頭痛の原因は隠れ貧血かも!そのチェック法と3つの対策

女性

頭痛には様々な原因がありますが、女性に多いのが貧血の影響による頭痛です。貧血と聞くと、めまいや立ちくらみなどをイメージする方も多いかもしれません。実際には、そのような症状が出るのはほんの一部で、頭痛をはじめ疲れやすい、息苦しいなどの不定愁訴など様々な影響を起こしています。いわゆる偏頭痛も貧血が原因の可能性が高いのです。男性の貧血の場合は、気付かないだけで内臓出血が起こっている場合もあります。頭痛の原因となる貧血について理解を深め、対策を行いましょう。

スポンサーリンク

貧血が頭痛を起こす仕組みとは

頭痛の女性

頭痛の原因の一つが貧血にあります。貧血というのは、酸素を運ぶ赤血球の数が少なかったり、赤血球が小さいことで全身に酸素が行き届かなくなった状態です。頭痛は様々な影響で起こりますが、脳が酸欠状態になっても起こりやすくなります。脳の酸欠で起こる頭痛は、偏頭痛のようなズキズキするものから、頭が重くどんよりするような頭痛もあります。貧血というのは全身で酸素不足が起きています。酸素を燃やして作るエネルギー回路が利用できないため、身体にとってはかなり負担が大きい問題です。

人間の身体で酸素消費が一番大きいのは脳です。体重の2%ほどしかない脳の酸素消費量は全体の25%にもなります。貧血によって酸素が不足すると、一番影響が出やすいのが脳なのです。エネルギー不足が起こると身体は疲れやすくなりますが、同時に脳の働きも低下しています。貧血による脳の酸素不足で、頭痛をはじめ、注意力や判断力の低下、神経症状など様々な影響が出るのです。貧血はあまりにも一般的で軽く考えられがちなのですが、貧血を改善することで、頭痛以外の不定愁訴が少なくなることも珍しくないのです。

頭痛だけじゃない不定愁訴をおこす隠れ貧血

頭痛の原因が貧血であったとしても、一般の病院で貧血と診断されたことがないという人も少なくありません。健康診断では問題ないと言われたのに、貧血のような症状が出るというのはどういうことでしょうか?実は、気が付かない隠れ貧血の可能性があります。

一般的に貧血を判断するのは、血液検査のヘモグロビン値です。このヘモグロビンの値は正常範囲にあっても、貧血症状が出る場合があります。保険診療で行う検査の場合、血液検査項目が決められています。しかし、貧血の正しい指標としてチェックしたい項目を検査しない場合がほとんどなのです。貧血かどうかの検査として確認すべき血液検査項目に「フェリチン値」があります。フェリチン値は鉄の備蓄量を確認できるのです。

貧血かどうかを一般的にチェックするヘモグロビンは、例えると、財布の中身です。財布に沢山お金が入っていたとしても、貯金がゼロだったらかなり厳しい状況になりますよね。でも、財布の中にお金があれば、しばらくは大丈夫だし、周囲から見ても不足は見えません。フェリチン値とは鉄分の貯金のようなもの。一般的な検査では財布の中身だけを見て、経済状況を判断しているのと同じなのです。見落とされがちな鉄欠乏があるのに、病院では貧血と診断されないため、頭痛をはじめとする原因不明の不定愁訴に悩む隠れ貧血さんが多いと言われています。

その頭痛の原因は貧血?チェックしてみよう!

貧血によって頭痛が起こりますが、実際に貧血が原因かどうか症状によって簡易的にチェックすることができます。もちろん、詳しい血液検査によって診断するのが一番ですが、まずは気になる頭痛が貧血によるものかどうか、別の症状もふまえてチェックしてみましょう。

貧血チェックリスト

  • 顔色が悪い
  • まぶたの色が白っぽい
  • 疲れやすい
  • 動機や息切れがする
  • 息苦しさを感じる
  • 爪がスプーンのように反っている
  • 爪が割れやすい
  • 冷え性である
  • 肩こりがひどい
  • 錠剤などが苦手。飲み込めない
  • 抜け毛がひどい
  • 朝起きるのが辛い
  • 甘いものが好き

貧血による頭痛が起こったら…3つの対策

頭痛の原因が貧血にありそうだと感じたら、貧血改善の対策が必要です。とはいえ、貧血改善には時間がかかります。今辛い頭痛を緩和させる対策から、貧血を改善させる対策まで3つをご紹介しましょう。

貧血による頭痛対策1:身体を温める

貧血による症状として頭痛がある場合、かなり血流が悪くなっている場合もあります。脳の酸欠状態だけでなく、酸素不足によって血流も悪くなってしまうのです。その場合、まずは全身を温めましょう。特に足や腰を温めることが頭痛対策として有効になります。頭痛が辛く鎮痛剤を多用すると、冷え性になりやすいこともわかっています。辛い場合は仕方がありませんが、できるだけ鎮痛剤は控えるようにしましょう。同様に甘いものも身体を冷やします。砂糖類の摂り過ぎには注意しましょう。

貧血による頭痛対策2:筋肉を緩める

頭痛というと頭を冷やすことを考えがちですが、筋肉を緩ませることで頭痛が緩和されやすくなります。貧血の人は頭皮が固くなりやすくなっています。これも、貧血による酸素不足で、頭皮の代謝が悪くなってしまうからです。そのため、貧血傾向が強い人は抜け毛もひどいのです。固くなった頭皮を緩めてあげると、血流が改善し頭痛が緩和されるのです。

貧血による頭痛対策3:赤身の肉を食べる

貧血改善には鉄分の補給が大切です。と同時に、タンパク質を摂取しなければ、改善にはつながりません。貧血かどうかを見るヘモグロビンというのは、ヘム(鉄分)とグロビン(タンパク質)がくっついたものなのです。つまり、鉄分だけを補給してもタンパク質が不足していれば、ヘモグロビンは増えないというわけです。鉄分とタンパク質を同時に含むのは、赤みの肉やレバーなどの食材です。鉄分をサプリメントで摂取する人は、同時にタンパク質を摂取しないと効果的な改善につながりにくいことを覚えておきましょう。

ローラ 鉄+葉酸 150粒
ローラ 鉄+葉酸 150粒
posted with amazlet at 13.12.16
明治
売り上げランキング: 418

まとめ

貧血は慢性疾患の一つといわれ、強く注目されることはありません。しかし、頭痛や判断力の低下などが起こるのは事実です。しかも、長年貧血の状態があると、それが当たり前になるので頭痛や疲れやすさに気が付かない人もいるそうです。頭痛に悩むのであれば、一度は貧血を疑って、食生活を見直すことをお勧めします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment