頭痛や高熱が起こる扁桃腺炎の種類

広告ロゴ
熱

頭痛が起きて、高熱も出ていて、喉が激しく痛んだりしていると、ひどい風邪かインフルエンザにかかったと自己判断しがちです。しかし、このような症状が現れているときには、扁桃腺炎も考えられます。しかも、扁桃腺にはいくつかの種類があって、それぞれの扁桃腺炎に合った治療が必要です。

頭痛や高熱が起こる扁桃腺炎の種類について紹介します。風邪薬を飲んでも風邪の症状がよくならないという場合には扁桃腺炎の可能性も考えて対処しましょう。

スポンサーリンク

扁桃腺炎とは?

頭痛

扁桃腺とは、よくのどちんこと呼ばれている部分である口蓋垂の両脇にあるものです。これはリンパ組織の一種であり、ウイルスや細菌が体内に入り込まないように防いでくれます。しかし、成長するにつれて免疫力が高まって必要がなくなり、扁桃腺の大きさはだんだん小さくなっていきます。

扁桃腺炎とは、扁桃腺に細菌やウイルスが感染して炎症を起こす病気のことです。症状には、40℃程度の高熱やひどい喉の痛み、頭痛、だるさ、関節痛などがあります。症状の進み方としては、まず扁桃腺が痛みを伴って赤く腫れ、ものを飲みこむときに喉に違和感があります。それから喉の痛みが現れて、高熱や頭痛などの全身症状が現れます。症状だけを見るとインフルエンザに似ていますが、インフルエンザよりも喉の痛みが強いのが特徴です。また、物を飲み込むときに喉の痛みがひどくなるのも特徴です。

扁桃腺炎は一度治っても菌は完全に退治することができませんので、免疫力が弱まると再発することもあります。扁桃腺炎にならないために、日頃から免疫力を高めるような生活をすることが大切です。

急性扁桃腺炎

急性扁桃腺炎は、扁桃腺に炎症が起こり、赤く腫れたり、膿が出て白くなったりする病気です。他にも、喉の痛みや高熱、飲みこむ時の痛みなどがあります。原因は細菌やウイルスによる感染だけでなく、疲労の蓄積や睡眠不足、免疫力低下などがあります。のどの痛みが強いと水を飲むのもつらいほどになりますが、脱水症状を引き起こしかねませんので、水分をしっかり取るようにしましょう。また、安静にして休み、飲酒や運動を避けましょう。

慢性扁桃腺炎

扁桃腺炎には、急性だけでなく慢性のものもあります。慢性扁桃腺炎は3つの種類に分けられ、習慣性、慢性単純性、扁桃病巣感染があります。

習慣性扁桃腺炎は、子供に発症するケースが多く、6歳頃をピークに発症しています。大人になるまでに治ることが多いですが、大人になってから発症する人もいます。症状には、喉の痛みやだるさ、耳の痛み、飲みこむときの痛みなどがあります。

慢性単純性扁桃腺炎は、大人に発症することが多いです。原因には喫煙や飲酒などがあります。症状には、微熱や喉の痛み、喉の乾燥、喉の違和感などがあります。急性扁桃腺炎から慢性単純性扁桃腺炎になることもあります。

扁桃形相感染症は、喉のみならず、腎臓や皮膚、関節などの部分にも病気を併発するものです。例えば、関節リウマチや胸肋鎖骨過形成症などの症状があります。

扁桃周囲腫瘍

扁桃腺の炎症が悪化して膿が溜まり化膿すると、扁桃周囲腫瘍という病気になります。喉に激痛が走って水や唾が飲みこめないくらいになります。また、高熱が出たり、呼吸が止まって亡くなるケースもあったりする病気ですから、入院して治療することが必要です。メスで膿を出すのが通常の治療ですが、メスが届かない場合には抗生剤を使った治療が行われます。

病巣扁桃

病巣扁桃では、扁桃腺が原因となってその他の器官に異常をきたすという病気です。例えば、皮膚の病気である掌蹠膿疱症や腎臓に現れるIgA腎症、関節リウマチなどがあります。扁桃腺に炎症が起こると、扁桃上皮に異常が起こり、抗体が作られ始めることで他の臓器でも異常が起こって皮膚や腎臓などに病気が現れると言われています。

子供の時に扁桃腺を切除した方がいい理由

よく扁桃腺を切除する手術を受けたという話を聞きますが、扁桃腺炎を何度も繰り返すようであれば扁桃腺の切除をした方がいいと言われています。扁桃腺の中にいる雑菌やウイルスが活動すると扁桃腺が腫れるのですが、完全に雑菌を無くすことは難しいです。そのため、免疫力が落ちる度に扁桃腺が腫れてしまいます。切除する手術には2週間くらいの時間が必要になりますので、仕事を休まなければなりません。時間が取りやすい子供の時に切除した方がいいのはそのためです。

しかし、扁桃腺を切除したところで喉の痛みがなくなるわけではありません。扁桃腺の晴れがなくなり、発熱することがなくなるだけなので、切除手術をしない方がいいという説もあります。

よくわかる最新療法  病気が治る鼻うがい健康法  体の不調は慢性上咽頭炎がつくる
堀田 修
角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 6,081

まとめ:扁桃腺炎にならないようにうがいをしよう

扁桃腺炎になると頭痛や発熱はもちろん、唾を飲み込むのもつらいほどの喉の痛みに悩まされます。扁桃腺炎にならないように、うがいをしっかり行い、口の中を清潔に保つようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。