あくびは頭痛の予兆?生あくびが何度も出たとき3つの対処方法

あくびする猫

ふあーっとついつい出てしまうあくび、一人のときなどは良いですが、大切なお客さんと会っているときや仕事中など、相応しくないシチュエーションで出てしまうと困りますよね。このあくびが、対して眠くないときに出てしまうという方はいらっしゃいませんか。そして、そのあくびの後に頭痛によくおそわれるという方、実はそのあくびは頭痛の予兆である場合があるんです。

本記事では、あくびと頭痛の関係性、そして頭痛の前触れとされるあくびが出たときの3つの対処方法をご案内します。日頃から頭痛に悩まされており、そういえば頭痛が起こる前によくあくびがでるなと感じられた方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

眠くないのに出るあくび

あくびする男

一般的に、あくびは眠たいときや退屈したときにも起こるとされています。この場合、一時的に脳が働いていない状態となっています。酸素を大きく吸い込み口を大きく開ける運動をすることで、脳を活発にさせるため、あくびが出るといわれているのです。

しかし、上記の場合に当てはまらないときにもあくびは出ます。眠気を感じていないときや退屈しているわけでもないのに出るあくびを「生あくび」といいます。実は、この生あくびは頭痛の中でも片頭痛の予兆である場合が多いのです。

なぜ片頭痛の予兆として、生あくびが起きるのかは現在のところまだ詳しくは解明されていません。しかし前述で述べたように、あくびはもともと脳の酸素不足により起こるという説が有力とされています。酸素不足が起こると、血管は酸素を取り込もうと拡張します。片頭痛は血管の拡張が原因で起こるので、酸素不足や血流の変化が、生あくびを発生させ片頭痛のシグナルとなっていることは明らかといえるでしょう。

出てしまう生あくびを防ぐには

職場などであくびをすると、なんだか真面目に仕事に取り組んでいないかのような印象を相手に与えてしまいます。片頭痛の予兆として出る生あくびなのに、そのように思われるのはできるだけ避けたいですよね。しかし残念ながら、片頭痛の予兆として出る生あくびに効果がある薬などは、現在のところ存在しません。片頭痛による生あくびを治すには、慢性化している片頭痛そのものを治すよりほかに方法はないといえるでしょう。

生あくびが頻繁に出る場合、次にあなたを襲うのは辛い片頭痛です。生あくびという前触れが来た場合、片頭痛を鎮める対処を早急にできるということでもあります。次に、頭痛の前触れとされる生あくびが出たときの3つの対処方法についてご案内します。

頭痛の前触れとされる生あくびが出たときの3つの対処方法

頭痛の前触れとされる生あくびが出たときの3つの対処方法とは、次の通りです。

  • カフェインが含まれたものを摂取する
  • 暗い部屋で横になる
  • 薬を服用する

では次に、上記の3つの対処方法について詳しくご案内します。

カフェインが含まれたものを摂取する

カフェインの成分は、血管を縮小させる働きがあります。片頭痛は血管の拡張が原因で起こるとされているため、カフェインの働きにより血管の拡張を鎮め片頭痛を和らげてくれるといえるでしょう。カフェインが含まれているものとして、コーヒーや緑茶、紅茶などがあげられます。オフィスやご自宅でこれらの飲み物を準備しておき、生あくびが出たら摂取すると良いでしょう。

暗い部屋で横になる

片頭痛は、明るい場所や大きい音がする場所などがきっかけで発生することもあります。生あくびがたくさん出たときは、そのような場所は避けてなるべく暗い静かな場所に移動すると良いでしょう。少しでも片頭痛を和らげる環境を作ることが大切です。ご自宅にいる場合は、カーテンを閉めて横になり、身体を休めてあげてください。

薬を服用する

片頭痛を防ぎたい方は、薬を服用するのも一つの方法です。この場合、市販の頭痛薬は有効でない場合があるため、できるだけ病院などで処方されたものを服用する方が良いでしょう。イミグランと呼ばれる、トリプタン系の薬が効果的とされています。片頭痛は日常生活に支障をきたすこともあります。痛みを無理に我慢せず医師に相談し、適切な薬を処方してもらってくださいね。

まとめ:あまりに生あくびが出るようであれば検査も必要です

本記事では、あくびと頭痛の関係性、そして頭痛の前触れとされるあくびが出たときの3つの対処方法をご案内してきました。もう一度その3つの対処方法をおさらいしましょう。

  • カフェインが含まれたものを摂取する
  • 暗い部屋で横になる
  • 薬を服用する

慢性的な片頭痛は、発作のように起こります。医療機関などで片頭痛とすでに診断されたときは、上記の方法にて対処することが可能かと存じます。しかし生あくびがたくさん出る症状のほかに、吐き気や嘔吐、めまいなどを伴う頭痛に襲われる場合、脳の腫瘍や脳出血など別の病気が隠れている場合があります。あまりに生あくびが頻繁に出る場合や、頭痛がひどくなる場合は病院でしっかりと検査を受けてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment