

原因
風邪や花粉、ハウスダストなどで鼻炎の症状が長引く事で発症するケースが多いです。鼻の防御機能が低下することで原因菌が副鼻腔内に侵入し、炎症を起こすからです。副鼻腔炎に至る原因は、他の病気、体質、鼻の歪みなど様々で、複数重なり合って生じる場合もあります。

症状

  • 頭を下げる(下を向く)と痛みが出る
  • 眉間や頬を軽く叩くと響くように痛む
  • まれに激しい顔面痛、圧迫痛がある

眼精疲労

眼の疲れと言ってもその症状には、物がぼやける、眼の奥の痛み、ドライアイ、涙が出やすくなる、と言った様々な物があります。また、眼の疲れが原因で頭痛、肩こり、眉間付近の痛み、めまい、吐き気、倦怠感などを引き起こす場合もあります。

原因
原因は人によって様々ですが、大きく分けて、目そのものに問題がある場合と、目以外の全身疾患の場合があります。目の問題には、近視、乱視、中高年の方の場合は緑内障や老眼などが挙げられ、全身疾患には、副鼻腔疾患、胃下垂、便秘、心臓や血管の障害、脳や神経の病気、心身症、神経症などが挙げられます。近年増加している眼精疲労の原因として、コンピュータのディスプレイを長く見すぎると言った環境的なものもあります。

閉塞隅角緑内障

緑内障とは、眼圧の上昇により視神経が圧迫され徐々に視野が失われる病気です。中でも閉塞隅角緑内障は、発作的に眼圧が正常の3倍から5倍にも上昇し、激しい頭痛、吐き気といった症状が出ます。眼の痛み、かすみ、あるいは虹視(電灯の明かりを見た時に回りに虹が見える)といった眼の症状も出ます。大発作の前兆として、眉間のあたりに軽い頭痛、眼の奥の重苦しい感じ、かすみなどの症状が見られることもあります。最悪の場合は1日以内に失明してしまうので、すぐに処置の受けられる眼科医を受診してください。

原因
閉塞隅角緑内障は遠視気味の人に多くみられます。遠視気味の人は生まれつき眼球の前後の長さが短いことが多く、このため、歳をとるにつれ前房が浅く隅角が狭くなることが多いのです。急性と慢性があります。

眉間が痛む頭痛の対処方法

片頭痛の対策方法

応急処置として、痛む部位に氷枕やアイスパックなどを当て、薄暗い静かな部屋で安静にしましょう。できれば1時間ほど眠ると良いでしょう。また、片頭痛は予防が効果的です。しかし市販薬が効かなくなったり服用回数が増えてきたら、専門医を受診しましょう。

まぶしい光やうるさい音を避ける
蛍光灯などの明るい光や騒音、香水の匂いなどが、頭痛を引き起こす誘因になることもあります。

生活習慣改善による治療
生活習慣における誘因、睡眠不足、睡眠過多、過度なストレスなどに気を付けましょう。規則正しい生活が大事です。

食べ物に注意する
特定のもの、ワインやチョコレート、チーズ、サラミなどは頭痛を引き起こすことがあります。避けた方が良いでしょう。

副鼻腔炎の対策方法

副鼻腔炎は病院での治療が主になります。軽症のうちなら通常は抗生物質の服用や膿の吸引、副鼻腔の洗浄などによって改善されます。悪化させると、鼻タケができ、さらに増えると除去手術が必要になることもあります。

眼精疲労の対策方法

眼鏡やコンタクトレンズの度が合っているか、定期的に検診を受けることが大事です。また、長時間続けてディスプレイを見ないようにしましょう。休憩を合間に挟むなどの工夫も必要です。

頭痛女子のトリセツ
頭痛女子のトリセツ
posted with amazlet at 14.03.15
清水 俊彦
マガジンハウス
売り上げランキング: 77,705

まとめ:眉間が痛む頭痛の原因と対策

眉間が痛む時、片頭痛と副鼻腔炎、眼精疲労及び緑内障が原因として考えられます。おさらいしておきましょう。

  • 片頭痛:脈打つような痛み
  • 副鼻腔炎:発熱や鼻づまり、鼻汁がある場合
  • 眼精疲労:目のだるさや痛み
  • 閉塞隅角緑内障:眉間のあたりに軽い頭痛、眼の奥の重苦しい感じ、目のかすみ、後に激しい頭痛など

中でも閉塞隅角緑内障は危険な病気です。一刻も早く病院へ行くことをお勧めします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment