3つの生活シーン別!あなたの状況に合わせた腰痛対策グッズ3選

クッション

腰痛対策にグッズを利用する場合には、あなたの生活環境に合っている適当なグッズを利用することが大切です。

腰痛の原因となる行動には様々なものがあり、あなたの生活状況に合わせて効果的な腰痛対策グッズを利用することで、あなたの腰痛を対策することができます。

そのため、腰痛対策グッズを選ぶ際には、あなたの生活の中で腰痛を引き起こす要因がどのようなものがあるのかを考え、優先順位が高い順に、それぞれグッズ等で対策していくことが大切になります。

そこで、本記事ではあなたの状況に合わせた腰痛対策グッズ3選についてご紹介していきます。腰痛対策のグッズをお探しの方は、是非本記事と一緒にあなたの生活環境に合った腰痛対策グッズを選べるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

腰痛対策のグッズを選ぶ際に大切なこと

腰痛対策グッズを選ぶ際に大切なことは、「各生活シーンの中でどのような要因で腰痛が引き起こされるのかを理解すること」が大切です。

なぜなら、あなたの生活の中で腰痛を引き起こす要因を理解することができていれば、適切な対応方法を実行し、腰痛を予防することができるようになるからです。

そのため、腰痛対策グッズを選ぶ際には、次のポイントを頭に入れながら選ぶようにしましょう。

  • 自分の生活の中で腰痛を引き起こすポイントはどこにあるのか
  • なぜ腰痛が引き起こされるのか
  • 腰痛を予防するために必要なことはなにか

この3つのポイントを確認しながら腰痛対策グッズを選ぶことで、より効果的にあなたの腰痛を予防できるようになるでしょう。それでは、次の項で、3つの生活シーン別の腰痛対策グッズについて見ていきましょう。

デスクワークの際の腰痛対策グッズ

デスクワークの方が腰痛対策を行う時に大切なことは、「姿勢を正す腰痛対策グッズを利用すること」と「定期的にストレッチを行うこと」です。

なぜなら、デスクワークの際に腰痛が生じる理由は主に次のようなものであるからです。

  • 悪い姿勢で長時間座り続け、骨盤や背骨の歪みや圧迫を引き起こす
  • 長時間同じ姿勢で座り続けることで筋肉のコリが生じて血行が悪くなる

このような理由でデスクワークの方は腰痛を引き起こしやすいため、腰痛対策グッズで正しい姿勢の保持を助け、30分に1度程度定期的にストレッチをして血流を改善することで、デスクワークが原因で生じる腰痛を予防していくことができます。

正しい姿勢を保持するための腰痛対策グッズには、「椅子」と「クッション」があります。下記に代表的なものを提示しておりますので、是非参考にしてあなたに合う腰痛対策グッズをお選び下さい。

骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ
APOLLO
売り上げランキング: 101,484
姿整快適クッション
姿整快適クッション
posted with amazlet at 13.07.25
ドリーム (2006-02-27)
売り上げランキング: 8,381

立ち仕事の際の腰痛対策グッズ

立ち仕事に従事されている方が腰痛対策を行う上で大切なことは、「正しい姿勢を保持すること」と「定期的にストレッチをすること」です。

なぜなら、立ち仕事を行う際に腰痛が生じる主な原因は次のものであるからです。

  • 姿勢が偏った状態で作業を続けることで、骨盤や背骨が歪み、局部に負担が集中すること
  • 長時間同じ姿勢で作業を続けることで、筋肉が硬直し、血流が悪くなり、局部に疲労物質が溜まること

そのため、立ち仕事を行う方で腰痛対策をされる場合には、「腰痛予防ベルトなどで正しい姿勢を保ちやすくすること」と「定期的にストレッチを行い筋肉の硬直をほぐすこと」が大切になります。

腰痛予防ベルトは、腹筋や背筋の姿勢を保とうとする力を助けることで、人間の身体にとって最も負担が少ないと考えられている「背骨がS字上の姿勢」を保ことができるようになります。腰痛予防ベルトには下記のようなものがあるので、是非参考にしてみて下さい。また、腹筋や背筋を日常的に鍛えておくことも、正しい姿勢を保持する上で効果的です。

コンビ腰椎固定ベルト パワフルギア ワイドタイプM
コンビウェルネス (2006-06-26)
売り上げランキング: 4,034

ドライブの際の腰痛対策グッズ

青空

長距離運転などをされる方が腰痛対策を行う上で重要なことは、「長時間の運転の際にもできるだけ身体に負担のかからない姿勢を維持すること」です。

なぜなら、運転中はストレッチ等がしにくく、悪い姿勢で運転し続けていると特に腰などの身体の中心に大きな負担がかかってしまいます。

そのため、長時間運転される機会が多い方は、快適な姿勢を保つことのできるシートを用意することや、2時間に1度は休憩できる場所にいってストレッチを行うことなどが大切になります。

運転中の快適な姿勢を保つ腰痛対策グッズは、現在簡単に着け外しができるものが普及されています。一度腰痛になってしまうと生活全体の質が低下してしまうため、腰痛になる前に予防することが大切です。

運転中の腰痛対策グッズには次のものがあるので、是非参考にしてみて下さい。

まとめ:生活状況に合わせて腰痛対策を行おう

ここまでで、あなたの状況に合わせた腰痛対策グッズ3選についてご紹介してきました。最後にもう一度、3つの生活シーン別の腰痛対策のポイントについて振り返っていきましょう。

  • デスクワーク:負担のかからない姿勢の維持、ストレッチ
  • 立ち仕事:正しい姿勢を保持すること、ストレッチ
  • ドライブ:長距離運転でも身体に負担のかからない姿勢を維持すること、ストレッチ

いずれの生活状況においても、「正しい姿勢を維持すること」と「定期的なストレッチを行うこと」が大切になります。正しい姿勢を維持することで身体にかかる負担が軽減し、ストレッチを行うことで筋肉の緊張が緩和して血流が改善されるからです。

腰痛対策でグッズの利用を検討されている方は、是非本記事でご紹介したポイントを参考にして頂き、あなたの生活状況に合わせた効果的な腰痛対策を行っていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment