Home / 健康 / 健康全般 / 睡眠 / 使う前にチェック!ゴム製湯たんぽの良い点悪い点
夜景
夜景

使う前にチェック!ゴム製湯たんぽの良い点悪い点

夜景

ゴム製の湯たんぽなんて効果あるの?と思われますか?

湯たんぽというと私たちが最初に思い浮かべるのは、プラスチック製か、ブリキ製のものかもしれません。長年そのような湯たんぽを愛用してこられたのであれば、特にそうかもしれません。

しかし、ゴム製の湯たんぽを侮ってはいけません。ゴム製の湯たんぽには、今までプラスチック製やブリキ製の湯たんぽにできなかったことを可能にしてくれるのです。

この記事ではそのようなゴム製の湯たんぽの良い点と、もう少しな点についてご紹介してみたいと思います。新しい湯たんぽ購入を考えておられるのであれば、是非この記事を参考になさってください。

スポンサーリンク

ほかの湯たんぽとは違うゴム製湯たんぽ

月夜

ゴム製湯たんぽと他の湯たんぽの大きな違いは、柔らかさです。ゴム製湯たんぽはこのやわらかさを生かした使い方をすることができるという点で、他の湯たんぽとは違うのです。

ではまずゴム製の湯たんぽの良い点についてご紹介してみたいと思います。実際にゴム製湯たんぽを使っておられる方の感想を参考にさせていただきました。リンクを貼っておきましたので、こちらもどうぞご覧下さい。
ゴム製湯たんぽ使用レポート<

ゴム製湯たんぽの良い点その1:場所を取らない

湯たんぽは冬の時期非常に役立ちますが、冬が終わって暖かくなると片づけなければなりません。その場合、普通の湯たんぽですと少々かさばって邪魔になります。ゴム製湯たんぽの場合は、お湯を抜けば薄くなりますので、片付けにも困りません。重さもあまりありませんので、壁際につるしておくことも出来ます。片づける時に場所を取らないというのがゴム製湯たんぽの良いところです。

ゴム製湯たんぽの良い点その2:お湯をこぼさずに入れられる

湯たんぽにお湯を入れる時に、うっかりこぼしてしまった、という経験はありませんか?ゴム製湯たんぽは、たいていの場合、お湯の入れ口が徳利のようになっているため、お湯をこぼさずに入れることができます。お湯をこぼすと湯たんぽを作った後に片づけなければならなくなりますので、この場合も、ゴム製湯たんぽの方が便利だということができます。

ゴム製湯たんぽの良い点その3:水をしっかりと抜くことができる

湯たんぽの残り水がしっかり抜けないと、イライラしませんか?ゴム製の湯たんぽで、口が徳利型になっているのであれば、水を最後までしっかりと抜くことができます。真ん中をぐっと押してやれば、素早く水を抜くことも可能です。

ゴム製湯たんぽの良い点その4:持ち運びに便利

ゴム製の湯たんぽであれば、水を抜けば薄くコンパクトになりますので、旅行鞄へ詰めて持って行くことも可能です。お湯さえあれば世界中どこでも暖かくして眠れますので、この点もゴム製湯たんぽならでは、ということができるでしょう。

ここまでで、ゴム製湯たんぽの良い点をご紹介させていただきました。では次に、ゴム製湯たんぽのもう少しな点について、幾つかご紹介してみたいと思います。

ゴム製湯たんぽの「もう少し」な点その1:少し小さい

ゴム製の湯たんぽの場合、容量は大体1.6リットルで、ドイツ製の少し大きめのものでも2リットルくらいしかありません。湯たんぽのお湯を再利用して、顔を洗ったりしたいという方には、少し足りないようです。また、お湯の量が少ないということは冷めるのも早いということになります。お湯の量で考えるとまだゴム製は改善の余地がありますね。

ゴム製湯たんぽの「もう少し」な点その2:事前に布団に入れておいてもあまり温まらない

ゴム製湯たんぽは熱伝導率があまり良くなく、寝る前に事前に湯たんぽを布団の中に入れておいてもあまり温まらないと言われています。またあまりにも早く湯たんぽを作って布団の中へ入れておくと、冷めてしまう危険もあるようです。こうした面でも、まだまだゴム製湯たんぽは改善の必要がありますね。

萬年 ゴム湯たんぽ 2.0L カバー付
尾上製作所
売り上げランキング: 23,072

まとめ:ゴム製湯たんぽの良い点とそうでない点を正しく理解して使いましょう

この記事ではゴム製の湯たんぽについてご紹介させていただきました。

ゴム製の湯たんぽは、普通の湯たんぽに比べるとコンパクトで、片付けやすいですし、持ち運びにも便利です。しかし、大きさが少し小さいためお湯の量が少ない、熱伝導率が悪い、冷めやすいなどの良くない点もあります。ゴム製湯たんぽを使うのであれば、そのようなことをしっかりと理解して使うようにしましょう。自宅で使うのであれば、プラスチック製やブリキ製の湯たんぽと併用して使うと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

Check Also

寝室

快適なベッドルームにするためのコーディネート術

一日の疲れを取るためのベッドル …

2 comments

  1. Wow, great post.Really thank you! Want more.

  2. Right here is the perfect webpage for anyone who would like to find out about this topic. You know so much its almost tough to argue with you (not that I actually will need laugh out loud). You certainly put a brand new spin on a topic that’s been written about for a long time. Excellent stuff, just great!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です