後頭部にズキズキとした頭痛を生じさせる3つの症状と対処方法

ラマの後頭部

後頭部にズキズキとした頭痛が生じた場合には、原因を特定して解消することが大切です。

頭痛は様々な要因によって引き起こされ、後頭部の頭痛も同様に様々なことが原因となって生じています。そのため、あなたの後頭部のズキズキとした頭痛の根本的な原因を特定することが、迅速に解消することに繋がります。

原因を特定せずに処置をしても、効果が出るとは限りません。あなたの後頭部の頭痛の原因を解消することで、症状を緩和するだけでなく、それ以後も予防することができるようになります。

そこで、本記事では、後頭部にズキズキとした頭痛を生じさせる3つの症状と対処方法についてご紹介していきます。後頭部の頭痛でお悩みの方は、是非本記事と一緒に、あなたの後頭部の頭痛の対処方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

後頭部にズキズキした痛みを生じる頭痛とは

後頭部のズキズキとした頭痛を解消するためには、「頭痛の根本的な原因を特定し、原因を解消すること」が大切になります。

後頭部の頭痛は様々な要因によって引き起こされていますが、あなたの頭痛の症状を正確に理解することで、頭痛の要因を特定することができます。

後頭部の頭痛を引き起こす主な症状には、次のものがあります。

  • 後頭神経痛
  • 筋緊張型頭痛
  • くも膜下出血

あなたの症状がこれらのいずれかに当たるか、もしくは当てはまらないかを確認することで、頭痛の原因を見つけやすくなります。次の項で、それぞれの症状の原因と対処方法について確認していきましょう。

後頭神経痛

後頭神経痛は、「後頭部の神経が刺激されることで痛みが生じる頭痛」です。

後頭部には、後頭神経という後頭部の真ん中付近から頭頂部にかけて左右1本ずつある神経があり、「ストレス」などによって周囲の筋肉が緊張し、後頭神経を刺激することが原因で頭痛を生じさせます。

後頭神経痛の症状の特徴には、次のものがあります。

  • 後頭部にズキズキ、キリキリとした痛みが生じる
  • 耳の後ろ側に痛みが生じる
  • 雨が降る前に痛みが生じる

これらの症状があり、後頭神経痛だと判断される場合には、次のような治療方法を実践することが効果的です。

  • 首筋を温めて筋肉のコリをほぐす
  • 後頭部を冷やして炎症を抑える
  • 痛む部分をマッサージする
  • ストレスを解消する

また、頭痛外来や脳神経外科にかかることで、効果的な鎮痛薬や神経ブロックという注射による治療を受けることができます。しかし、根本的な原因はストレスにあるので、生活習慣の見直しや、ストレスを溜めない工夫を用意することが大切です。

筋緊張型頭痛

筋緊張型頭痛は、「肩や首の筋肉の緊張が原因で生じる頭痛」のことです。

肩や首の筋肉が緊張すると、血流が悪くなり、老廃物などの疲労物質が蓄積されていきます。疲労物質が溜まることで血管にストレスがかかり、拡張することで周囲にある神経を刺激して痛みを生じさせます。

筋緊張型頭痛の特徴には、次のものがあります。

  • 後頭部から頭全体にかけて痛みが生じる
  • ズキズキやギュッとした締め付けられるような痛み
  • 一度生じると、毎日に近い頻度で頭痛が生じる

筋緊張型頭痛の場合には、筋肉のコリが原因であるため、コリを解消して血流を促進することで、症状を緩和することができます。

デスクワークやPC作業の時間が多い人は、できるだけ正しい姿勢で作業を行い、定期的にストレッチをするようにしましょう。また、ゆっくりとお風呂に入り、寝る前にはストレッチを行うようにすることが大切です。

くも膜下出血

救急車

くも膜下出血は、「脳内の血管の一部が破れることで出血がおこる病気のことで、発症時に激しい頭痛を伴う」ことがあります。

くも膜下出血が生じた場合には、後頭部や頭全体に突然ハンマーで叩かれた様な激しい痛みが生じます。ズキズキガンガンとした痛みが生じ、場合によっては命に関わる場合があります。

くも膜下出血が生じた場合には、「再出血の予防」と「脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)」の予防を行うことが必要です。再出血してしまった場合、命の危険がより高まるため、早急に対策を行うことが大切です。

症状が生じた場合には、まず救急車を呼び、できるだけ安静にして深呼吸をして待つようにしましょう。脳内に出血が起こっているため、動くことは危険です。症状が軽い場合にも救急車を呼び、専門の医師の治療を受けることが大切です。

後頭部にズキズキとした頭痛が生じる場合には、症状から原因を特定し、原因に合った対処方法を実践することが必要です。可能な限り頭痛外来や脳神経外科にかかり、あなたの後頭部の頭痛を解消できるようにしましょう。

頭痛を治す80のワザ+α (これ効き!シリーズ)
長島 正 読売新聞社大手小町編集部
保健同人社
売り上げランキング: 264,714

まとめ:原因を特定して対策をする

ここまでで、後頭部にズキズキとした頭痛を生じさせる3つの症状と対処方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、後頭部に頭痛を生じさせる主な症状について確認していきましょう。

  • 後頭神経痛
  • 筋緊張型頭痛
  • くも膜下出血

これらの症状の原因がそれぞれ違うように、頭痛を解消するためにはその原因を明らかにすることが大切です。症状が強かったり継続して現れている場合には、できるだけ早期に病院の診察を受け、原因を明らかにするようにしましょう。

後頭部にズキズキとした痛みが生じて悩まれている方は、是非本記事を参考にして頂き、あなたの頭痛の原因を解消できるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment