ツボマッサージで緩和!腰痛と生理痛のツボ

広告ロゴ
笑顔

「生理」と聞くと憂鬱になる女性も多いのではないでしょうか。毎月訪れる生理痛。お腹や腰の鈍痛に加え、微熱や眠気、イライラ食欲増進や食欲不振、吐き気など、症状は人によって様々で、数えきれないほどの症状がありますよね。「生理休暇」が就業規則にあっても実際は休めない、家事や子育ても休めない、そんななか頑張り続けるのは非常に苦しいものです。

職場に女性が少ない環境の場合はもちろん、女性が多い職場でも人によって痛みの強さはことなるため、同性でも理解してもらえないこともあると思います。「サボってるだけだ」とか「自己管理がなってないからだ」など、心無い言葉をぶつけられる方も少なくないかもしれません。時分ではどうしようもないことなのに…ととても傷つきますよね。

本記事では少しでも日常の生理痛や生理に伴う腰痛を軽減できるように自分で実践できる
ツボマッサージをご紹介します。休みたくても休めずに日々頑張っている女性にぜひ参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

憂鬱な生理痛

考える

生理痛の症状は様々ですが、やはり腹痛や腰に鈍い痛みを感じる腰痛を訴える方が多いのではないでしょうか。どこが痛いかわからないというくらい辛い方も当然いるかとは思いますが、本記事では生理痛に伴う腰痛についてご紹介したいと思います。では、なぜ生理中に腰に痛みを感じるのでしょうか。次に腰痛になってしまう原因についてご紹介したいと思います。

なぜ痛いのかわからないままでいるよりは、原因がわかればストレスも多少は和らぐかと思います。「生理なんてなければいいのに」と思っていても、閉経が来るまではなくなりません。できることから始めてみましょう。

腰痛の原因

次に生理痛の際になぜ腰痛も伴うのか、原因を具体的にご紹介します。

  1. 子宮の収縮
  2. 血液の循環が悪い
  3. 骨盤の歪み

子宮の収縮

生理中は黄体ホルモンの分泌により子宮が収縮します。この収縮が骨盤や腰に影響を及ぼすことで痛みを感じるようになってしまいます。痛みが毎月ひどい方は痛くなる前に鎮痛剤を飲んでおくことも一つの方法です。

血液の循環が悪い

生理中は血液を多く排出するため、体全体の血液の循環が悪くなります。これが原因で腰が重く感じられるのです。血液の循環を良くすることが生理痛や腰痛軽減への近道なので、体を温める、温かい飲み物を飲むなどでいくらか和らぐ方もいるのではないでしょうか。

骨盤の歪み

子宮の収縮により、骨盤が圧迫され歪んでしまうことから腰痛が起こります。ストレッチをする、日ごろから良い姿勢を保つことが重要になります。

すぐに試せるツボマッサージ

上記では原因についてご紹介しましたが、ホルモンのバランスや子宮の収縮、骨盤の歪みは自分でコントロールできませんよね…。そこで生理痛や生理を伴う腰痛に効くツボをご紹介します。ただし、すべての方にツボマッサージが効くわけではないので、軽減されるかどうか試してみてください。また、痛いけれど気持ち良いという程度の力で行なってください。

おへそから指4本分または5本分下がったところにあるツボは冷えを改善してくれます。そして、ひざ内側にあるくぼみから、指3本分上がったところにあるツボは冷えの改善や血行不良に効果があります。最後に足の内側のくるぶしから指4本分上がったところにあるツボはホルモンのバランスを整えてくれます。

漢方とツボと経絡ストレッチの本(晋遊舎ムック)
岩井 浩
晋遊舎
売り上げランキング: 156,302

生活習慣の見直しも大切に

本記事でご紹介したツボは仕事中でも手軽に刺激できる場所ですので、痛みがひどくなりそうな場合はゆっくりとマッサージしてあげると緩和に繋がるかもしれません。しかし、誰にでも効く訳ではないということ、冷えや骨盤の歪みが原因であることから、生理中のツボマッサージだけでなく、日常生活から見直していくことが大切です。

冷たい飲み物は飲まない、毎日ストレッチをする、入浴はシャワーだけで済ませないなど、さりげないところから見直していくことが一番重要なことと言えそうです。それでも辛いときはツボをマッサージして生理痛を乗り切ってもらえればと思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。