黄色い鼻水が出る頭痛の原因かも「副鼻腔炎」の症状

鼻水

 
蓄膿症って一度は耳にしたことがあると思います。鼻にうみが溜まって黄色い鼻水が出るものだ、それぐらいの認識でしょうか。

鼻炎持ちの人の病気だと思っていたら、意外と誰でもかかる病気なんです。頭痛が特徴的なこの病気、放置していると手術が必要になることも。きちんと知っておいた方が良さそうです。

こちらでは、副鼻腔炎と頭痛についてご紹介します。

スポンサーリンク


副鼻腔炎と頭痛

副鼻腔炎とは?

鼻をかむ女性

副鼻腔炎とはウイルスや細菌による急性上気道炎に続いておこる副鼻腔の粘膜の炎症をいいます。副鼻腔は4種類有り、目と目の間にあるのが篩骨洞、おでこにあるのが前頭洞、頬の下にあるのが上顎洞、鼻腔の奥にあるのが蝶形骨洞といいます。全ての副鼻腔は小さな通路で鼻腔とつながっています。

多くは少なくとも4週間前後までの治療で治る急性副鼻腔炎ですが、症状が続いたり、そのままで、固まってしまうと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になります。他にも、歯が悪くておこる歯性上顎洞炎、カビによっておこる真菌性上顎洞炎があります。

副鼻腔炎の症状

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 頭痛、顔面痛
  • ほおの圧迫感や違和感
  • 鼻の中に悪臭を感じる
  • 匂いがわかりづらい
  • 鼻水がのどに落ちる
  • 鼻水がのどに落ちる事による痰や咳

これら症状が全て出る訳ではないようです。

副鼻腔炎の原因

ウイルスによる感染症(風邪)や、花粉やハウスダストなどアレルゲンによるアレルギー性鼻炎の症状が長びくことにより発症するケースが多くを占めています。これらの症状により、鼻の防御機能が低下することで原因菌が副鼻腔内に侵入し炎症を起こすからです。副鼻腔炎に至る原因は、他の病気、体質、鼻の歪みなど様々です。また、一つだけでなく複数重なり合って生じる場合もあります。

副鼻腔炎頭痛の特徴

副鼻腔は鼻の周りに広がる洞なので、炎症を起こし膿が溜まると顔面が痛みます。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に比べ、急性副鼻腔炎に頭痛症状が多くみられます。

  • 頭痛の始まった時期に一致して、鼻水・鼻づまりがある
  • 起床時に一番痛みが強い
  • 頭を下げる(下を向く)と痛みが出る
  • 眉間や頬を軽く叩くと響くように痛む
  • 頭痛が長く続く
  • 稀にうずくまってしまう程の顔面痛、圧迫痛がある

片頭痛と副鼻腔炎

片頭痛の人に副鼻腔炎が起こると、副鼻腔炎の炎症が三叉神経の第二枝を刺激することにより、三叉神経が深く関わっている片頭痛を悪化させてしまうことがあります。副鼻腔炎の炎症が上顎洞や前頭洞に生じると悪化させる傾向が強くなります。また片頭痛の人は三叉神経領域の炎症に弱いため、慢性化した小さな副鼻腔炎の炎症であっても片頭痛を悪化させてしまいます。

蓄膿症の治療

治療の流れ

蓄膿症は副鼻腔に膿が溜まって炎症が起こってしまっている状態です。まずはこの原因を取り除くことが先決です。鼻に溜まっている膿や鼻汁を吸引して、鼻内から排除しましょう。そうして鼻を洗浄し綺麗な状態に戻してから、鼻水を抑える薬、鼻水を出しやすい薬、抗生剤などを服用して再発防止に努めます。

ここで注意が必要なのが、一度症状が軽くなったと思って、しばらく放っておくとすぐに再発することです。さらに悪化して再発する恐れがありますので、完治するまではしっかりと治療に努めるようにして下さい。

治療の流れとしては、保存療法と手術療法とに二分されます。保存療法にはさらに薬物療法と局所療法とがあります。薬物療法はマクロライド系の抗生剤を内服するのが一般的です。局所療法は鼻腔内に直接薬を噴射して塗布する方法が取られます。

あまりにも症状が酷い場合や保存療法でも治らない場合に、手術をして鼻の詰まりを取り除く場合もあります。現在ではほぼ選択されることもなくなりましたが、手術療法は最終手段として残っています。

必ず病院へ

治療せずに放っておくと鼻茸(鼻ポリープ)ができてしまい、鼻詰まりがさらに酷くなり手術が必要になります。長引かせて慢性化させずに早めの治療が重要です。市販の点鼻薬や頭痛薬を続けていても、一時的にしか症状が緩和されません。また常用することで効果がなくなり、更に症状が酷くなる恐れもあります。

効果的なツボ押し

治療を始めてもなかなか痛みは取れないですよね。そんな時ツボ押しが効果的です。

大椎
首を下に曲げた時に出来る、骨が出っ張る場所のすぐ下にあるくぼみがある場所が大椎のツボです。喉の痛み以外に首の痛みにも効果があります。

合谷
別名「万能のツボ」と呼ばれるほど様々な場所に効果のあるツボです。親指と人差し指の骨の付け根辺りに位置しています。

晴明
疲れ目の時に思わず触ってしまう場所、目と目の間に位置しています。鼻周辺の痛みや頭痛、目の疲れに効果があるツボです。

鼻通
鼻のちょうど真ん中辺りから2センチほどズレた左右に位置しています。少し押しただけでかなり痛くなることがあるので、力加減を慎重に押して下さい。鼻詰まりに最適なツボです。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,542

まとめ:副鼻腔炎と頭痛について知っておこう

副鼻腔炎の症状として黄色い鼻水と特徴的な頭痛が現れます。その頭痛の特徴をおさらいしておきましょう。

  • 頭痛の始まった時期に一致して、鼻水・鼻づまりがある
  • 起床時に一番痛みが強い
  • 頭を下げる(下を向く)と痛みが出る
  • 眉間や頬を軽く叩くと響くように痛む
  • 頭痛が長く続く
  • まれにうずくまってしまう程の顔面痛、圧迫痛がある

治療せずに放っておくと手術が必要になることも。当てはまった方はすぐにでも耳鼻科を受診してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment