頭痛にはコーヒーが効果的?コーヒーで頭痛を防ぐ3つのポイント

コーヒー

現代の多くの人々が悩まされているという頭痛。軽い頭痛から重い頭痛まで、その症状はさまざまですが、どんな頭痛にしろ発症した際はとても辛いものです。仕事や学校、家事に育児などに集中することができず、日常生活にも支障をきたしてしまうかと存じます。

どうにか、日頃の習慣で頭痛を予防できる方法はないのか?とみなさん疑問に思われていることでしょう。実は、私達が日頃、習慣的に摂取しているものが頭痛に大きな影響を及ぼしているんです。それはコーヒーです。本記事では、コーヒーが頭痛に及ぼす影響、そしてコーヒーによって頭痛を防ぐ3つのポイントをご紹介します。普段頭痛に悩まされているという方は、本記事を是非参考にして、あなたの頭痛にコーヒーが影響しているかどうか判断してくださいね。

スポンサーリンク

コーヒーの働き

コーヒー

普段、私達が習慣的に飲んでいるコーヒーは、一般的に「眠気を覚ます」という効果が広く知らていますよね。その効果は、カフェインの覚醒作用によるものです。そして、他にもカフェインには鎮静作用があるといわれています。カフェインに鎮静作用があるなんて、ちょっとびっくりですよね。しかし、その鎮静作用は医学的にも認められており、鎮痛剤など多くの医薬品にも使用されているんですよ。

そして、頭痛に影響を及ぼすカフェインの働きとして忘れてならないのが、血管を収縮させる働きです。実はこの働きが、頭痛にとても効果的といわれているんです。それでは次の項で、なぜ「血管を収縮させる働き」が頭痛に効果的なのかをご説明します。

コーヒーが頭痛に効果的?

頭痛にもいくつかの種類があり、そのメカニズムは頭痛によって異なります。コーヒーのカフェインの作用である「血管を収縮させる働き」が効果的なのは、頭痛の中でも血管の拡張が要因で起こるものといえます。簡単にいうと、コーヒーのカフェインの働きにより広がった血管を、元に戻すというわけです。

血管の拡張が要因で起こる頭痛として代表的なのが、片頭痛です。そのため、片頭痛を慢性的に抱えている方は、コーヒーがとても効果的とされています。
一方で、逆に血管の収縮が原因で起こるとされている緊張型頭痛には、コーヒーは適していないといえるでしょう。血管が収縮しており、痛みが発生しているところへ更に血管を収縮させる働きのあるコーヒーを摂取すると、症状を悪化させる可能性があります。

まずは、ご自身の頭痛がどのような頭痛であるかを知ることが大切といえるでしょう。しかし、頭痛によっては、片頭痛と緊張型頭痛が混同している類のものもありますので、ご自身の頭痛がどの種類に属するのか医療機関へ一度相談されることをおススメします。

そして、現時点で片頭痛を患っているということが分かっている方は、コーヒーの摂取により辛い頭痛を防ぐことができるといえます。しかしその際、大切な3つのポイントがあります。次にその3つのポイントについてご紹介します。

コーヒーによって頭痛を防ぐ3つのポイント

コーヒーによって頭痛を防ぐポイントとは、次の3つです。

  • 一定量を飲みすぎないようにする
  • 片頭痛が出始めたらコーヒーを飲む
  • 片頭痛が出てないときはコーヒーを控える

では次に、上記の3つのポイントについて詳しくご案内します。

一定量を飲みすぎないようにする

コーヒーに含まれるカフェインは、依存性があるといわれています。そのため、必要以上の量を飲むことは控えましょう。また、飲みすぎると逆に頭痛を引き起こすともいわれているため、少し注意しなければいけません。一日に摂取しても大丈夫な量は、約300~350mlです。コーヒーの濃さにもよりますが、大体一日3杯ほどにしておきましょう。

片頭痛が出始めたらコーヒーを飲む

コーヒーを日常的に飲むだけでは、片頭痛を予防することはできません。ポイントは、片頭痛が出始めたらコーヒーを飲むということです。片頭痛の予兆として、視野の一部分が暗くなる「半盲」や、視界にギザギザとした光の筋「閃輝暗点」が見えることがあるといいます。その症状があらわれたタイミングでコーヒーを飲むと良いでしょう。

片頭痛が出てないときはコーヒーを控える

先ほども述べましたが、コーヒーに含まれるカフェインは依存性がある上に、一日の摂取量は大体決まっています。そのため、片頭痛が出ていないときはコーヒーを飲むことは控えましょう。コーヒーが好きな方には少し辛いかもしれませんが、片頭痛を抑えるためですのでしっかりとメリハリをつけてくださいね。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ ホワイト PM9631
ネスレ日本
売り上げランキング: 69

まとめ:コーヒーを上手に飲んで頭痛を軽減

本記事では、コーヒーが頭痛に及ぼす影響、そしてコーヒーによって頭痛を防ぐ3つのポイントをご紹介してきました。もう一度、その3つのポイントをおさらいしましょう。

  • 一定量を飲みすぎないようにする
  • 片頭痛が出始めたらコーヒーを飲む
  • 片頭痛が出てないときはコーヒーを控える

コーヒーは、とても手軽に飲むことができます。普段あまりコーヒーを飲まない方でもインスタントコーヒーをご自宅に常備しておき、片頭痛が来たときだけ飲むこともできます。また、外でも自動販売機やコンビニなどでコーヒーを購入することも可能です。外出先で片頭痛が来たら、コーヒーを買ってちょっと休むと良いでしょう。片頭痛を慢性的に患っている方は、コーヒーを上手く利用して少しでもその辛い痛みを軽減してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment