頭痛と関係するチョコレートをやめるための3つの方法

チョコレートを持つ女性

頭痛で悩んでいる人にとってチョコレートはNG食材ということを知っていましたか?頭痛というのは、脳の血流に関係しています。チョコレートに含まれる成分が血管を拡張すると言われており、チョコレートを食べると頭痛が起こりやすくなると言われています。しかし、逆にチョコレートを食べると頭痛が治るというタイプの人がいます。これはなぜなのでしょうか?また、チョコレートで頭痛が治るタイプの人も、チョコレートを食べるほど頭痛がひどくなっている可能性があります。頭痛持ちの人がチョコレートを避けるべき理由と、チョコレートをやめるための方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

頭痛をおこす?治す?頭痛とチョコレートとの関係とは

頭痛の女性

頭痛をおこしたり、治したり…人によって結果が違っても、チョコレートが頭痛と関係するのは明らかなようです。チョコレートを食べすぎると鼻血が出る人もいますし、思った以上に刺激が強い食材でもあります。もともと、チョコレートは強壮剤のような役目を持つ薬のような存在でした。その効果を実感できるほどの強い作用があるということは、しっかり脳に影響させているという証拠でもあります。頭痛と関係があってもおかしくありませんね。

チョコレートで頭痛が起こるホルモンの作用

頭痛が起こるのは、脳の血流に変化がある時です。脳の血流が悪くなると酸素や栄養を運べなくなり脳機能が低下しますし、脳の血管が拡張すると神経を圧迫してい頭痛を引き起こしやすくするからです。チョコレートに含まれる成分が脳の血管を拡張させるために、チョコレートを食べると頭痛が起こりやすくなると言われています。

チョコレートに含まれるチラミンは、交感神経へ取り込まれるとノルアドレナリンというホルモンを分泌します。これはアドレナリンなどと同じ興奮状態を作るホルモンで、間接的ではありますが血圧を上げるような作用を起こします。血圧が上がると脳血管の拡張と収縮が起こり、頭痛が起きやすくなるのです。

ノルアドレナリンのホルモンは、鬱のような症状がでやすく、気分へも作用してしまいます。チョコレートを食べると頭痛が起こって落ち込みやすい、気が滅入るといった症状を感じる場合は、このチラミンの影響が大きいかもしれません。

チョコレートで頭痛が治るのは血糖値が上がるから

では、頭痛がしている時にチョコレートを食べたら治るというタイプの人はどういう仕組みなのでしょうか?これは血糖値が大きく関係しています。

頭痛は血流に影響するのですが、血流が良い状態であっても血液中にエネルギーが不足していれば、血流が悪いのと同じ状態が起こります。脳のエネルギー源は血液中の糖ですが、これが不足し低血糖になると、脳機能が低下するために生命にとって危険な状態です。そのために身体は何とかして血糖を上げようとします。その時に分泌されるホルモンがアドレナリンです。チョコレートに含まれるチラミンがノルアドレナリンを分泌することで頭痛が起こるように、低血糖の状態でもアドレナリンが分泌され頭痛が起こります。この場合は、血中の糖の量が少ないためにアドレナリンが分泌されているわけですから、チョコレートという糖質を摂ることで一時的に血糖値が上がり、頭痛が緩和されるわけです。

チョコレートには、砂糖とカフェインが含まれており、どちらも血糖値を上げる作用があります。頭痛の原因が低血糖であるなら、チョコレート以外の飴などでも頭痛が緩和されるはずです。また、チョコレートで頭痛が治るタイプの人は、空腹時に頭痛が起こりやすかったり、朝方に頭痛が起こりやすくなります。

チョコレートによって頭痛が治るなら、沢山食べたらいいじゃないかと思うかもしれません。しかし、チョコレートを食べるほど血糖値が不安定になり、ますます血糖値が下がりやすくなり頭痛が起こりやすくなるのです。

また、低血糖による頭痛はアドレナリンの作用が強いともいえます。このタイプの人は空腹時になると頭痛だけでなイライラが強くなったり、またちょっとしたことで興奮しやすいです。周囲からは元気な人だと思われがちですが、不定愁訴をたくさん抱えている人も少なくありません。女性であれば、月経痛もかなりひどいのではないでしょうか?

頭痛と関係するのにチョコレートをやめられない人へ

頭痛とチョコレートが関係することはわかっているのに、チョコレートがやめられないという人も多いんですよね。チョコレートに含まれる砂糖やカカオに含まれるカフェインは中毒性が強いものです。やめたいのにやめられない、どうしても食べてしまう人はすでにチョコレート依存状態になっているかも…。チョコ依存は快楽ホルモンが出続ける限り、ダイエットにもならないし、頭痛とも縁が切れません。チョコレートをやめられなくて困っている人のために、チョコレートをやめる方法をご紹介しましょう。

タンパク質を含む間食をする

チョコレートがやめられないのは、その作用で興奮状態を維持したり、血糖値を維持しようとしてしまうからです。麻薬と一緒ですね。興奮状態を作っていないと、身体が動かないほどエネルギー効率が低下していると言えます。この場合、まず行いたいのが血糖値の安定です。血糖値が安定すれば、チョコレートに限らず甘いものへの依存が緩和されます。本来であれば、麻薬を絶つのと同じように甘いものをやめるというのが一番効果的ですが、依存しているからこそやめられないのが現実です。別の方法で血糖値を安定させることができれば、徐々に依存が断ち切られるのです。そこでお勧めなのがタンパク質をしっかり摂ることです。タンパク質は血糖値を安定させ、ストレスで消費されたアミノ酸を補給することができます。食事だけでなく間食にタンパク質を摂ることによって、空腹時間も短くなり頭痛を起こしにくくします。

空腹時間を減らし、安定した血糖値を作るために、2時間おきにゆで卵や煮干しなどの動物性食品を摂ってみてください。ウソのようですが、ダイエットにもなります。出来るだけ甘いものや炭水化物を控えながら、2時間おきのタンパク質食をすることで、太ることなくチョコレート依存が緩和されますよ。

チョコレートだけでなくカフェインをやめてみる

同様に、刺激を求める人が依存しやすいのがカフェインです。チョコレートをやめるとコーヒーが増える人もいらっしゃいますし、どちらも一緒に摂ると美味しいと過剰なカフェインに慣れ過ぎている人もいます。カフェインの相乗効果は強いので、身体に負担がかかります。そのうちに副腎が破たんしてしまい、いわゆるスランプ状態を作ってしまうのです。チョコレートをやめるためには、それ以外の刺激も徐々に減らす必要があります。チョコレートをやめても別のものに依存がシフトするのでは意味がないからです。1週間でもいいので、コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどの炭酸飲料、栄養ドリンクなどなど、止めてみてください。どうしてもやめられない場合、依存を自覚できると思います。

貧血を解消するとチョコレート依存から解消されやすい

チョコレートが好きな人は貧血の女性が多いのです。というのも、貧血の状態にあると体内の酸素不足でエネルギー効率が悪く、エネルギー源として糖に頼らざるを得ないからです。チョコレート依存の原因がエネルギー効率にあるなら、根本の原因を改善させる必要があります。貧血の改善には動物性食品をしっかり摂ることが大切です。特に、赤身の肉やレバーなどをしっかり摂りましょう。

チョコレート依存傾向のある人は貧血を自覚している人も少なくありません。病院で鉄剤や静脈注射を行いながら貧血改善に取り組む人もいらっしゃいますが、なかなか改善しないからこそチョコレート依存になっていることを自覚する必要があります。

貧血改善には鉄だけを補給しても意味がありません。必要なのはタンパク質と質の良い鉄分です。しっかり補給するようにしましょう。

[2CS] サントリー 天然水 奥大山 (2L×6本)×2箱
サントリー
売り上げランキング: 3

まとめ:頭痛とチョコレートは大きく関係する

頭痛の原因がチョコレートでも、チョコレートで改善すると言われる人でも、チョコレートをやめることで不定愁訴が改善する可能性があります。チョコレートは美味しいのですが、作用が大きいので頭痛などがある人は避けた方がよさそうですね。出来るだけチョコレートを控えて、頭痛が緩和されますように。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment