ヨガで改善できる腰痛の症状と効果的な実践方法

ストレッチしている女性

腰痛の改善にヨガが効く理由を理解しておくことは、普段から腰痛の原因を作らないように意識することに繋がります。

慢性的な腰痛の多くは筋肉の緊張による血行の悪化が原因です。ヨガは筋肉の緊張をほぐして血流を促進すること、姿勢を正しい負荷の少ない姿勢にただすことで、腰痛を緩和していきます。

そのため、普段から長時間のデスクワークや立ち作業に従事している人は、特に筋肉が硬直しやすく腰痛になりやすいため注意が必要になります。長時間同じ姿勢で作業する時には、定期的にストレッチ等をして血行を促進するように意識することが大切です。

本記事では、ヨガで改善できる腰痛の症状と効果的な実践方法についてご紹介していきます。ヨガで腰痛の改善をしたいという方は、是非本記事と一緒に、ヨガで効果的に腰痛を改善・予防する方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

ヨガで改善・予防できる腰痛の症状

ヨガ女性

ヨガで改善・予防することのできる腰痛の症状は、「慢性的な腰痛」です。

慢性的な腰痛は、長時間同じ姿勢でいることや、腹筋や背筋などの体幹の筋肉の弱化による姿勢の悪化が原因であることが多いです。これらの原因により、一部の筋肉に大きな負荷がかかり、特に腰や股関節の周辺の筋肉が緊張状態が続き、コリを生じさせてしまいます。

筋肉のコリは血行の悪化を招き、血行が悪化することで疲労物質がその部位に溜まっていき、結果として慢性的な腰痛を引き起こすと考えられています。

ヨガは、これらの問題に対して、次のような効果を発揮します。

  • 硬直している筋肉に柔軟性を与え、筋肉の緊張(コリ)をほぐして血行を促進する
  • 体全体のインナーマッスル(内側の小さな筋肉)が鍛えられ、体の歪みが改善されていく

ヨガを行うことで、慢性的な腰痛の原因を改善・予防することができます。しかし、ヨガを行うさいにも、正しい方法で実行することで、その効果を発揮することができます。次の項で詳しく見ていきましょう。

腰痛に効果的なヨガのポーズ

ヨガを行う際には、可能な限りインストラクターさんのいる場所にいき、個人的に姿勢や呼吸法、体の使い方などを指示してもらいながら、「正しい方法でヨガを行うこと」が大切です。

正しい方法でヨガを行うことで、上記で紹介したメリットを得ることができ、腰痛を改善・予防することができます。間違った方法で行ってしまうと、体の一部に無理な負荷がかかったりすることで、腰痛などをさらに引き起こしてしまうことにもなるのです。

DVDや本などを利用してヨガを行う際には、注意書きや指示をしっかりと理解してから行うことが大切です。また、可能な限り、実際にヨガのインストラクターにいる教室などに出かけ、ポーズややり方について、あなたが正しい方法で出来ているかをチェックしてもらうようにしましょう。

まとめ:正しい方法で行うことを意識しよう

ここまでで、ヨガで改善できる腰痛の症状と効果的な実践方法についてご紹介してきました。

ヨガは硬直した筋肉を柔らかくし、インナーマッスルを鍛えることで体の歪みを改善することができます。慢性的な腰痛の多くは、筋肉の硬直や悪い姿勢が原因となっているので、正しい方法でヨガを行うことで腰痛を改善・予防することができます。

ヨガを正しい方法で行うためには、ヨガの専門のインストラクターさんと出会い、実際にあなたのポーズや呼吸法などが正しい方法で行われているかをチェックしてもらうことが大切です。本やDVDなどで自宅で始めたら、是非定期的にヨガ教室などでインストラクターさんにチェックしてもらうようにすると良いでしょう。

ヨガで腰痛の改善・予防をしてみたいという方は、是非本記事を参考にして頂き、ヨガを正しい方法で実践して腰痛を改善していって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment