脱水症状の時に頭痛が起きる原因と対処方法

ラムネ

脱水症状による頭痛が生じた場合には、身体を運動や刺激から遠ざけ、水分補給を行うことが大切です。

なぜなら、脱水症状に陥ると、循環する血液量が減少することで、頭部の血管の働きに異常をきたし、頭痛を引き起こしてしまうからです。

夏場は特に脱水症状に陥ることが多く、また頭痛を伴う脱水症状は、脱水症状の中でも強い症状であるため、脱水症状と共に頭痛を引き起こしている場合には特に早急に対応することが必要です。

そこで、本記事では脱水症状の時に頭痛が起きる原因と対処方法についてご紹介していきます。脱水症状による頭痛で悩まされている方は、是非本記事と一緒に、脱水症状による頭痛の解消方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

脱水症状によって頭痛が生じる原因

森林

脱水症状による頭痛は、「身体の血液循環が悪化することが原因」で引き起こされていると考えられています。

脱水症状によって体に必要な水分が失われると、血液の循環が悪化していきます。頭部への血液循環に支障が生じると、頭部の血流が滞ってしまったり、血管にストレスが生じて拡張し、周囲の神経を刺激することによって頭痛を引き起こしてしまいます。

また、脱水症状によって頭痛が生じている場合には、体重の4%から6%ほどの水分が失われていると考えられ、脱水症状の症状としては重いものであると考えられます。夏場は特に汗をかきやすいため、脱水症状の解消・予防方法について十分に理解しておくことが大切です。

それでは、次の項で、脱水症状による頭痛の解消方法について見ていきましょう。

脱水症状による頭痛の解消・予防方法

脱水症状による頭痛が生じた場合には、「脱水によって失われた成分を補給すること」が大切です。

脱水症状になると、水分だけでなく塩分も失われています。そのため、脱水症状によって頭痛が生じた場合には、水分と塩分を体が吸収しやすい形で摂取することが効果的です。

脱水症状によって頭痛が生じた場合の対処方法には、次のものがあります。

  • 市販の経口補水液をのむ:経口補水液は、スポーツドリンクと比較しても水分と塩分を吸収しやすい
  • 点滴を受ける:病院にかかり、必要な成分を体内に入れてバランスを整えてもらえる

また、経口補水液を飲む場合には、一度に大量に飲むのではなく、体が吸収しやすいように、量を少なめにして少しずつ飲むことが大切です。

また、脱水症状を予防する際には、次の点に気をつけましょう。

  • スポーツドリンクをこまめに飲む:100mlあたりにナトリウムが40mg以上含まれているスポーツドリンクを飲むことで、脱水よって失われる水分と塩分を補給しやすい
  • 過度の仕事や運動を控え、こまめに休憩する
  • 夜は十分な休息をとる
  • 栄養バランスの良い食事を3食しっかりとる
  • 帽子やサンバイザーなどで日差しを直接頭に受けないようにする

これらの方法を実践することで、脱水症状を予防し、脱水症状による頭痛を防ぐことができます。特に夏場は脱水症状になることが多いため、こまめの休憩と水分補給をいれて、また十分な休息と栄養補給を忘れないようにしましょう。

まとめ:体が吸収しやすい経口補水液を用意しておこう

ここまでで、脱水症状の時に頭痛が起きる原因と対処方法についてご紹介してきました。

脱水症状に陥ると、血液の循環が悪化し、結果として頭痛の症状を引き起こすことがあります。そのため、脱水症状による頭痛を解消するためには、脱水によって失われた水分と塩分を補給することが大切です。

経口補水液は、特に水分と塩分を体が吸収しやすい成分構成であるため、脱水症状の後に飲むものとして、とても有効的です。激しい運動をするなど脱水症状になる可能性が高い場合には、事前に経口補水液を用意しておくのも良いでしょう。

脱水症状に悩まされているという方は、是非本記事を参考にして頂き、脱水によってあなたの体から失われた成分をいち早く補給できるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment