腰痛を発生させる特異点「トリガーポイント」の痛みと対策

スイッチ

腰痛なのにヘルニアではない。なんだかわからないのだけれど、筋肉が痛い。

そのお悩み、実は「トリガーポイント」から発生しているものかもしれませんよ。

整骨院やカイロプラクティックでも原因不明とされてしまったり、ヘルニアと間違えられたりすることが少なくないトリガーポイントは、まだまだ一般的な認知度が高いとはいえません。

この記事では、トリガーポイントの痛みを知り、「トリガーポイント治療」を心得ることでつらい腰痛とサヨナラするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

トリガーポイントの所在地

腰痛に効くツボ

首、肩、背中、腰、お尻などの筋肉は、疲労や血行不良が続くと強く緊張して硬くこわばっていきます。このこわばりがロープ状に形成されることからこれを「索状硬結」といいます。

この「索状硬結」がおきると、そのなかに特に硬く、痛みを発生させるポイントができてきます。これが「トリガーポイント(Trigger point)」と呼ばれる筋肉緊張の特異点なわけです。

このトリガーポイント、放置しておくと、肩や首のトリガーポイントの周辺へと痛みやこわばりなどの「関連痛」を発生させます。

また、筋肉が硬直することで血管を圧迫死、筋肉内の血行が悪化。筋肉が酸素不足になったり疲労物質や発痛物質が大量に流入することで、痛み、しびれ、筋力低下といった『腹筋膜性疼痛症候群』(Myofascial pain syndrome)通称「MPS」を発生させてしまうのです。

このMPSは放置すると更に痛みを増していくことがしられていて、しびれや動けなくなるほどのだるさをも発生させるようになっていきます。

腰の痛みとトリガーポイント

そして、このトリガーポイントによる腰痛はとても診断が難しいものなのです。トリガーポイントの周辺にある狭窄やヘルニアといった部分の所外、あるいは坐骨神経痛などと診断されることが多々あります。

適切な治療をしても治らないということです。

その際には「馬尾症候群」があるかどうかがひとつの診断の決め手になりますが、馬尾症候群がない場合のトリガーポイントによる痛みは案外病院などでも原因不明の痛みと判断されることがすくなくありません。

しかし、椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などと合併して発症することも多く、一度痛みを感じて動くと実はトリガーポイントによる筋筋膜性疼痛症候群であったという例も枚挙に暇がありません。

トリガーポイントによる痛みを治療する

それではどうしたらトリガーポイントによる痛みを軽減することができるのでしょう。まずは十分な安静を取り、筋肉の疲労を軽減させることが重要です。

そして、トリガーポイントの箇所を特定することがさらに重要な要素としてあげられるでしょう。

という具合です。腰部や肩部などのトリガーポイントの把握は一人では難しいので、誰か専門家の触診を受けるのがよいでしょう。

トリガーポイントの特定は以下の様な手順で行います。

  • 痛みが出ている範囲の中で、痛みを起こす筋肉を推測する
  • 痛みのある筋肉を触診、硬結があるかどうかを探る
  • 硬結が見つかったら、トリガーポイントの好発部位を刺激する
  • 刺激によって症状の再現(痛みの発症)がみられるならば、そこが原因と特定できる

トリガーポイントを治療するための方法は、以下の様なものが考えられます。

ストレッチ

トリガーポイントのある筋肉は硬くなっています。それをストレッチすることで、縮んだ筋肉が伸びて緩み、伸縮機能や筋力の回復が期待できます。血行の改善もおこるので、痛みが和らぎます。

ストレッチはトリガーポイントの周辺筋肉も動かすことができるので、痛みの軽減に役立つだけではなく、関連痛の痛みも軽減することができます。

鍼灸治療

鍼灸をつかって血行を改善し、痛みをやわらげます。

関節モビリゼーション

手によるマッサージで、固くなった関節をゆるめ、正常な関節の動き(関節包内運動)を回復していきます。

低周波治療(電気治療)

症状によって鍼治療に低周波治療を加えます。低周波治療は普段動かさない筋肉にも刺激を与えて動作をさせることができるため、効果的です。

ストレッチングボード
ストレッチングボード
posted with amazlet at 13.12.01
アサヒ
売り上げランキング: 1,802

まとめ:トリガーポイントの痛みを治そう

トリガーポイントの痛みは、専門家でも気づかないことがあるものです。ヘルニアなどの類似症状と勘違いされてしまったり、痛みの原因がわからないとされてしまうこともあります。

トリガーポイントの痛みを減らすにはスタンダードにストレッチや鍼灸治療などを行うことがよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment