腰痛の原因となる内蔵疾患と症状の特徴

悩む男性

腰痛の原因となる内蔵の疾患を理解しておくことは、健康の維持のためにも重要なことです。

腰痛の原因となる内蔵疾患には、癌をはじめ命に関わる疾患もあるため、あらかじめ内臓疾患が原因となる腰痛の症状を理解しておくことで、早期に発見し、治療を開始することができます。

また、通常の腰痛は整形外科などで治療を行いますが、骨盤や体の姿勢を矯正しても、内蔵の疾患が原因となっている腰痛の場合、改善を見込むことができません。

そこで、本記事では、腰痛の原因となる内蔵疾患と症状の特徴についてご紹介していきます。腰痛に悩まされている方や、整形外科等の治療で腰痛が改善されないという方は、本記事と一緒に、内蔵疾患が原因となる腰痛について、理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

内臓疾患が原因の腰痛の特徴

寝ている男性

内臓疾患が原因の場合の腰痛の特徴を理解しておくことで、「早期に適切な治療を受けること」ができるようになります。

姿勢の悪さや筋肉のコリなどによる腰痛は、整形外科等への診察を受けることで適切な治療を始めることができます。しかし一方で、内蔵疾患が原因である腰痛であるならば、整形外科ではなく、脳外科や内科にかかることが必要になってきます。

また、内臓疾患による腰痛では、特に重い疾患による症状である可能性もあるため、早期に発見をして治療を行うことが大切になります。

だからこそ、内臓疾患による腰痛の症状の特徴を理解しておくことは、あなたの健康の維持に役立つことになるのです。

内蔵疾患が原因となる腰痛の症状の特徴は、次の通りです。

  • 姿勢や体勢に関わらず、どんな時でも慢性的な腰痛が生じている

姿勢や筋肉に原因がある場合、横になることで腰痛が楽になることがあります。しかし、内蔵疾患による腰痛では、姿勢を変えても腰痛の症状が変わることはありません。

そのため、姿勢に関わらず腰痛が続く場合には、できるだけ早期に病院にかかって原因の特定をすることが大切です。

腰痛の原因となる内蔵疾患

腰痛の原因となる内蔵疾患を理解しておくことで、「腰痛の原因が内蔵疾患であると気付きやすくなる」ことができます。

特に、原因となる内蔵疾患が疑われている方は、その疾患が腰痛を引き起こすことがあることを理解しておくことが大切です。腰痛の症状が出てきた時というのは、より症状の悪化や進展が見られた時だと考えられるので、病院の検査を受けるシグナルとなるからです。

腰痛の原因となる内臓疾患には、次のものがあります。

  • 泌尿器系疾患:腎臓・尿路結石、泌尿器の癌、膀胱炎、腎盂炎、前立腺肥大症
  • 消化器系疾患:胃潰瘍、胆石、胆のう・胆管炎、消化器の癌、十二指腸潰傷
  • 循環器系疾患:腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症
  • 女性に特徴的な疾患:子宮筋腫、子宮・卵巣癌、卵巣膿腫、月経困難症
  • 一般的な疾患:風邪、インフルエンザ

これらの疾患を患っている場合、その症状として腰痛を引き起こす場合があります。特に、これらの状態が疑われる可能性が高く、内蔵疾患による腰痛の特徴に当てはまるという方は、是非できるだけ早期に、総合病院等検査施設の充実した病院で診察を受けるようにして下さい。

まとめ:理解しておくことが大切

ここまでで、腰痛の原因となる内蔵疾患と症状の特徴についてご紹介してきました。

骨盤の歪みや筋肉のコリが原因となる腰痛と、内臓疾患が原因となる腰痛では、症状や治療方法に違いがあります。

そのため、特に内蔵疾患が原因となっている場合の腰痛の特徴を理解しておくことで、より早期に原因を発見し、治療を開始することができるようになります。

特に、ここまで挙げてきた内蔵疾患の可能性が疑われる方は、特に腰痛の症状に気をつけておくこと、早期に検査を受けることが大切になります。

内臓疾患による腰痛が疑われているという方は、是非本記事を参考にして頂き、症状が発症した場合にできるだけ早期に病院にかかることができるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment