頭の右側だけが痛くなる頭痛の原因と対策

頭痛の男

頭痛というのは現代人を悩ます病気の代表的なものです。あなたもそのような症状をお持ちですか?

頭痛には様々な種類のものがあります。頭全体が痛くなることもあれば、頭の右側もしくは左側に激しい頭痛を感じる場合もあります。また肩こりなどが原因で起きる頭痛もあります。

今回の記事の中では頭の右側もしくは左側だけが痛くなるという症状についてとりあげてみたいと思います。

スポンサーリンク

頭の右側、もしくは左側だけが痛くなる頭痛の2つの原因

頭全体ではなく、頭の右側もしくは左側だけが痛くなるという症状の原因には様々なものがあると思いますが、今回は2つの原因をとりあげてみたいと思います。

頭の右側もしくは左側だけが痛くなる頭痛の原因その1:偏頭痛

偏頭痛というのは、頭の右側もしくは左側だけが痛くなる頭痛の原因として一番よく聞かれる病名ではないでしょうか?

偏頭痛が起きる原因には2つの理由があると言われています。1つ目は頭の中の血管が収縮、拡張するために起きるというものです。もうひとつの偏頭痛の原因はある種の神経伝達物質によって血管が拡張したり、それによって起こった炎症が神経を刺激して起きるというものです。

頭の右側もしくは左側だけが痛くなる頭痛の原因その2:水毒症

頭痛の男性

頭の右側だけが痛くなる場合の原因には水毒症が挙げられます。

水毒症とは体の中の水分に異常がある状態のことです。水分の取りすぎや、運動不足によって起きる場合があります。ですから、水を多量に飲むダイエットや美容方法は体に良くない、と言えます。

この水毒症の症状は、ほかの頭痛症状と似ている場合があるので、早急に判断するのではなく、専門家に診察してもらうのが賢明でしょう。水毒症は、頭痛と共に鼻水や咳にも悩ませれます。これは水毒症によって体の水分が過剰になるからです。頭の右側だけが痛くなるのに加えて、このような症状にも心当たりがあるなら、水毒症を疑いましょう。

ここまでで、頭の右側もしくは左側だけが痛くなる頭痛の原因についてご紹介いたしました。では次にこのような症状にはどのような治療が必要なのかを2つご紹介させていただきます。

頭の右側もしくは左側だけが痛くなった場合の治療法その1:水毒症の場合

水毒症によって頭痛を発症しているかもしれないと思い、水を飲まないようにする方がおられるかもしれませんがそれは間違っています。

人間の体には必要な水分量がありますので、その水分をとることは重要です。しかし、とりすぎてはいけません。そして、とった水分をしっかり循環させることも大切です。

水毒症には運動不足も関係していると言われています。頭の右側だけが痛くなる症状があり、ご自分は運動不足ぎみだと思われるなら、こまめに運動するようにしましょう。とはいえ、頭痛を抱えたまま運動するのは危険かもしれません。きちんと症状を診察してもらい、治療法を検討しましょう。

また、水毒症の改善のためには体を冷やさないことも大切だと言われています。体を冷やすような冷たい飲み物や食べ物は避けるようにしましょう。水を飲む場合も常温のものが望ましいでしょう。

頭の右側もしくは左側だけが痛くなった場合の治療法その2:偏頭痛の場合

偏頭痛の症状の治療法は2つあります。1つは頭痛が起こったときになるべく早くそれを鎮めるための治療法、そして2つめは頭痛がなくても毎日薬を飲むことによって、頭痛が起こらないようにして予防する、また、頭痛を発症しても症状を軽くするというものです。

1つ目の偏頭痛の治療法は多くの場合鎮痛剤が使われます。これは市販のものでも大丈夫です。頭痛が始まったな、と思ったらなるべく早く使い始めることがポイントです。また、薬を過剰に服用してはいけません。薬を服用する際には、薬の使用方法についてよく学んでから使うことをおすすめします。一番良いのは専門家の診断を受けて処方された薬を飲むことだと思います。

このような頭痛の治療法を急性期治療といいます。

2つ目の治療方法は頭痛の予防療法です。毎日何回も頭痛の症状を起こしてしまう、鎮痛剤を飲んでも頭痛の症状があまり和らがない、症状が強いなどの場合に、急性期治療と平行して行なうのが良いと言われています。

頭痛の予防療法は、頭痛の症状を軽減させますが、まったく無くすことができるわけではないことも理解しておき
ましょう。また予防療法の場合は毎日薬を飲むことになりますので、必ず専門家の診断が必要となるでしょう。

[2CS] サントリー 天然水(南アルプス) (2L×6本)×2箱
サントリー (2010-09-24)
売り上げランキング: 1

まとめ:頭痛の治療には正しい診断と正しい薬の服用が不可欠

頭の右側もしくは左側だけが痛くなるような頭痛原因について紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?頭痛にはほかにもたくさん原因があることでしょう。中には命にかかわる病気もたくさんあります。気になる頭痛の症状がある場合には迷わず専門家に診察していただくことをおすすめします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment