額が痛む頭痛のタイプは?痛む部分によって分かる頭痛のタイプ

広告ロゴ
額痛い

日常的に頭痛に悩まされている人は多いものです。しかし、頭痛と一口に言っても、額の辺りが痛むものや、頭の周りを締め付けるような痛みがあるものなど、さまざまな部分の痛みがあります。この痛む部分によって頭痛のタイプが分かることがあります。

痛む部分によって分かる頭痛のタイプについて紹介します。頭の痛む部分をよく観察して、自分に合った対処を行いましょう。

スポンサーリンク

頭の左右どちらかまたは両方がズキズキ痛む頭痛

頭痛

頭の左右どちらかまたは両方がズキズキ痛む頭痛の場合には、片頭痛が考えられます。症状としては、吐き気や嘔吐、下痢があったり、脈を打つようなドクドクとかズキズキという痛みがあったり、視覚や嗅覚への刺激に敏感になったりするというものが挙げられます。身体を動かすと、痛みが増します。

脳の血管が突然広がり、血管の周囲にある三叉神経を刺激して痛みが現れます。目の前で光がチラチラしたり、目が回ったりすると言った前兆が起こることもあります。片頭痛が起こりやすい人は、20~40歳代の女性であり、生理の時に片頭痛が多く起こると言われています。

片頭痛を引き起こす原因には、ストレスや血糖値の低下、アルコール、寝不足や寝過ぎ、生理、音や光などの刺激などがあります。

治療には、片頭痛に効果のある医療用成分も開発されており、それを用いられることが多いです。くも膜下出血などの重大な病気と間違えられやすいので、慎重な診察と判断が大切です。

額や後頭部、こめかみを締め付けるような頭痛

額や後頭部、こめかみを締め付けるような頭痛の場合、緊張性頭痛が考えられます。この頭痛の場合、痛みが長続きすることが多いです。頭痛だけでなく、肩こりや目の疲れ、めまい、だるさなどの症状が現れます。痛みは、午後から夕方にかけて強くなる傾向がありますが、立っていられないというほどではありません。

緊張性頭痛の原因としては、身体的・精神的なストレスや、あごの関節の異常、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとり続けること、目の疲れが挙げられます。これらのことによって、頭や首、肩の筋肉が緊張し、血行が悪くなって頭痛が起こります。また、片頭痛を併発することもあります。

目の奥の辺りに強い衝撃がある頭痛

片方の目や目の上、こめかみの辺りに、金づちで殴られたような強い衝撃がある場合には、群発頭痛が考えられます。他にも、痛みのある方の目が血走ったり、鼻水や鼻づまりがあったり、まぶたが垂れ下がったりするなどの症状が現れます。群発頭痛は、20~30歳代の男性によく起こります。

群発頭痛は、目の奥にある動脈が広がって炎症が起こり、痛みが現れると言われています。数日から2~3か月間に集中的に毎日、同じ時間帯に起こることからこの病名が付いています。睡眠中に痛みが起こることが多く、目が覚めるほど激しい痛みが起こります。

群発頭痛の原因には、飲酒や喫煙、血管拡張薬の服用、天候の変化などが挙げられます。

それぞれの頭痛の対処法

頭痛によって対処法が異なります。それぞれに合った頭痛の対処法を実践しましょう。

①片頭痛・群発頭痛

頭痛になると冷やしたらいいものか、温めた方がいいのか悩むところです。片頭痛や群発頭痛の場合には、血管に炎症が起きていますので、冷却シートや冷たいタオルなどで頭を冷やすと効果的です。おでこや首の後ろを冷やすと片頭痛に効果があります。

また、一時的に休むこともよい対処法です。光や音が気にならない部屋で、少し横になると頭痛が緩和されます。

②緊張性頭痛

緊張性頭痛の場合には、筋肉の緊張や凝りが原因で頭痛が起こっていますので、筋肉の緊張をほどくことが大切です。首や肩、背中の筋肉をマッサージしたり、指圧したりして、血行をよくするようにするといいでしょう。また、緊張性頭痛の時には温めると効果がありますので、ホットタオルや温湿布などで首や肩を温めたり、ゆっくりお風呂に浸かったりするのもいいです。

日常的に姿勢や定期的な運動、ストレスを溜めこまないことを心がけることも、よい対処法になります。自分でリフレッシュできる方法を見つけておき、ストレスに強い身体づくりも大切です。

まとめ:頭痛が起こっている部分をよく観察しよう

頭痛が起こっている部分を知ることで、自分の頭痛のタイプがどれなのかが分かる手がかりとなります。自分の頭痛が起こっている部分をよく観察して、頭痛に合った対処法を取り入れるようにしましょう。ただし、いつもよりも強い痛みや違う痛みを感じたり、頭痛がどんどんひどくなったりする場合には、重大な病気が隠れていることもありますので病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。