腰痛緩和に役立つ腰痛バンドの正しい使い方と選び方

バンドウイルカ

腰痛緩和に役立つ道具と言えば、腰痛バンドが挙げられます。腰痛バンドは腰回りを補強し、日常生活の中で腰痛を緩和、また予防してくれます。腰痛バンドをしていると腰の動きが必然的に制限されますので、腰痛になりかねない無理な腰の動きをしないように守られます。普段の仕事で重たいものを持ち運ばなければならないような人たちにとって腰痛バンドは必需品です。

とはいえ、必要なとき以外にも腰痛バンドを付けたままでいるというのはあまり望ましくないと言われています。なぜなら、腰の筋肉や、背骨の筋肉が弱ってしまうからです。本来の腰や背中の筋肉も使いつつ、上手に腰痛バンドを使って行く必要があるでしょう。

この記事では、腰痛を緩和させてくれる腰痛バンドについてご紹介いたします。最初に正しいコルセットの使い方をご紹介いたします。そしてその後に、おすすめの腰痛バンドについてご紹介してみたいと思います。腰痛バンドの使用を検討しておられる方の参考になることを願っております。

スポンサーリンク

腰痛バンドの正しい使い方

ベルト

どのような道具も、正しい使い方をしなければ効果はありません。腰痛バンドも同じことが言えます。腰痛バンドは正しい巻き方をしないと、腰痛緩和につながりません。では正しいコルセットの巻き方をご紹介いたします。

コルセットの巻き方その1:おへその少し下あたりに巻く

腰痛バンドを巻くちょうど良い位置は、おへそ少し下の位置だと言われています。あまりも位置が高すぎると、腰からずれてしまい、胃を圧迫して気分が悪くなります。腰痛バンドの上の部分はおへその少し下、腰痛バンドの下の部分は骨盤に少しかぶるくらいにして装着するのが、理想的な腰痛バンドの使い方です。

腰痛バンドの巻き方その2:体の真ん中で腰痛バンドを止める

先程の正しい位置を見つけたなら腰痛バンドを装着しますが、その際に体の真ん中で腰痛バンドを止めるように注意しましょう。市販されている腰痛バンドには左右対称にバンドがついており、マジックテープで固定できるようになっていると思います。そのバンドが体の左右均等になるようにして留めるのが、理想的な腰痛バンドのつけ方です。

止める位置が体の中心にない場合、補強しなければならない腰痛部分が補強できなくなってしまいます。正しい位置に取り付けるようにしましょう。

腰痛バンドの巻き方その3:必要なとき以外は使わない

先程も少し述べましたが、必要なとき以外は腰痛バンドを使わないようにしましょう。使用してみるとわかると思いますが、腰痛バンドを装着すると腰か思いのほかしっかりと固定されます。そのため、安心感が生まれ、常に腰痛バンドを使用したくなると思います。

しかし、ずっと腰痛バンドを使うようになってしまうなら、体が腰痛バンドに依存してしまいますので、腰の筋力また背中の筋力が低下してしまい、腰痛バンドを外して生活することが困難になるでしょう。

基本的に言って、腰痛バンドは腰痛の根本的な解決にはなりません。急性の腰痛の時や、常腰痛バンドを使用するようにとお医者さんから言われているのでない限り、仕事の時など必要なときにだけ使用し、それ以外の時は使用を控えるようにしましょう。

ここまでで、正しい腰痛バンドの使い方についてご紹介させていただきました。では、市販されている腰痛バンドにはどのようなものがあるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

市販の腰痛バンド

市販されている腰痛バンドにはいろいろな種類があります。ご自身の腰痛の程度に応じて使い分けましょう。ここでは、重度、中度、軽度の腰痛の場合に使用できる腰痛バンドついてご紹介いたします。

重度の腰痛に使用できる腰痛バンド:2重ベルト式の腰痛バンド

腰痛の症状がひどい場合には腰をしっかりと固定しておく必要があります。ですから簡易的な腰痛バンドではなく2重ベルト構造、つまり2枚のベルトで固定できるようになっている腰痛バンドを使用しましょう。

中度の腰痛に使用できる腰痛バンド:固定力があまりない腰痛バンド

腰痛の症状が中度の場合はこのような腰痛バンドを使用します。腰痛の患部にテーピングをしたり、テーピング効果のあるスパッツなど履いた上から腰痛バンドをすると効果的だと言われています。またこの方法は慢性的なヘルニアにも効果的だと言われています。

軽度の腰痛に使用できる腰痛バンド:動きをサポートする腰痛バンド

こちらは軽い腰痛や腰痛予防に使用するための腰痛バンドです。腰をガッチリ固定するのではなく、腰の負担を減らして動きをサポートするために使用します。テーピング効果のあるスパッツをそのまま腰痛バンドに使用するのも良いでしょう。

リーズナブル腰痛ベルト (L)【薄型メッシュタイプ】
クロス工業
売り上げランキング: 19,311

まとめ:腰痛バンドは正しく装着し、腰痛の程度によって使い分けましょう

この記事では腰痛バンドの正しい装着方法と、選び方についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

腰痛バンドは正しく装着しなければ、腰痛緩和に効果がありません。また必要ないのに腰痛バンドを使用するなら、腰や背中の筋肉を弱めてしまうことになります。正しく使うようにしましょう。

腰痛バンドは腰痛の根本的な解決にはなりません。また腰痛の程度によっても使用する腰痛バンドは異なるということも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment