腰が痛い時に刺激したい腰痛に効く様々なツボ

広告ロゴ
人体

腰痛は日本人にとって比重にポピュラーな身体症状となっています。腰痛がある場合の一つの対処方法としてツボを刺激するという方法がおすすめできます。具体的には慢性腰痛や急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)の場合にはツボ刺激が効くと言えます。一方でツボ刺激では対処することができない腰痛もあります。本記事では各種腰痛に効くツボと、ツボ治療に適さない腰痛についての知識をまとめています。

スポンサーリンク

腰痛にはツボ刺激も効果的

足つぼ

腰痛は現代人にとって非常に身近な症状です。腰痛を解消するためには、慢性のものであればマッサージや湿布を利用すること、ぎっくり腰などの急性のものであれば接骨院や整形外科での治療などの対処法があります。

さまざまな腰痛治療の方法の一つとしてツボを刺激するという方法も効果的です。ツボは全身に300箇所以上あり、医学的には完全に解明されてはいないものの健康に対する効能は経験的に実証されていると言えます。

腰痛に効くツボとしてはどのようなツボがあるのでしょうか。また、ツボ刺激では対処できない腰痛はどのような原因のものがあるのでしょう。

ツボ刺激による腰痛緩和1-慢性腰痛に効くツボ

まず、慢性腰痛に効くツボです。

慢性腰痛は姿勢や肥満気味の体質などが原因となり起きるとされますが、原因がはっきりしないものも少なくありません。原因がはっきりしない慢性腰痛に対してはツボ刺激は効果的です。

慢性腰痛に効くツボとしては以下のようなツボがあります。

崑崙(こんろん)のツボ

慢性腰痛に効くツボとして挙げられるのが崑崙(こんろん)のツボです。崑崙は、足にあるツボです。くるぶしの出っ張りの後ろにあります。

手をくるぶしの出っ張りの後ろに伸ばし、4本の指で足首をつかみ、親指の先でくるぶしの後ろの崑崙のツボをよく刺激しましょう。3秒程度押しては放すという刺激を3分程度行います。

腰腿点(ようたいてん)のツボ

次に、腰腿点(ようたいてん)というツボも慢性腰痛には効くツボです。腰腿点のツボは手にあります。ジャンケンの「パー」のように手を広げて、手の甲を見ます。そして手の甲で人差し指と中指の間、薬指と小指の間にあるのが腰腿点のツボです。厳密な場所はわかりにくいので、手を「パー」にしたときの手の甲を揉む・押すという刺激をすることが良いと言えるでしょう。

このツボは崑崙とは異なり、手にありますので刺激がしやすいのが良いところと言えます。職場などで腰痛を感じたら気軽に刺激することができるツボと言えます。

ツボ刺激による腰痛緩和1-ぎっくり腰に効くツボ

次に、急性腰痛、いわゆるぎっくり腰に効くツボです。ぎっくり腰の際には、基本的には患部を動かさずに安静にして整形外科や接骨院などで治療を受けることが良いと言えます。

ただ、ツボも刺激もぎっくり腰に効く対処法です。ぎっくり腰に効くツボとしては中封というツボが挙げられます。

中封のツボは、足にあるツボです。つま先を上向きにそらして、くるぶしのうちがわに浮き出る腱が目印です。この腱とくるぶしの間にできたくぼみの部分が中封になります。

ぎっくり腰の時にはこの中封のツボに親指を当てて3秒押しては放すという動作を3分程度行うことで腰痛の症状が緩和してきます。

ただ、ぎっくり腰は安静にして冷やすという対処に加えて、専門家による診断を受けた方が良い腰痛です。ツボ刺激に加えて接骨院等で診てもらうということも必ず行うようにされてください。

ツボ刺激が効かない腰痛

慢性腰痛やぎっくり腰などの場合にはツボ刺激が痛みの解消に効果があります。特に、原因がはっきりとしない慢性腰痛に対してはツボ刺激はおすすめできます。

一方でツボ刺激が効くことが全くない腰痛もあります。代表的なものとしてはヘルニアによる腰痛です。腰のヘルニアは椎間板という背骨の間にあるクッションが本来の場所から飛び出してしまい神経を圧迫しているという物理的な原因で起きている腰痛です。そのため、原因を取り除かなければヘルニアは解消しません。

また、重い内臓疾患による腰痛にもツボ刺激は効くことがありません。ヘルニアや内臓疾患による腰痛の場合には病院での治療が必要です。

腰痛がある場合にツボ刺激が効くかどうかは、どのようなタイプの腰痛かということに左右されます。そのため、腰痛の原因を判明させた上でツボ刺激をすることが良いと言えるでしょう。

その痛みに届く! 自分でできるツボ療法
マイナビ (2014-02-28)
売り上げランキング: 49,019

まとめ:腰痛とツボ治療についてのまとめ

以上、本文で述べました腰痛の症状がある場合のツボ刺激についてまとめますと以下のように言うことができます。

  • 慢性腰痛に対してはツボを刺激することが効くことがあります。慢性腰痛の場合に効果的なツボとしては、崑崙のツボや腰腿点のツボなどを挙げることができます
  • ぎっくり腰(急性腰痛)に対しても、ツボ刺激は効果があります。ぎっくり腰の場合には、中封というツボを刺激することがおすすめです。ただ、ぎっくり腰の場合にはツボを押すだけではなく、安静にされることや冷やすこと、専門家の診断や施術を受けることも重要です
  • 腰痛の中でもヘルニアや内臓疾患によって腰痛が起きている場合には、ツボ治療では効果が期待できません。ヘルニアや内臓疾患の場合には病院での治療が必要です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。