気になる子供の頭痛の様々な原因と対処方法

海の子供

子供が頭痛を訴える場合には、しっかりとその訴えを聞くことが重要です。子供の頭痛はごくまれに、重篤な病気の原因であることがありえます。また、そうでなくとも、他の病気(中耳炎など)について、表現力の問題から頭痛と言っている可能性もあり得るので、子供の頭痛の訴えにはしっかりと向き合ってあげることが重要です。

スポンサーリンク

気になる子供の頭痛

子供

子供が頭痛を訴えてきた場合には、やはり心配になってしまうものです。子供の頭痛は、風邪の初期症状のように結果としてはあまり心配がないものであっても、自分自身の体の健康状態を外部に示すシグナルとして重要な役割を果たします。

また、万が一の可能性として子供の頭痛が極めて重い病気の兆候である可能性もありえます。(その可能性は極めて低いと言えます。しかし、可能性はゼロとは言い切れません)
そこで子供の頭痛について一応のことを知っておくのが安心ということができます。

子供の頭痛について注意したいポイントは以下のような点です。

重篤な病気の兆候としての子供の頭痛

まず、極めて可能性は低くはありますが、子供の頭痛が重篤な病気を示すことがありえます。子供の頭痛が重い病気の表れを示す可能性としては、脳腫瘍やくも膜下出血の可能性が考えられます。

子供の脳腫瘍は、数は少ないものの、先天性なものなどで発生する可能性はあります。子の場合には頭痛に先立ち、体に麻痺、めまいが生じることが多くあります。また、くも膜下出血は、子供の場合には、遊んでいる時に転落したり、野球バットで頭部を打撲していた場合などに生じる可能性がありえます。特に、遊んでいて転落したような場合には子供はその事故の事実や頭痛をなかなか告げない場合がありえます。

また、まれですが、「脳動静脈奇形」という先天的な理由で子供がくも膜下出血になる場合もあります。くも膜下出血の場合には、頭痛に加えて、視界が真っ暗になるというような症状も併発します。このような重篤な病気の兆候として頭痛があらわれた場合には、医師の高度な治療を受けることが不可欠です。頭痛に伴う症状も見逃さないようにしてください。

中耳炎による頭痛

次に、子供の頭痛で注意したいものとしては、頭痛を訴えていたものの実は中耳炎であったという場合です。中耳炎は、もちろん厳密には頭痛ではありません。しかし、特に小さな子供の場合には、耳奥の不快感を「頭が痛い」などという表現で伝えることがあります。

中耳炎はウィルス感染が原因ですが、ごくまれに脳まで感染が進んでしまう髄膜炎につながる可能性もありえます。小さな子供の場合には中耳炎を「頭が痛い」という表現で伝えることがあることには注意をしておきたいポイントです。中耳炎の場合にはテレビの音を大きくしたり、耳を触りつつ不機嫌となるなどの行動をとることが多くなります。

偏頭痛の可能性

子供の頭痛で可能性が比較的高いものとしては、偏頭痛の可能性があります。偏頭痛は頭の(両)側面が痛むもので、その原因ははっきりと判明してはいません(最近ではセロトニンという神経伝達物質が関係しているという考え方が有力になっていますが、完全な答えはまだ出ていません)

偏頭痛は全人口の8パーセント程度がかかっていると言われ、子供が偏頭痛の症状を訴えてもおかしいことはありません。子供が頭痛を訴えている場合には、偏頭痛である可能性があります。

子供の偏頭痛の場合には大人とはやや異なった特徴があります。つまり、子供の偏頭痛は、嘔吐や下痢がひどいこと、いきなり頭痛症状が始まり短時間で治まること、という点が大人の偏頭痛とは異なる特徴です。大人の場合には、偏頭痛により嘔吐や下痢などにつながることは少ないのですが、子供の場合には下痢や嘔吐を伴います。また、大人のようにズキンズキンと長時間痛むのではなく、短時間で痛みがおさまってしまうのも特徴です。

子供の偏頭痛の場合には、学校であれば保健室、自宅であれば自室でゆっくり休ませてあげることが必要です。また、偏頭痛は一生の持病として付き合うこともありえますので、偏頭痛の対処方法を医師に指導してもらうことなども重要となってきます。

,その他気にしたい子供の頭痛

その他、子供の頭痛では、自家中毒という、血液や尿のなかのアセトン体(ケトン体)とよばれる物質が増えすぎて起こる頭痛があります。この自家中毒としての頭痛は、一般に10歳くらいまでのあいだに起こり、顔面蒼白になって嘔吐することが特徴です。
自家中毒は生命などへの危険はありませんが、生活に支障をきたす可能性があるので医師の診察を受けておきたい頭痛です。

また、子供の頭痛としては、肩の張り・こりからくる緊張型頭痛もあります。これはゲームやインターネットなどに向かう時間が長いなど同じ姿勢を続けたことから筋肉が硬直化して血流が悪くなって生じる頭痛です。このような場合にはゲームなどをしすぎないように生活指導をすることがポイントとなります。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,360

まとめ:子供の頭痛はちゃんと見てあげたい

以上、本文で述べました子供の頭痛についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 子供が頭痛を訴えている場合、ごくまれに重篤な病気の兆候であることがありえます。この場合は他の症状との併発状況を見ながら高度な治療を受けることが必要となります
  • 子供は表現力の不足から中耳炎などの場合に頭痛と訴えることがありえます。中耳炎は髄膜炎などになる可能性があり得るので早めに治療をすることが重要です
  • その他子供が頭痛を訴える場合には、偏頭痛、自家中毒、緊張型頭痛などの可能性があります。

子供の体は、体の不調を訴えるひとつのサインとして頭痛を発症することがあります。子供は表現力が十分ではないので、「頭が痛い」など頭痛を訴えた場合にはしっかりとその症状と向かい合ってあげてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment