腰痛と下痢を同時に引き起こす2つの症状と解消方法

トイレ

腰痛と下痢が同時に生じた場合には、腰痛と下痢を同時に引き起こしている根本的な症状を改善することが大切です。

なぜなら、腰痛と下痢に関して、片方の症状が片方の症状を引き起こす明らかな関係性は明らかにされていないからです。

そのため、腰痛と下痢を同時に引き起こす可能性のある根本的な症状について理解し、あなたに当てはまる症状を解消していくという方法が、現在最も効果的であると考えられます。

そこで、本記事では腰痛と下痢を同時に引き起こす症状と解消方法についてご紹介していきます。腰痛と下痢が同時に生じて悩まされている方は、是非本記事と一緒に、あなたを悩ましている根本的な症状を解消していきましょう。

スポンサーリンク

腰痛と下痢を同時に引き起こす原因

腰痛と下痢は、ある特定の症状によって同時に引き起こされることがあります。

腰と腸は近い場所にあり、関係のある神経や筋肉も近いため、体に異変が起きた場合に同じ影響を受けやすいからです。

腰痛と下痢を同時に引き起こす主な原因には、次のものがあります。

  • 冷え性
  • 内臓疾患

腰痛と下痢が生じた場合には、まずこれらの症状を疑うことから始めると良いでしょう。

腰痛と下痢を引き起こす症状1:冷え性

トイレ

冷え性には、腰痛と下痢を同時に引き起こす可能性があります。

冷え性の方は、血液循環が悪くなっているため、筋肉や細胞に疲労物質が溜まりやすくなり、ぎっくり腰などの急性腰痛や、筋肉の緊張によって引き起こされる慢性的な腰痛が起こりやすくなってしまいます。

また、冷え性になると腸の活動が低下してしまうため、消化不良を引き起こし、下痢を引き起こしやすくなってしまうのです。

そのため、腰痛と下痢が同時に生じている方で、冷え性だという自覚がある方は、まず冷え性を改善していくことが大切です。冷え性の改善には、次のことが効果的だと言われています。

  • 食生活の改善
  • 運動習慣の取り入れ
  • 漢方薬

また、これらの方法で根本的な原因を解消するまでは、湯たんぽや腹巻などを利用して体を温めていくことも必要でしょう。

腰痛と下痢を引き起こす症状2:内臓疾患

腰と腸は近い部分にあるため、特定の内蔵疾患によって双方の症状が同時に引き起こされる可能性があります。

腰に異変が生じた場合に、腸に関係のある神経を刺激して下痢を引き起こす場合もあれば、胃腸炎やガンなどの疾患が原因で腰痛と下痢が同時に引きおこされる場合があります。

内臓疾患による症状の可能性がある場合には、素人判断では危険であるため、可能な限り内科等で診察を受け、根本的な症状を特定することが大切です。

腰痛や下痢といった症状は、体の異変のシグナルでもあると考えられるので、時間をつくり、専門的な診察を受けることが早期の発見・治療に繋がるでしょう。

まとめ:異変がある場合には医師にかかろう

ここまでで、腰痛と下痢を同時に引き起こす2つの症状と解消方法についてご紹介してきました。

腰と腸は近い場所にあるため、腰痛と下痢が同時に引き起こされるということは多々あります。主な原因としては冷え性や内蔵疾患が考えられるため、あなたの状態に合わせて、適切な解消方法を実践していくことが大切です。

また、特に内蔵疾患である場合には重大な病気である可能性もあるため、可能な限り早期に病院にかかり、専門的な診察を受けることが大切です。

腰痛と下痢が同時に生じて困っているという方は、是非本記事を参考にして頂き、双方の症状を同時に引き起こしている原因を特定し、解消していって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment