頭痛にお風呂は効果があるのか?痛みのタイプごとの入浴について

頭痛おじさん

頭痛の際にお風呂に入ったほうが良いかどうかは、頭痛の種類によって異なります。一般に頭痛持ちと言われるのは、偏頭痛や緊張型頭痛ですが、偏頭痛は発作時とそうでない時でお風呂に入ったほうが良いかどうかが異なります。緊張型頭痛の場合にはお風呂はおすすめできます。また風邪で頭痛がある際にもお風呂がおすすめできる場合もあります。

スポンサーリンク

頭痛の種類とお風呂の関係

頭痛

日本人には頭痛持ちの方が多いと言われます。頭痛と一口で言いますが、実は頭痛には様々なタイプがあります。一般に頭痛と言えば、偏頭痛・緊張型頭痛・風邪の際の頭痛を指すと言えるのではないかと思います。頭痛には、他にも、群発頭痛、くも膜下出血による頭痛、原因不明に分類される頭痛などがありますが、一般的には頭痛持ちというタイプの頭痛ではありません。

この偏頭痛や緊張型頭痛、あるいは風邪の際の頭痛の時にお風呂に入浴することは果たして健康に良いことなのでしょうか。

偏頭痛とお風呂

偏頭痛の場合には、お風呂に入ることは症状を悪化させてしまいおすすめすることができません。

偏頭痛は頭の側面が痛むタイプの頭痛です。文字からは頭の片面だけが痛むようにも見えますが多くの偏頭痛の方は頭の両面が痛むという方が多い傾向にあります。そして、偏頭痛による頭の痛み発生のメカニズムは、頭部の血管拡張により、血管周辺の神経圧迫ということにより生じます。

そのために、お風呂に入るとリラックスによって血管が拡張しますので、かえって偏頭痛はその症状が悪化してしまいます。偏頭痛持ちの方は頭痛が発生している際には、お風呂への入浴は控えることを強くおすすめすることができます。

ただ、偏頭痛の発作が起きていない場合には、お風呂に入ることが偏頭痛を予防するために効果的なこともあります。つまり、偏頭痛の原因の一つにストレスが挙げられますので、お風呂に入ってストレスを解消することが偏頭痛の発作が生じることの予防になるということは十分にありえます。

このため、偏頭痛持ちの方は偏頭痛の発作が起きていない時にはリラックスした気分でお風呂に浸かることはとてもおすすめできることと言えます。

緊張型頭痛とお風呂

次に、緊張型頭痛と言われる頭痛の場合にはどうでしょうか。

まず緊張型頭痛とは、要は「頭のコリ」です。肩コリが生じるように、筋肉の緊張、こわばりによって頭が凝ってしまっている状態が緊張型頭痛の状態です。緊張型頭痛の主要な原因は、パソコン作業や勉強、あるいは同じ姿勢を続ける作業などによる筋肉の緊張です。

緊張型頭痛は偏頭痛とは異なり、頭の側面ではなく、頭の後頭部から肩にかけて(あるいは頭全体)痛みます。痛みは鈍い痛みが長く続くことになります。

緊張型頭痛の場合には、偏頭痛とは異なり、お風呂に入ることが頭痛解消のために効果的です。緊張型頭痛は筋肉のこわばりによって頭痛が生じるものですので、
お風呂に入ることで筋肉をリラックスさせれば痛みが解消されることにつながるためです。

緊張型頭痛の場合のお風呂の入り方のコツとしては、熱いお湯よりもぬるめのお湯(40度くらいのお湯)にやや眺めに浸かるということが効果的です。肩をお湯につけて、肩を揉みながらじっくりとお風呂に浸かりましょう。

緊張型頭痛は筋肉をリラックスさせることが頭痛症状の解消につながりますので、あわせてマッサージをすることも効果的です。

風邪の頭痛とお風呂

「風邪の際にはお風呂に入るな」と昔は良く言われたと思います。しかし、一概に風邪の際にお風呂に入ることが悪いとは言えません。風邪の際にお風呂に入ることが良くないというのは、体力が消耗されてしまうためです。風邪で体力が低下しているところにさらに入浴で体力を消耗しては症状が悪化してしまいます。その結果、頭痛もひどくなってしまうことにもなりかねません。

しかし、風邪の初期で体力がある状態の際にはお風呂に入ることが効果的な場合もあります。つまり、風邪のウィルスは熱に弱いものも多く、お風呂に入ることで風邪が良化することもあります。一部の医学では体を温めることによって風邪を治すという温熱療法も行われています。

風邪で頭痛がするほどの場合でも、熱がないのであればお風呂に入ることはあまり差し支えがなく、むしろ好ましいということができるでしょう。

浴室用プラネタリウム 「ホームスター スパ(HOMESTAR Spa)」
セガトイズ (2008-09-04)
売り上げランキング: 24,478

まとめ:頭痛とお風呂のまとめ

以上、本文で述べました頭痛とお風呂についての関係をまとめますと以下のようになります。

  • 偏頭痛の方の場合、偏頭痛の発作の際にはお風呂は避けることがおすすめです。ただ、発作が起きているときでなければお風呂で気持ちをリラックスさせることが偏頭痛予防のために効果的ということができます
  • 緊張型頭痛の方の場合、お風呂に入ることは効果的です。お風呂に入り、筋肉をリラックスさせることで頭痛の症状を解消することにつながります
  • 風邪による頭痛の際にお風呂に入るべきかどうかは、ケースバイケースです。お風呂に入ることで体力を消耗してしまうような場合には避けたほうが良いということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment