頭が痛いのはどこ?頭痛の場所から見る原因と症状

頭痛の男

頭痛は痛みが生じる場所によってその症状の原因をある程度推察することが可能です。例えば、側面の場所が痛む場合には、偏頭痛である可能性があります。また、場所を問わず、頭全体が痛む場合には、痛みの程度も加味して原因を特定することとなります。

スポンサーリンク

一口に頭痛といっても

片頭痛の女性

頭痛は言うまでもなく、頭が痛くなる身体症状です。頭痛には実に様々な種類のものがあります。日本人に多い頭痛は偏頭痛であり、原因は解明されていませんが、非常に多くの方が偏頭痛に悩まされています。ただ、偏頭痛はごく例外的な場合を除いては、生命への影響などはありませんので、その意味では偏頭痛は安心できる頭痛です。(最もその苦しみは大変なものではあります)。

一方で、頭痛がくも膜下出血などの極めて重い病気の症状として現れることがあります。この場合には早急に頭痛やその現任となっている出血などの治療をすることが必要です。

このように一口で頭痛と言ってもその症状や原因は様々です。

頭痛はその痛みが生じる箇所によってある程度、その頭痛の種類を推測することができます。もちろん、最終的な診断は内科医などの医師によって判断されるべきであり、安易な自己判断は避けることが健康のためには重要です。しかし、ある程度、頭痛発生の場所から頭痛の種類を推定することで重い頭痛かそうでないものかなどについて、一般的な知識を持っておくことは有益なことということができます。

頭痛の発生場所と推測される頭痛の種類

では、頭痛発生場所からどのような種類の頭痛を推測することができるのでしょうか。

頭部側面の頭痛

まず、頭の両脇が痛いというタイプの頭痛の場合、可能性として最も考えられるのは、偏頭痛です。偏頭痛は、頭の一方だけではなく両面の場所が痛む場合もあります。頭の側面の一方または両方の場所がズキンズキンと痛むのが偏頭痛の特徴です。ときに吐き気などの症状も発生します。

また頭の側面から目の方にかけての場所がひどく痛む場合には、群発頭痛というタイプの頭痛である可能性があります。群発頭痛も原因がはっきりとは判明してはいませんが、「悪魔の仕業」などと呼ばれる「恐ろしい痛み」が生じる頭痛です。

このように、頭部の側面が痛む場合には偏頭痛や群発頭痛の可能性が考えられます。偏頭痛や群発頭痛の場合には、生命に心配はないものの大変な苦しみの頭痛となります。

後頭部の頭痛

次に、頭の後ろの場所(後頭部)が痛む場合があります。頭の後ろの痛みの場合、一般的には、緊張型頭痛であることが考えられます。緊張型頭痛とは、肩の筋肉のこわばりによって血流が悪くなることから生じる頭痛です。パソコン作業等が多い方に起こりやすいタイプの頭痛です。

また、頭の後ろの場所に殴られたようなひどい痛みを感じる場合には、くも膜下出血の可能性があります。

頭の後ろの場所の痛みは、多くは緊張型頭痛ですのであまり心配はいりませんが、殴られたような痛みの場合にはくも膜下出血の可能性がありますので、注意されてください。

頭全体が痛い場合

最後に頭の全部の場所が痛いというタイプの頭痛の場合には、様々なタイプの頭痛の可能性が考えられます。頭全部の場所が痛いという場合には、痛みの種類も加味して原因を推測することができます。

例えば、先に述べましたように、頭全体の場所が殴られたような痛みの場合には、くも膜下出血の可能性を疑う必要があります。一方で頭全体の場所が痛くともあまり心配する必要はないものとして労作性頭痛があります。労作性頭痛は重い荷物を持つなどした場合に、頭全体の場所が痛くなるものです。「ぐわんぐわん」とした頭全体の痛みが伴いますが、時間の経過によっておさまる頭痛です。

原因としては頭痛を引き起こす原因が必ずあるということが特徴です。

その他緊張型頭痛で頭全体の場所が痛くなるというケースもあります。

このように頭全体の場所が痛む頭痛の場合には、頭痛の痛みの程度も加味して症状を推測することとなります。そして最終的には頭痛の場所や症状を告げて医師の診断に従うこととなります。

頭痛は「たった1分のストレッチ」で治る! (講談社の実用BOOK)
岩間 良充
講談社
売り上げランキング: 94,541

まとめ:頭痛とその発生場所についてのまとめ

以上、本文で述べました頭痛とその発生場所についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 頭痛と一口で言っても、その痛みが生じる場所によってどのようなタイプの頭痛かは異なってきます。
  • 日本人に最も多いタイプの頭痛は、頭の側面の場所が痛くなるというタイプの偏頭痛です。また、側面の場所から目にかけてひどく痛む場合には群発頭痛の場合もあります
  • 頭の後ろの場所が痛む場合には、肩こりなどに起因する緊張型頭痛である可能性があります。
  • 場所を問わず、頭全体が痛いという場合には、痛みも加味して頭痛の種類を考えることが重要です。ケースによっては殴られたような痛みを伴う場合にはくも膜下出血である可能性もあります。

繰り返しになりますが、頭痛の原因の最終的な判断は医師による診断に求めるべきということができます。決して自己判断で頭痛を特定することはされないようにしてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment