頭痛の原因は枕にある?自分に合った枕を選ぶ3つのポイント

枕

 

朝起きたら頭が痛いって最悪ですね。しかし頭痛が出る人ならば、枕がその可能性として考えられます。寝る時は長時間同じ姿勢で睡眠に入るのでとても大切な時間といえます。その中で枕が高い状態で寝ていると首凝りの原因になり、最終的には頭痛へと繋がる可能性があります。

ちまたにはいろんなオススメと言われる枕があります。その人によって骨格が違うから当たり前なのですが、合う合わないは個人差があります。そういった枕は高価な物が多いので無駄にするのは勿体ないですよね。こちらでは、自分に合った枕選びのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


枕が合わないと起こること

頭痛

人は、寝ている間に疲労を回復し、さまざまな体の不調を自然に治しているのですが、寝る姿勢が悪かったり、眠りが浅かったりすると自分の体を癒すことができなくなります。よく眠れない、不眠といった症状の原因の一つとされるのが、枕が合っていないことです。

柔らかい枕はダメ

枕に大切なのは、首を支える部分があるということ。ヒトは睡眠中であっても、大切な頭部を守るという機能は働き続けます。もし頭部を不安定にさせる、柔らかい枕で眠れば、頭部を安定させようと、首や肩周辺の筋肉は力を入れた収縮状態になります。もちろん、筋力は長く続かず、やがて寝返りを頻繁に打つようになり、結果的には常に眠りが浅くなり、疲労もとれにくく、肩こりも感じるようになるそうです。

高さのある枕はダメ

ヒトにおいては、「立位の姿勢が、理想の寝姿勢である」ということですが、高さのある枕を使用すると、頭部が前傾した状態になります。これは、直立していて、頭だけを下げた姿勢です。寝始めは、首の後面がストレッチされて気持ち良いと感じるかもしれませんが、頭部を前傾した状態が続くと、徐々に呼吸が苦しくなっていきます。それは、脳を休める睡眠時にあってはならないことなのです。その結果、首や肩周辺の筋肉が緊張し、前述の柔らかい枕に寝た時と同じように、眠りも浅く、寝返りも増え、起床時に疲労感が残る状態を招くかもしれません。また気道が圧迫された状態にもなるので、いびきをかきやすくなります。こちらも、結果的には不眠気味に。

低すぎる枕もダメ

逆に低すぎる枕で寝ると、首の全面がのびてアゴが上がった状態になります。この状態で眠ると、頭に血がのぼり、脳への刺激が強くなってしまいます。そして不眠気味になります。

枕選びのポイント

素材

人は眠るまでにコップ1杯分の汗をかく、と言われています。深い眠りに入る時は体温を下げる必要があるので、汗をかいて体温を下げていきます。もちろん頭から首にかけても発汗します。この汗の処理ができない素材の枕を選んでしまうと、「快適な眠り」に入れなくなってしまいます。

枕の調節は後からでも行えますが、素材は後からは替えられません。吸湿性・発散性に優れた素材の枕を選ぶようにしましょう。吸湿性・発散性に優れているのは、ポリエステルやウレタンなどの化学繊維よりも、やはり天然素材のもの。天然素材には、羽根やそばがら、ひのき素材などがあります。

高さ

理想的な枕の高さは人それぞれです。眠っている時の理想的な首の状態は力を抜いて自然に立っている時と同じ状態なので、その状態をキープできる高さが最もその人に適した「理想的な高さ」です。高さを測るためには、まず壁に背をつけて立ちます。そして軽くアゴを引いた時の、首と壁の距離が理想的な枕の高さになります。だいたい、男性は4cm前後くらいが平均だそう。

「寝返りのうちやすい枕」を選ぶこと

また、もう1点注意することは、寝返って横向きになった時の姿勢だそうです。枕は、この横向き姿勢にも対応できることも、選択の大切なポイントになります。一般的に睡眠中は、何十回も寝返りを打つと言われています。寝返って横向きになった時には、頚椎の深さ(首の一番くぼんだ部分)よりも、肩の高さは高くなるので、真っ平らな枕では対応し切れません。両サイドが高い枕であれば、その問題点を解消することができるのです。

人気のある枕

ロフテー快眠の贈り物 「ロフテー枕ギフトレディース」
ロフテー
売り上げランキング: 392,485

横向きで寝た時のための両サイドサポート、寝返りに対応した首元カーブ、頚椎を支える構造などで、快眠をサポートします。中身にはマルコビーンズを使用。適度な弾力のあるかための感触です。

東京西川 医師が薦める枕 肩楽寝デラックス枕(女性向)
東京西川
売り上げランキング: 10,431

頸椎から後頭部にかかる負担が偏らない構造の枕で、就寝中の負担を減らし安眠ができる枕です。自分で高さ調節でき、ピッタリの枕になります

バスタオル
厚手のバスタオルを折り畳む方法が意外と人気です。その日の肩・首の凝り具合に合わせて厚みを自由に調整できるので便利ですよ。汚れたらすぐ洗えますし、もしどの枕も合わなかったらお試しの価値ありです。

まとめ:枕選びで頭痛は解消できる

枕と頭痛の密接な関係についてご紹介しました。ここでおさらいしておきましょう。

ダメな枕

  • 柔らかすぎる枕
  • 高すぎる枕
  • 低すぎる枕

枕選びのポイント

  • 素材
  • 高さ
  • 「寝返りのうちやすい枕」

質の高い睡眠をとることで頭痛は解消されることが多いです。質の良い睡眠のためには、枕は体にあったものを選びましょう。こちらの記事を参考に、いろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment