湯たんぽを安全に使うための温度管理の方法

赤レンガの夜景

湯たんぽの温度は正しく設定して使う必要があります。なぜなら、熱すぎる湯たんぽは、低温やけどの原因となるからです。

湯たんぽの温度が高すぎて低温やけどになるのは、寝ている間が多いと思います。寝ている間はもしかすると気づかないうちに低温やけどになってしまうかもしれません。そのような低温やけどは重症になる場合が少なくありませんので、湯たんぽの温度管理はしっかり行う必要があります。

湯たんぽの温度管理としてまず行うことができるのは、熱すぎるお湯を入れないことです。完全に沸騰したお湯を入れて湯たんぽ作るなら、湯たんぽの表面温度がかなり高くなってしまいます。そのため、低温やけどの危険も高まることでしょう。沸騰する前のお湯を湯たんぽに入れるようにしましょう。

他にも、湯たんぽの温度に気を付ける方法がありますので、幾つかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

湯たんぽの温度に注意する方法

夜景

湯たんぽの温度に気を付ける方法は、先ほど上げた以外にもあります。効果的な方法を幾つかご紹介してみたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

湯たんぽの温度に気を付けるためにできることその1:湯たんぽを厚手のタオルで包む

湯たんぽはカバーがついていたとしても、低温やけどする危険があります。ですから、カバーの上からもう一枚厚手のタオルをかぶせて使用すると、湯たんぽを程よい温度の調整することができます。寝ている時や起きている時に限らずこうしておくことによって、程よい温度の湯たんぽで快適に過ごすことができるでしょう。

湯たんぽの温度に気を付けるためにできることその2:時間を決めて湯たんぽの位置を変える

赤ちゃんのお世話や、お年寄りの介護などに湯たんぽを使っている場合は、湯たんぽの温度に特に注意を払う必要があるでしょう。そのような人たちは自分の力で湯たんぽの位置を変えることができない場合が少なくありません。

そのため、何もしないでおくと湯たんぽによって低温やけどしてしまう可能性があります。そのような場合は、時間を決めて湯たんぽの位置を変えるようにしましょう。44度位のお湯で湯たんぽを作った場合、3時間から4時間で低温やけどになります。1時間半から2時間を目安に湯たんぽの場所を変えることが必要です。

湯たんぽの温度に気を付けるためにできることその3:寝る時は使わない

湯たんぽは夜寝る時に使うイメージがあると思いますが、夜寝る時の湯たんぽの使用が、一番低温やけどの危険を高めます。湯たんぽは布団を温めるだけにしておき、寝る時は湯たんぽを取り出すようにするなら、低温やけどを心配することなく安心して眠ることができます。またこのような使い方をするなら、少々湯たんぽの温度が高くても問題ないでしょう。

湯たんぽの温度に気を付けるためにできることその4:布団で使う場合は体から離して使う

どうしても布団の中に湯たんぽを入れて眠りたいと思われるのであれば、低めの温度に作った湯たんぽを体から離して使うようにしましょう。体から離した状態で湯たんぽを使用しても、温かさは十分伝わってきます。

とはいえ眠り込んでしまうと、知らないうちに体が湯たんぽに当たってしまい、低温やけどになる場合もあることでしょう。湯たんぽの温度調整方法としては、あまりおすすめできる方法ではないかもしれません。

湯たんぽの温度に気を付けるためにできることその5:良いカバーをつける

湯たんぽ専用カバーがたくさん売っていると思います。なるべく生地の厚いものを選びましょう。自分で湯たんぽカバーを作るという方法もあるようですが、その場合も厚手の生地を選ぶよう心がけましょう。2枚の生地を重ね合わせても大丈夫だと思います。湯たんぽカバーは、湯たんぽの温度を適温に保ち、低温やけどを防ぐのに不可欠です。良い湯たんぽカバーを選びましょう。

まとめ:湯たんぽの温度を正しく保つことによって安全に湯たんぽを使いましょう

この記事では、湯たんぽの温度を正しく保つためにできる方法について幾つかご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

湯たんぽは寒い冬を乗り切るために非常に役に立つ道具ですが、正しく使わなかったための事故も後を絶ちません。その事故に挙げられるのが低温やけどです。これは湯たんぽの温度管理を正しく行なわなかったために起きる事故です。この記事を参考に、湯たんぽの温度を正しく保ち、快適かつ安全に湯たんぽを使ってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment