排卵と腰痛の関係と治療方法

悩める女性

排卵日の前後3日程度の排卵期には、排卵痛という腰痛などを含む様々な症状が現れる場合があります。

排卵による腰痛が起きるメカニズム、治療方法を理解しておくことで、骨盤の歪みによる腰痛との違いを理解し、適切な対策をとることができます。

また、あなたが排卵期に腰痛が頻繁に起きることを理解することで、その痛みや症状の重さを軽くできるように、事前に治療していくことができます。

そこで、本記事では排卵と腰痛の関係と治療方法についてご紹介していきます。排卵期に腰痛がよく起こると感じている方は、是非本記事と一緒に、排卵による腰痛を軽減できるように学んでいきましょう。

スポンサーリンク

腰痛と排卵の関係

座っている女性

排卵期におこる腰痛は、「排卵痛」の一つの症状であると考えられます。

排卵痛とは、排卵日の前後3日以内程度におこる症状のことで、卵巣付近の下腹部の痛みやハリ、腰痛などの症状を引き起こします。排卵痛が起こる原因には、次のものがあります。

  • 卵胞液の充満:排卵直前に、卵胞に卵胞液という液体が溜まり、卵胞を圧迫することで引き起こされることがある。
  • 卵巣からの出血:排卵によって卵巣の壁が多少傷つき、その際の出血が多い場合、そのことが原因で引き起こされることがある。
  • 黄体による卵巣の腫れ:排卵した後は、卵巣の中に黄体という組織が残ります。この黄体によって卵巣が腫れたような状態になり、周囲を圧迫することで引き起こされる場合があります。

排卵期に「卵巣付近の下腹部のハリ、痛み、及び腰痛」が定期的に起こる場合には、上記のような原因によって排卵痛がおこり、腰痛などが生じていると考えると良いでしょう。

また、排卵痛自体は、多くの場合は当日中、長くても数日で収まる痛みです。長期間において同様の症状が続く場合には、卵巣に次のような障害が生じている可能性があります。

  • クラミジア感染症
  • 子宮内膜症

排卵痛が長期間続く場合には、必ずかかりつけの病院にかかり、原因を特定するようにしましょう。

排卵痛の治療

通常、排卵痛は生理現象であるため、「病院での受診や治療」は必要ありません。

しかし、場合によっては、重度の卵巣出血や卵巣がんなどが原因となり、強い排卵痛を引き起こしている場合があります。

そのため、病院にかかる基準を理解しておくことが大切です。次の基準を参考に、あまりに強い症状が見られる場合には、病院にかかり、適切な治療を受けるようにしましょう。

  • 立ち上がれない、耐えられないほどの下腹部や腰痛がある場合
  • 1週間程度、排卵痛が続いた場合

これらの状態が見られる場合には、病院にかかり、あなたの体の状態を検査するようにしましょう。どんな病気であれ、早期に発見することが治療の近道となります。

LPN ストレッチポールEX ブルー LPN0011
LPN
売り上げランキング: 95

まとめ:排卵と腰痛の関係を理解して大病を防ぐ

ここまでで、排卵と腰痛の関係と治療方法についてご紹介してきました。排卵期には排卵痛がおこり、腰痛が引き起こされることがあります。

腰痛がおこった場合には、排卵による腰痛なのか、骨盤の歪みによる腰痛なのかをまず確認することが大切です。

その上で、病院の診察が必要な排卵痛が生じた場合には、すぐに病院にかかり、診察と治療を受けることが、重い病気を防ぐことに繋がります。

排卵期に腰痛がおこるという方は、是非本記事を参考にして頂き、排卵と腰痛の関係について理解を深めていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。