アイスクリームを食べると何故か起こる頭痛

アイスクリーム

夏の暑い日に冷たいものを食べると頭痛が、子供のころから当たり前の事として受け止めていたこの現象、果たして一体何のでしょうか。

実はこのアイスクリームを食べると起こる頭痛は、国際的にはアイスクリーム頭痛〈Ice cream headache〉として医学書にもきちんと載っていて、頭痛の分野では寒冷刺激による頭痛ということになるそうです。

また色々な頭痛の謎を解くカギとして研究がすすめられている分野でもあるそうです。

本記事は不思議なアイスクリーム頭痛の原因と対処のお話です。

スポンサーリンク

アイスクリーム頭痛はなる人とならない人が居る

頭痛の女性

アイスクリーム頭痛は、実は全ての人に共通の頭痛ではなく個人差があり、なる人とならない人が居るようです、現在報告されている限りでは何故か男の子に多いという事と、片頭痛持ちでない人は3割の確率でアイスクリーム頭痛が起こるのに対し、偏頭痛持ちの人は7割の確率でアイスクリーム頭痛が起こるようです。

その原因は!?

このアイスクリーム頭痛、実は原因が二種類あると考えられていて、今現在はどちらも正しいと言われています。

  • 関連痛説
  • 炎症説

関連痛説

一つ目の関連痛説ですが、これは口の中で感じた『冷たい』という刺激が強すぎると神経伝達が混乱をおこして、冷たさを痛みとして脳に伝えてしまうためだといわれています。

炎症説

二つ目の炎症説ですが、これは急に口の中に冷たいものが入ってきた事によって、体が口内を温めようと口から頭部にかけての血量を増やした結果、頭部の血管が一時的に太くなり炎症を起こした結果頭痛が引きこされるといわれています。

偏頭痛持ちの人だと長く続いてしまう

このアイスクリーム頭痛、偏頭痛持ちの人だと、ひどいケースで5分近く続いてしまうそうです、けれども長くて5分弱、それ以上続いた症例はないそうですが、偏頭痛持ちの人はアイスを食べるのも一苦労です。

アイスクリーム頭痛を和らげる方法

このアイスクリーム頭痛をどうにか和らげて、さらに美味しくアイスクリームを食べる方法はないのでしょうか。

現状ではアイスクリーム頭痛を和らげる方法として、以下のような方法が唱えられています。

溶けていない状態で飲み込まない

口の中に入ってきた物の冷たさを伝達する神経は喉の奥の方にあるので、ゆっくり口で溶かしてアイスを食べる。

口内をこまめに温める

口内が冷えすぎてしまった事によって頭痛が引き起こされるのであれば、温かい飲み物などでこまめに口の中を温めながらアイスクリームを食べる。

外気との温度差があまりないようにする

炎天下の熱い場所でアイスクリームを食べると外気との差が激しく余計にアイスクリーム頭痛を引き起こしやすいために、なるべく涼しい環境で食べる。

とは言っても・・・・・

せめてもの抵抗ウェハース!

とは言っても、夏の暑い日だからこそ食べたいアイスクリーム、炎天下の中温かい飲み物を片手にゆっくりアイスクリームなど食べていられません。

喫茶店などでアイスクリームを頼んだときに何故か横にくっついて出てくるあのウェハースはこのアイスクリーム頭痛を和らげるのに一役買っているそうです、ちゃんと意味があったんですね。ひょっとしたらアイスクリームの歴史が長い西洋で考案されたのでしょうか?

冷たいもので頭痛になりやすい人は、あのウェハースとアイスを交互に食べると痛みが少し和らげられるようです。

ちなみに喫茶店ではなく外でアイスクリームを食べるシチュエーションの時は、喉がカラカラであったとしても、せめてコーン付きのアイスやアイスモナカで我慢すれば頭痛も少しは和らぐと思われます。

アイスクリーム頭痛が起こってしまった時の対処

この頭痛は頭部の血管が拡張する偏頭痛と同じタイプの頭痛と言われているので、頭部を冷やす事によって少し痛みが緩和するようです。
家ならばアイスノンなどをおでこにあてると良いそうです、外出時はお手持ちのペットボトルドリンクなどでも代用できそうですね。

頭痛の研究対象にもなっているアイスクリーム頭痛

ちなみにこのアイスクリーム頭痛、健康に悪影響なく頭痛を引き起こせる手段という事と、症状が偏頭痛に似ているという事から、アメリカなどでは偏頭痛のメカニズムを解明するための研究に役立っているそうです。

アイスを沢山食べて、無理やり頭痛を引きこしている研究生たちがいるのでしょうか。

まとめ

  • アイスクリームを食べて起こる頭痛はアイスクリーム頭痛と呼ばれ〈Ice cream headache〉として医学書などでも紹介がされている。
  • 原因は口内から脳への伝達神経の錯覚という説と、冷たい物が急に入ってきて口内を温めようとした結果、頭部の血流が増し一時的に血管が炎症を起こすという二つの説があるが、今のところ両方ともが原因として考えられている。
  • ウェハースやコーンなどで口内の温度を正常に保つ事で、症状が少し緩和すと言われている。
  • メカニズムが偏頭痛に良く似ていることから、研究の対象にもなっている。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment