腰痛になったらどうする!? 病院、接骨、鍼灸、整体のそれぞれの治療方法

広告ロゴ
考える

腰痛は本当にツライですね。どうにかして治さないと日常生活もできません。そういう時、皆さんは、どうされますか? 病院へ行く人、自宅で頑張る人、整体に通う人など様々だと思います。

一番良いのは、自分に合った治療方法を見つけることですね。治療方法が見つかれば、行く場所も決まります。腰痛を克服するためには、やはり知識が必要です。インターネットでも腰痛改善を紹介する業者も多数あります。

本記事では、腰痛改善のできる病院や接骨院などの治療方法をご紹介し、それぞれのメリット、デメリットもご説明していきます。腰痛に悩む方は、ぜひ参考にしてご自分にとって最適な治療方法を見つけてください。

スポンサーリンク

まずは日常生活での腰痛予防が大切です

見て

現代人の私たちは、とても腰痛になりやすい生活環境の中で暮らしています。まずは日常生活の中での腰痛予防をしていきましょう。生活習慣が腰痛を呼んでしまうこともあるのです。

姿勢が悪いと腰痛になりやすいですし、肥満も腰痛の原因と言われています。座りっぱなし、立ちっぱなしも腰痛には良くありません。ちょっと腰が辛いと思ったら、休憩を入れて軽くストレッチなどをする習慣をつけるだけで、ずいぶんと予防になります。また自分に合わない布団や靴を使用している場合も、腰痛になりやすいので注意が必要です。

そうして予防していても腰痛に見舞われてしまった場合、どこで治療をしたら良いか目安をつけておくことも大切ですね。自分に合った治療方法と治療場所を探していただきたいと思います。

整形外科での腰痛の治療方法

腰痛治療を行う病院の専門機関は整形外科です。メリットは保険が適用されるので、経済的負担が少ないことですね。治療方法は腰痛の種類によって違うので、原因を突き止めるためにレントゲンやCTなどを使って検査をします。そして検査で原因が判明したら、それに合った治療を行います。

もっとも体の負担が少ない治療方法は、コルセットなどを装着し腰痛を軽減させる方法です。ぎっくり腰など急に激しい痛みの時に使用されることが多いです。また薬の処方による治療方法や理学療法として温湿布や低周波治療器を使用し患部を温め、痛みを軽減させる治療方法もありますし、軽い体操やストレッチを指導する場合もあります。

即効性のある腰痛の治療方法としては、ブロック注射がありますが、副作用を伴う危険があるというデメリットもあります。最終手段としては、手術をするという治療方法もあります。最近では、レーザー治療などもありますが、保険が利かない場合もあります。

腰痛は内臓疾患が原因の場合もあるので、総合病院の場合は整形外科の医師と相談して内科や婦人科などを受診することができます。

接骨院での腰痛の治療方法

接骨は正式には柔道整復術と言われ、柔道から生まれた日本古来の伝統療法です。また「整骨」と呼ばれることもあります。関節や骨などの運動諸器官の整復を医療行為なしで行う治療法です。

整骨院だけでも治療方法の種類はいくつかあります。一番多いのは直接患部に働きかける手技治療です。接骨は基本的に骨の矯正は行いませんが、整体の勉強をして両方の手法を取り入れている接骨院も増えています。

筋肉のこりをほぐして腰痛を軽減させる機械を使用した電気治療もあります。接骨院で独特な治療方法は、テーピングです。テーピングによって患部を保護し腰の痛みを和らげます。接骨院は治療方法によっては保険が利く場合があるので、経済的な負担が軽減されるメリットがあります。

接骨院は治療技術に個人差があると言われています。信頼できる接骨院と出会えると良いですね。口コミなど体験者の紹介があると心強いですね

鍼灸院での腰痛の治療方法

腰痛の治療方法のひとつに鍼灸があります。鍼灸は、東洋医学として歴史のある治療方法で日本にも古く伝わっています。現在では日本人の肌に合うようにアレンジされているので、人気があります。

人間の体には数々のツボがあります。そのツボを鍼灸によって治療すると、体の中の気の流れを良くして自然治癒力が高まり、腰痛をはじめ体の痛みを軽減させていきます。鍼灸は、痛い、熱いなどのマイナスのイメージを持つことがありますが、現代の日本人に合わせた治療方法ですので安心してください。

まず鍼は、中国で使用する鍼の半分ほどの太さを使用することにより、痛みを最小限に抑えています。まだ灸は、火傷しないように皮膚の上には直接置かない工夫もしています。
鍼灸の施術者は、鍼師、灸師の国家試験資格保有者です。また症状によっては、保険が適用されます。
ぎっくり腰には、鍼灸治療が効くと言われています

整体での腰痛の治療方法

整体は、手技や道具などを使って骨や関節の矯正を行う民間療法です。日本古来の接骨である柔道整復術と欧米から伝わってきたカイロブラテックなどの要素を取り入れ、独自の工夫が集大成されたのが整体です。

整体で有名なのが、骨や関節の矯正です。歪みを瞬時に判断して矯正し、体のバランスを整えることで腰痛を軽減させます。整体には即効性はありませんが、体にあまり負担がかからないので、定期的に通院している人が多いようです。しかし整体には保険の適用がありません。また施術者には特別な資格も必要ありません。
椎間板ヘルニアなどの腰痛は、整体ではかえって症状を悪化させてしまう場合があるので注意が必要です

あきらめない腰痛――僕の20年来の腰痛を治した驚きの方法
肥後克広
太田出版
売り上げランキング: 14,702

まとめ:自分と相性の良い医療機関を見つけましょう

ここでは、腰痛に悩む方のために、医療機関の種類をご紹介しました。それぞれのメリット、デメリットはご理解いただけたでしょうか? もう一度、おさらいをしてみましょう。

  • 整形外科での腰痛の治療方法→総合的な治療ができ、保険も適用できる
  • 接骨院での腰痛の治療方法→テーピングで腰痛を和らげる
  • 鍼灸院での腰痛の治療方法→ぎっくり腰には効果的
  • 整体での腰痛の治療方法→椎間板ヘルニアには向かない

ご自分の症状や、生活環境、経済事情などを考慮して、自分の抱えている腰痛に最適な治療方法と出会ってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。